<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】1テサロニケ4章

テサロニケの信徒への手紙4章・・・・・・主が再び来られる時に
「神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導きだして下さいます」4:14

くぅ〜ママのちょっと一言
4章は大きく3つのことが書かれています。一つ目はみだらな行いを避け、聖なる生活をすることです。テサロニケが位置したギリシャは性的な乱れが日常化しており、宗教的にも一種の恍惚状態になることを求め、それが性的解放となっていたということなのですが、そのような中にあって、「聖なるものとなることを求めなさい。品位のある結婚生活、また異教徒のように汚れた肉欲におぼれてはいけない」と、パウロは教えました。
神に喜ばれる生活の二つめは兄弟愛についてです。「このことについては書く必要がないほど、テサロニケの信徒たちの愛は国中のすべての兄弟に届いている」と、パウロからの賞賛の言葉が書かれています。さらにパウロが勧めるのは静かな生活、仕事に励み、喜んで自ら働くように心がけること。そうすればクリスチャンでない人からでも尊敬され、信用されるとパウロは教えます。
3つ目のことは再臨に際してのことです。わたしたちは自分のいのちが終わる時には、必ずイエスが迎えにきてくださると信じています。そして再臨のときがきたら既に死んだ者も今生きているクリスチャンもともに神のそばで憩うことができるということなのです。だから死は暗黒というイメージより、むしろ希望なのです。いのちの最後を迎えた後がさらにすばらしい。このことを目標にして今日もいのちを燃やして生きていけるのだと思います。

聖書要約
神に喜ばれる生活
愛する皆さん、さらに付け加えます。どうしたら神に喜ばれる生活ができるのかをあなたたちはわたしから学びました。あなたたちはそのように生活していますが、さらに熱心にその歩みを続けてください。神が望んでおられることは、あなた方がきよくなることです。それはみだらな行いを避け、聖なる生活をすることです。あらゆる不品行をさけて、品位のある結婚生活を送りなさい。異教徒のように汚れた肉欲におぼれてはいけません。他人の妻を横取りしてはいけません。神はこれらのことに罰をお与えになります。神がわたしたちを招かれたのは聖なる生活をするためであり、これを拒むことは、わたしたちに聖霊を与えて下さった神を拒むことになるのです。
兄弟愛について書く必要がないと確信しています。あなたたちの愛は国中のすべての兄弟に届いていますが、さらに兄弟愛を求めなさい。ますます静かな生活、仕事に励み、喜んで自ら働くように心がけなさい。そうすればクリスチャンでない人からでも尊敬され、信用されます。
主は来られる
皆さんはクリスチャンが死んだらどうなるか知ってほしいのです。希望を持たない人々のように嘆き悲しむことはありません。わたしたちはイエスが死んで復活されたことを信じています。イエスキリストが再び来られる、再臨の時にすでにこの世を去ったクリスチャンも連れ戻して下さいます。主から直接お聞きしたことを伝えるのですが、再臨の時にすでに墓の中にいる者を差し置いてわたしたちが主にであうことはありません。再臨にさいしてまず合図の号令が鳴る。大天使の声が聞こえる。神のラッパが鳴り響く。主が天から降ってこられる。クリスチャンで既に亡くなっている人が復活する。今生きているクリスチャンたちが空中で主と出会う為に先に復活した人たちと一緒に雲に包まれて引き上げられるいつまでも主と共にいることになる。このことを信じて互いに慰め合い、励まし合いなさい。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【diary】

今日の誕生日inマナ… ぴかぴか 、ひとみちゃん19歳、さゆりちゃん18歳、みおちゃん16歳、かいとくん11歳、ぎんぞうくん11歳、のあちゃん10歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

 

| - | - | 03:00 | category: 【diary】 |
【diary】ママの声

今日の誕生日inマナ… ぴかぴか 、まれちゃん19歳、そらくん15歳、ゆうかちゃん15歳、はるくん10歳、さよちゃん6歳、れいじくん1歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *
春分の日の今日、気になっていたパソコン仕事に集中しました。お産をされた方が出産体験記を書いてくださっているのですが、その中でブログやFBへのアップOKと言ってくださっている方々の文章や写真を整理しました。幸せなお産はその後の育児の力なりますし、その後の人生にもいい影響を与えます。その逆のこともあります。そんなお産の大切さがお伝えできればなあと思っています。

| - | - | 22:03 | category: 【diary】 |
【聖書】1テサロニケ3章

テサロニケの信徒への手紙3章・・・・・・苦難の傍らにおられる主
「それはあんたがたを励まして、信仰を強め、このような苦難に遭っていても、だれ一人動揺することのないようにするためでした。」3:2

