マナ's Blog

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【聖書】仲裁者・ヨブ記9章

ヨブ記9章・・・・・・神とわたしとの仲裁者
「…あの方とわたしの間を調停してくれる者、仲裁する者がいるなら…」9:33

くぅ〜ママのちょっと一言
友人ビルダドに対するヨブの答えですが、前半は友に対して人間の弱さを嘆き、後半は神に対して、自らの苦悩を訴えています。
そして最後にヨブは自らが神に相対することに恐れと空しさを感じ、誰かに神を自分の間を仲介してほしいと考えます。
新約聖書にはまさしく神と人間との間の仲介者が紹介されているのです。それはぶどう園の園丁とぶどうの木の例えとして私たちに示されました。神であるぶどう園の主人が実らないぶどうの木を切り倒そうと言うのを、仲介者であるイエスキリストがもう1年待ってください。私が世話をしますから、切り倒さないでほしいと頼んでくださるのです。私たちにはそのような神との関係を仲介してくださるイエスキリストがおられることを覚えたいと思います。

聖書要約
ヨブはビルダドの言葉に対して答えます。
「そんな事ぐらい分かっている。ところで神より正しいと主張できる人間はいるだろうか。神の知恵と力は底知れないのだから、神に対してたてをついてうまくいった者などいないだろう。神は山をも動かされる。大地を揺り動かされる。太陽を昇らせ、天体を掌られる。計り知れない不思議な業を成される。神が側を通られても気付かず。神が誰かの命を奪われても抗議できる者はいない。私の方が正しくても弁護する機会も与えられず、ただ憐れみを請うだけ。神は強いので、髪の毛1本ほどのことで私を悪人とされ、苦しみを与えられる。そして私が正しいと主張すれば、口で背いたことになってしまう。正しくても悪人にされる。もう自分が正しいのかどうかも分からなくなってしまった。生きていたくない。
結局神にとっては潔白な者も悪人も同じこと、どうせ滅ぼされる。私の人生は悲しみを載せて矢のように飛び去る。この状態を忘れて立ち直りたいと思っても、必ず私は有罪とされる。どんなにしても神は私を罪の中に突き落とされる。
しかしそれでも神に言いたい。これ以上神の刑罰に怯えないでもいいように仲保者を与えてください。私が遠慮なく潔白を主張できるようにしてください。

 

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】教会学校年度末

 今日の誕生日inマナ…、なおやくん18歳、はやとくん13歳、うららちゃん11歳、神さまの祝福がありますように!
                       * * * *

今日は今年度最後の日曜日でした。教会学校では年度末最後の礼拝でした。教会学校では聖書に基づいて、愛、善と悪、プラス思考の物の見方など、お子様の心の成長を応援!学校でも大切な学習をしますが、教会学校はその基礎となる生き方の学びともいえます。次年度は新しい体制でまたスタートします。

【diary】 | comments(0) | -

【diary】結納

 今日の誕生日inマナ…、なおやくん18歳、はるきくん13歳、かずまくん11歳、しゅせいくん10歳、さくとくん6歳、神さまの祝福がありますように!

                   * * * *

今日は娘の結納の日。緊張の中で今日を迎えました。娘が育ったところをご覧いただきたいと我が家に来ていただくことにしました。お式も滞りなく執り行われ、和やかにゆったりと会食の時間を持つことができました。幾久しく親しいお交わりをしていただきたいと思います

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】滅ぼされる主・ヨブ記8章

ヨブ記8章・・・・・・悪を滅ぼされる主
「神を無視する者の望みは消え失せ、頼みの綱は断ち切られる」8:13

くぅ〜ママのちょっと一言
ビルダドはエリファズと同じように因果応報を持ち出し、あなたの子どもが犯した罪によって罰を受けているのだから、あなたが罪を認めて、神に赦しをこうなら、神は赦してくださる。そして神は正義を栄えさせ、悪を滅ぼされる方だというのです。
私たちは現実が悲惨であれば、主が怒られているとか、主に見捨てられた、とか何か罰を受けていると思いがちですが、そのことから簡単に神の御心を推測してはいけないと思います。もしかしたら、見るに、聞くに堪えれないことが、神さまの秘められた素晴らしいご計画のためになくてはならないことかもしれません。「私の十字架を負ってくれるか」とおっしゃっているのかもしれません。だから自分に与えられたことを良いこともそうでないことも、ただ「主よ、感謝」と言える自分でありたいと思うのです。

聖書要約
今度はビルダドが話し始めました。
「ヨブ、いつまでそんな意味のないことを言っているんだ。神様は正義を曲げる事はなさらない。あなたの子どもが罪を犯して罰を受けているとしても、あなたが神に懇願すれば神はその祈りを聞き、あなたの家を元通りにしてくださる。但しあなたが潔白であればのことだが。我々には分からないことでも歴史が教えてくれることがある。神さまを忘れる者の望みは絶たれる。土のない葦、水分を絶たれた草のようだ。神を無視した家はくもの巣にすがるようなものだ。もし石地に根が張り地下水にまでたどり着いたとしたら、お前など知らないと拒まれても葦はイキイキと道を探り、ほかの土地から芽を出す。そのように正しい人を神はお見捨てにならない。悪い者を栄えさせる事はない。あなたに笑顔を取り戻させ、喜びの日が戻ってくる。あなたをにくむ者は恥をこうむり、神に逆らう者は滅びる



 

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】春休みマナの会

 今日の誕生日inマナ…、ゆうたくん18歳、ぎんしくん13歳、はるかくん12歳、神さまの祝福がありますように!

