マナ's Blog

<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【聖書】主の計らい・サムエル記上29章

サムエル記上29章・・・・・・主のお計らい
「彼は、我々と共に戦いに上ってはならない」29:9

くぅ〜ママのちょっと一言
同胞との戦いを前にダビデは動揺していたことでしょう。しかし軍が配置され出陣という前夜、ダビデはその命令を解かれたのです。それはペリシテの指揮官が「なぜここにイスラエル人がいるんだ」「彼は我々と共に戦いに上っていってはならない」とダビデの行動の間違いを言い当てたのです。取り巻きにいる者の方が事の本質が見えるということがありますが、まさにそのような光景ではなかったかと思います。しかしこのことは主が働かれた結果であることはいうまでもありません。私たちの信仰生活の中でも「主が守ってくださったんだなあ」という経験は幾度もあります。私たちが間違いを犯さないようにいつも主は守っていてくださいます。霊の目と耳を開いて主が招かれる方に向かって歩んでいくことが出来ますように。主は私たちが罪を犯すことを決して望んでおられないのですから。

聖書要約
ダビデ、ペリシテ軍から離脱する
ペリシテ人の軍とイスラエルの軍が相対して戦いが始まろうとしていました。ペリシテの軍の隊長たちはそれぞれの隊を率い、ダビデは王の護衛としてしんがりを務めようとしました。ところがペリシテの指揮官達はダビデと共に戦えないと王に言ったのです。王が「ダビデはペリシテに来て以来、やましい事は一つもなかった」と、ダビデが共に戦うことを勧めましたが、指揮官達はダビデが裏切ってサウル側につくことを懸念しました。しかたなく王はダビデに「あなたにはなんら悪意がないことは分かっているが、指揮官達が一緒に戦うことを好まないと言っている」と伝えたのです。「一緒に戦おうとしているのになぜ」というダビデに王は言いました。「あなたは御使いのようによい人間だということは私にはわかっています。しかしペリシテの指揮官達が『彼は我々と共に戦いに上っていってはならない』と言うのです」と。そこでダビデは朝早く引き返したのでした。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】いのちと性の分科会

        今日の誕生日inマナ…つよしくん17歳、はるなちゃん16歳、ゆきこちゃん12歳、そうたくん4歳、神様の祝福が豊かにありますように!
                      
 * * * * * *

神戸コンベンションセンターで行われている日本伝道会議2日目がおわりました。2000人を超えるクリスチャンが一堂に会しています。

今日は午後から一つ分科会を持たせていただきました。北海道から九州まで色んな所からお集まりで、今度東京で計画している講師養成セミナーをほかでもしてほしと言っていただきました。日本全国津々浦々でクリスチャン講師が子どもたちの健全な成長、幸せな人生を築けるように、いのちと性の大切さを語っているという日が来るまでセミナーを各地で開き続けたいと心新たにしています。

夕方からは神戸栄光教会で世界宣教の夕べの集いがありました。外国に遣わされている宣教師、日本に遣わされている宣教師、主の尊い働きに触れて心熱くなりました。500人以上の人が集い、廊下まで人があふれました。

【diary】 | comments(0) | -

【diary】日本伝道会議

       今日の誕生日inマナ…かなめくん21歳、りょうすけくん20歳、あおいちゃん15歳、まひるちゃん15歳、あつやくん15歳、こうすけくん12歳、なごみちゃん4歳、こうすけくん1歳、神様の祝福が豊かにありますように!
                      
 * * * * * *


今日から神戸のコンベンションセンターで7年に一度の日本伝道会議が開かれます。日本、世界が神の恵みの中にありますようにと願いながら参加しています。また見えるものだけがすべてのように思いがちですが、見ることはできませんが、私たちにとって大切な神のみ心を求める4日間となりますようにと願っています。私はブースも出します。ブースのタイトルは「いのちと性のサポートミッション」この分科会も持ちます。今の若者のいのちの軽視、性の乱れに対してクリスチャンとして黙っているわけにはいきません。何ができるのかを問いかけたいと思っています。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】主の沈黙・サムエル記上28章