くぅ〜ママのちょっと一言
迫害の中にあるテサロニケのことがパウロは気がかりでなりませんでした。また迫害のある事は前もってパウロによって予告されていたと書かれています。クリスチャンになったら悪い事は何も起らないのかというとそんな事はなく、病気もするし、辛いことも経験します。ただ信仰を持つことで異なる事は、その辛い経験の傍らにイエス・キリストがいてくださることを確信して、その経験を乗り越えていくことができる点です。危機は好機と言いますが、乗り越え方によってその先の展開が異なってきます。これがクリスチャンの生き方ではないでしょうか

聖書要約
もうこれ以上我慢できないので、わたしはアテネに残り、協力者であるテモテにそちらに派遣しました。あなた方が迫害の苦難の中にあっても、信仰が強められるように励ましたかったのです。苦難がやってくることをわたしは前もってあなたたちに予告していたのですが、それが現実になったのです。わたしはあなた方が信仰から離れてしまうのではないかと心配でテモテに行ってもらいました。しかしテモテから「信仰と愛がしっかりと守られている」という報告を受け、どんなに喜んでいることでしょう。あなた方がわたしをおぼえていてくれ、また会いたがっているという知らせも嬉しいことでした。主にあって信仰を堅く保っていれば、苦難にも耐えることができます。あなた方が与えたくれたこの喜びをどれほど神に祈ったらよいでしょう。もう一度会って、語り足りなかったことを補いたいと昼夜思っています。どうか父なる神が再会の機会を与えてくださるように。あなた方を思う私の愛のように、あなた方もお互いの愛を深め、満ち溢れさせてくださるように。キリストが再び来られる時、あなた方が無罪の宣告を受け、天国に入ることの出来る者としてくださるように。アーメン

| comments(0) | - | 22:00 | category: 【聖書】 |
【ママの声】2月10日午前4:30頃から

M.A様 

2019年2月10日(日) AM10:06生まれ

 

 2月10日午前4:30頃から入院させて頂き、陣痛と戦う事丸一日・・・。初産だったので、其の先もイメージできず、時計も見られないまま真夜中に子宮口全開に。そこからなんと朝の7:00までいきみ続けるも出て来ず救急搬送されての○○病院での出産でした。33時間コースの全開から6時間・・・と聞かされた時は自分でもびっくりしました。

 そんな長い長いお産に付き合って下さった助産師の渡邊さん、永原先生、そして夫には感謝でいっぱいです。途中、助産院で産むという事すら叶わないとなった時は、ボーゼンとしてしまい本当に終わりが来ない苦しみのように感じましたが、病院で娘がでてきてくれた瞬間は、自分の力ではどうにもできなかったことを助けてくださり、本当に生きて帰って来られた・・・と病院の方々や周りのすべてに対して有難さを感じました。

 出産前は、「自分で産む」と色々な意味で思っていた自分に、それは思いあがりだと教えてやりたい。33時間全く心音も下がらなかった娘、先生方のタイミングのいい判断・・・一人一人の努力などを越える自然の力を感じる体験でした。

 2月12日くしくも、マナチャペルのテーマが、すべてを支える神様の「永遠の腕」。生かされていることの尊さを感じるお話で、本当に何と呼ぶかわかりませんが、自然と命を支える神秘ってあるのだ・・・と涙が止まりませんでした。

 こんなに素晴らしく学びの多い出産という機会に恵まれ感謝でいっぱいです。生かされている事を忘れず、これからも感謝しながら子育てをしていきたいと思います。たくさん支えていただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 命って本当にスゴイ。自分も生まれなおしたような出産でした・・・すべてに感謝です。

| - | - | 19:24 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】2月11日が予定日

O.T様 

2019210() AM9:00

 