                        * * * *

今日は育児サークル「マナの会」がありました。春休みで卒園した子たちや、久しぶりのお兄ちゃん、お姉ちゃんがいっしょにやってきてくれました。小さいながらも立派に成長して…かわいくて抱きしめたくなりました。ママたちも本当に頑張ってるなあと抱きしめたくなります。「力をもらった」っていってもらえると本当にうれしい。いつでもエネルギー補給しに来てください!
 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】罪・ヨブ記7章

ヨブ記7章・・・・・・罪を赦し、取り除いてください。
「なぜ、わたしの罪を赦さず、悪を取り除いてくださらないのですか」7:21

くぅ〜ママのちょっと一言
前半はヨブの苦痛の吐露ですが、半ばから主への祈りに変っていきます。そして神に「人間とは何なのか」という問いを発しています。そこでもヨブは自分がどれほどの罪を犯したというのだろうかという位置に身をおいています。
現代の私たちにとっても、何が罪なのかを考える時、法的に罰せられることや日常の生活の中のうそをつくとか人の悪口を言うということが罪であるというのは理解されやすいと思います。しかし聖書の光が当あてられるとさらに罪が浮き彫りにされます。人をうらやむことや、人に対して傲慢な気持ちを持つこと、また欲情の気持ちで異性を見るだけでも罪なのです。さらには困っている人に助けの手を差し伸べない、気の毒な立場の人を見過ごす人を愛せないことも罪なのです。その極みは自分に対して敵対する人をも愛することを神は私たちに求められているのです。それが出来ない私たちは当然罪人なのです。それを自覚することが救いの恵みをいただける第1歩なのです。

聖書要約
続いてヨブの独白の文章です。
人の一生は奴隷の日々のように長く過酷だ。私にも同じように苦しい日々と長く辛い夜がある。肉体は蛆虫とかさぶたに覆われて、皮膚はさけて膿が出ており、望みのないままに一日が過ぎる。私の命もそう長くはないでしょう。だから友よ、悩み苦しんでいる私に話すことを許してほしい。頼むからわかってほしい。
私が化け物でもあるかのように神は私を見張られる。床に入っても悪夢で私を脅かされる。もう私を一人にしておいてください。
人間とは何なのでしょう。わざわざ時間をかけて苦しめるだけの価値が私にあるのでしょうか。せめて唾を飲み込む間だけでも自由にしてください。人間の見張りをしておられる神さま。私の犯した罪がそれほどあなたにとって悪いことだったのでしょうか。なぜ私を標的にされるのですか。なぜ罪を赦し、取り除いてくださらないのでしょうか。私は間もなく息絶えます。神さまが探しても私はいなくなるのです。」


 

【聖書】 | comments(0) | -

【聖書】絶望している友には・ヨブ記6章

ヨブ記6章・・・・・・絶望している友には忠実な心で
「絶望している者にこそ友は忠実であるべきだ。」6:14

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨブは今の自分の苦痛がどれほど辛いか分かってほしいと訴え、今こそ真の友であってほしいと願っています。そして私は神の前に悪いことをしていない。潔白であることを理解してほしいと。確かに主もサタンに「地上に彼ほど人格者で神を畏れ、悪を避けて生きている者はない」と言われるほどです。しかし人間の正しさは神の潔さの前ではまったく意味をなさないのです。自分が正しいと思って生きることほど、しんどいことはないと思います。そしてそれは傲慢に他なりません。私たちが主のみ前で、肩の力を抜いて、謙るときにこそ本当に解放された平安な人生が始まるのだと思います。

聖書要約
ヨブは答えて言いました。
「私の悲しみと苦痛を秤にかけたら海辺の砂を千倍にしたような重さです。私は言葉を失うほどです。神が私を狙い撃ちにして矢を放たれた。神は次から次へと私を脅かされたので、私は生きることも嫌悪します。神よ、もう私を死なせてください。拷問のようなこの状況の中でも唯一の慰めは、私は一度も神の言葉を拒まなかったことです。しかしその私の忍耐ももう限界です。気落ちした友には心のつながりが必要です。それなのに友は私を容赦なく責め立てるばかりです。それはまるで主を畏れない者のようです。川の水をあてにして脇道した隊商が水にありつけないように、私も期待を裏切られました。私がいったいどんな悪いことをしたというのでしょう。分からせてほしい。私がうそをつくような人間に見えますか。私は潔白です。私は善悪の区別ぐらい分かります

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】祝辞

 今日の誕生日inマナ…、こむぎちゃん22歳、こうしろうくん14歳、みことちゃん10歳、あいなちゃん6歳、さくとくん6歳、じゅんくん5歳、いつきくん5歳、まことちゃん歳、神さまの祝福がありますように!
                          * * * * * *

年度末を迎え、いのち語り隊の活動も今年度すべて終了しました。講師のみなさん、ヘルプしてくださった皆さん、よく語り続けてくださいました。今日は神戸市の小学校では卒業式でしたが、語らせていただいた学校には祝辞のカードを送らせていただきました。イキイキとこの世に生まれてきた命、これからも輝かせて生きていってほしいです。私たちも少しの休憩の後、また次年度語ります!

【diary】 | comments(0) | -