 211日が予定日1月末くらいからおなかの出っ張り具合に周りもソワソワ。予定日が近づくにつれ、今回貧血気味だった私は、あまりウォーキングも運動もできず少し不安になっていました。マナさんへの健診の度、助産師さん達が優しい言葉をかけて下さり、毎回、安心して家路に着く事ができました。やはり、産婦人科、助産院との密着の違いを感じてしまいます。

 長男の時(寝屋川の助産院)から助産院で味をしめてしまった私は、明石に引っ越してきた時、妊娠が発覚してから真っ先に助産院を探しました。長女もマナさんで出産させてもらい、今回も待望の3人目をマナさんで産ませてもらえたという幸せを感じました。神社やお寺にお参りに行き、家族みんなで赤ちゃんの無事を祈りました。

 210日午前6:00、下腹部の重い痛みで目が覚め、すでに20分間隔くらいの陣痛。家族は予行演習()をしていたので、いつもののんびり準備ではなく、信じられないくらいの速い動きで準備完了。午前6:40くらいに到着。部屋に通して下さってから、陣痛に耐える一時、間隔が狭くなり分娩室へ。家族は朝ごはん中・・・早く来てもらいたかったけど、助産師さんがGoodタイミングで呼びにいって下さり、一安心。家族みんなで身体をさすってもらいながら、陣痛にひたすら耐える。旦那さんは毎回見てられないと言いながらもそばにいてくれて感謝です。助産師さん達もとても誘導が絶妙で、最後のこの上なく苦しい深呼吸をし、最後のいきみで無事出産。

 赤ちゃんの声をこの耳で聴いても、まだ信じられず、ぼーっとしてしまいました。何より大好きな助産院で家族みんなで立ち会えた事はとっても幸せで、一生の思い出で、これからの子育ての糧になります。妊娠時、支えてくれた家族、助産師さん、病院の先生方、そして大きな愛で包んで下さった永原先生、皆さんに感謝です。ありがとうございました。

 毎食、美味しいご飯もありがとうございました。ご飯も助産院の決め手の一つでした(*^_^*

| - | - | 13:05 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】出産予定日が昨年の12月30日で

G.S様 

2019年1月3日(木) PM1:28

 

 出産予定日が昨年の12月30日で、3人目という事もあって、予定日より少し早くなるかな・・・?等みんなで話したりしていました。産後、手伝いに来てくれる予定の私の母とも、お正月どうする?どういう風になるかな?とか。

 上の2人のお兄ちゃん達の学校や幼稚園の行事とかも終わるまでは、せめて2人が冬休みに入るまでは待っててね〜!とお腹の赤ちゃんに声をかけつつ1日1日を過ごしていたのですが、結局予定日を過ぎてしまい。大晦日も家族で年越しそばを食べ、なんとなく紅白を見ていたりで、子供たちも普通に寝て年を越しました。

 元旦も何事もなく過ぎていき、そわそわしながら過ごしていましたが、1月3日のAM3:00頃にお腹と腰に何となく痛みを感じ始めました。トイレに行きたくなって、行くと、おしるしが。その後、痛みが段々と10分間隔になってきたので、夫と共に(起きて様子を見てくれてました)マナさんへ電話をしつつ、準備を始めました。寝ていた子供たちに上着を着せたりしているとタクシーが来たのでマナ助産院へ。

 助産院に到着すると、お部屋にあったかくした布団も用意してくれていて、寝ぼけ眼の子供たちも嬉しそうにお部屋で待つことができました!私は、長男次男のお産が結構スピーディーに進んだので(特に次男!)、今回も早いかな?と思っていたのですが、今回は思っていたよりもゆっくりでした(^^;)

 夫は朝の8:00には仕事に行かなければならなかったので(しかも当直の日だったので帰るのは次の日の午前)、なんとかそれまでに・・・と思っていたのですが、赤ちゃんのペースはゆっくりでした(^^;)朝の5:00前頃にマナさんに着いて、産まれたのは午後1:28でした。それまでの時間がとても長く感じた今回のお産でした。

 本格的な陣痛が来てからは早かったのですが、それまでが長くて、ずっと側でケアをしてくださったり、声をかけてくださったり、手を握ってくださったり、スタッフの方々が本当にいつも心強くて、本当に安心できました。

 マナ助産院で産むのは今回が3回目でしたが、健診の時も、出産の時も、助産師さん達の顔を見ると不安な気持ちになっても「大丈夫」と思えるので不思議です。いつも、本当に安心感を与えてもらい、感謝の気持ちでいっぱいです。

また、今回のお産では、夫は立ち会えなかったけれど、途中で母が夫と交代で来てくれ、子供たちの朝ごはんも用意して持って来てくれて助かりました。母も長い時間を待っててくれて、子供たちも何度も私の様子を見に来てくれながら本当によく待って頑張ってくれたと思います。赤ちゃんも頑張ったね!!みんな待ってたよ!!

 産まれた後は、長男が赤ちゃんのへその緒を切ってくれました。長男は色々興味がある事を質問したりしていたけど、次男は少しびっくりもあったのかな?とまどい気味でした(^^;)仕事中の夫には母が電話してくれた様で、電話越しにも感極まった感じだったよ、と母が教えてくれました。

入院中のあたたかいケアと美味しいご飯、とっても幸せです!いつも本当にありがとうございます!!

| - | - | 12:54 | category: 【ママの声】 |
【ママの声】3月末に奈良から神戸に移り

T.M様 

20181217() PM9:10生まれ

 

 3月末に奈良から神戸に移り4月末に妊娠発覚。一旦退職し、外部講師として奈良に仕事で通い始めた頃だったけど、食べづわりと、片道2時間に子供達に迷惑をかけてしまう・・・と思って今まで働いていた職場、年中さんから一緒に過ごしてきた子ども達と離れることを決めました。 知っている人は誰もいない、十数年のめり込んだ仕事も子ども達とも会えない。「淋しい」と初めは自覚できてはいませんでした。

 はじめにかかった病院も良かったけれど、何だか違う気がする・・・とたまたま見つけたマナ助産院のHP。“自然なお産”に惹かれ、話を伺ってまた惹かれ、マナさんでの出産を決めました。健診の度に、色々な助産師さんとお話をしたり、エコーを見て、一緒に「かわいいね〜♡大きくなあれ〜♡」と喜んでくださり、マナさんでの健診が一番の楽しみになりました。そこでようやく「淋しかったんだ」と自分の気持ちにも気付いてあげることができました。

 出産までの間に、いのち語り隊のお手伝いにも参加させていただきました。妊娠して、子ども達とはなれ、今の自分が誰かのお役に立てることはないんだな・・・と思っていたので、小さな出来ることがすごく嬉しくて、また久しぶりの小学生たちの元気な姿に元気をもらって、たった2回だったけど、帰り道「マナさんに出会えてよかった」と何度も何度も感じていました。まだお腹にいる赤ちゃんと協力して誰かの役に立てる場をくださって本当に感謝しています。

 出産は、4:45の破水スタートでした5:30入院。産まれるのは明日かなあと言っていたものの、その日の21:10に元気に産まれてきてくれました。

 痛みが増してきた頃から、常に助産師さんが付き添ってさすったり、マッサージして下さり、初産だったので本当に心強かったです。頭がなかなか出なくて、助言通りに出来ているのか不安だった時も、「上手だよ―」「今いい感じ」と常に私にとってプラスな優しい言葉で励まして下さったから、ちょっと大きめの頭の娘ちゃんとがんばる事が出来ました。赤ちゃんを見て「かわいーかわいー♡♡」と言って抱っこで写真をとって下さったことも、最後の最後まで心地の良い出産でした。死ぬ気で握り締めた手をずっとはなさず握り返してくれたダンナさんにも本当に感謝です♡

 いのち語り隊で小学生と一緒に勉強させてもらって、「出産」に対する心構えがかたまりました。私は、赤ちゃんが産まれようとする力のお手伝いをしよう!!そう思ってのぞむことができた出産。赤ちゃんに「がんばって出ておいで〜」と心の中でずっと声をかけ続けることができました。

 この子が繋いでくれたマナさんとのご縁、これからも大切にしたいです。産まれてきてくれたこの子にも感謝です。本当にありがとうございました。

 

| - | - | 12:48 | category: 【ママの声】 |