サムエル記上28章・・・・・・主はお答えにならなかった
「…主は夢によっても、ウリムによっても、預言者によってもお答えにならなかった。」28:6

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデのうそがばれる時がやってきました。ダビデのアキシュ王への答えがうわずっているように思えます。しかしもっとピンチなのはサウルです。神から答えがいただけないのです。自ら禁止した口寄せを使ってサムエルの霊を呼び出すほどでした。しかし答えはサウルにとっては悲惨なものでした。主から離れることほど不安なことはありません。主が答えてくださらないことほど不気味で辛い事はありません。もし自分も主から見離されたら…しかしイエスキリストの十字架を仰ぎ見る者は決して見離される事はないのです。私たちは主の祈りで「私たちを試みにあわせず、悪より救い出してください」と祈りますが、もし主が試みられることがあるとしたら、それは決して罰を与えられているのではなく、それによって気付くべきことがあるということでしょう。また祈りに対してすぐに答えがいただけない時にも決して見離されわけではなく、主の深いみ旨があることを確信したいと思います。

サウル、口寄せの女を訪れる
ペリシテとイスラエルの間で決戦の火蓋が切られようとしていました。アキシュ王はダビデに王の護衛としてイスラエルと戦うように頼みました。「もちろんです。僕の働きをお見せしましょう」とダビデは答えました。一方ペリシテの大軍を前にしてサウルはうろたえました。神にどのようにしたらいいのか伺うのですが、神はサウルから離れてしまわれたので答えは返ってきません。サムエルは死んでしまっているので聞くこともできません。サウルは口寄せや霊媒師を国から追放していたのですが、口寄せの女を探し出し、普通の人の身なりに変えて訪ねました。女は口寄せをすることは禁止されているからと最初は断りますが、熱心な頼みに負けて霊を呼び出すことにしました。そして王の望みどおりサムエルが呼び出されたのです。王は攻めてくるペリシテに対してどのようにしたらよいかを尋ねましたが、サムエルは「神は予告どおり、サウルから王位を取り去りダビデに与えられ、イスラエルもペリシテに渡される」と答えました。そしてサウルと息子達は明日には私と一緒いることになると言われたのです。それを聞いたサウルは地に倒れてしまいます。言葉におびえたのと空腹だったからです。口寄せの女の好意で食事を勧められ、サウルはそのような気持ちではなかったのですが、しきりに他の者も勧めたので、座して食べ帰路につきました。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】防火対策

      今日の誕生日inマナ…はるきくん12歳、ゆうとくん4歳、神様の祝福が豊かにありますように!
                      
 * * * * * *
半年ほど前に消防署の方がこられて、「平成2510月に発生した福岡市の有床診療所における火災を受け、有床診療所等の防火対策を推進するため、有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業を平成26年度から実施している」とのことでご指導を頂きました。それにそっていろいろとここ数か月整備をしてきました。前から防火計画を立案して毎年シュミレーションをしていましたし、各部屋に防災グッズもおいています。さていよいよH30年までに取り付けなければならない火災通報機と、火災報知器です。数年前に建物の中に相当な数の火災報知器はつけたのですが、タイプが違うようで付け直ししないといけません。がっくりです。国の助成を受けることができるように調査書と提出しました。大切なことですのでご指導通りの設備を整えることができますように頑張ります!

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】立ち位置・サムエル記上27章

サムエル記上27章・・・・・・立ち位置を間違えたダビデ
「ペリシテの地に逃れるほかはない。」26:1

くぅ〜ママのちょっと一言
主は生きている」と証し、「主が戦ってくださる」ことを信じ、自分が手を下さなくても「主が裁かれる」ことを知っていたダビデですが、ここではサウルを恐れて、敵国の王に頼ったことが書かれています。王から土地を与えられると言う事はその国のために戦うということですから、イスラエルと反目しあう立場に立つことになります。ダビデは立ち位置を間違えたのです。ダビデは神の側に立つべきだったのです。私たちも目の前のことで心が大きく揺さぶられる時、何かの方策を考えます。自分の出来る最善を尽くす事は大切だと思いますが、立ち位置を間違えてはいけないのです。神のご支配の中にいるかどうかいつも確認しなければならないと思います。

聖書要約
アキシュのもとに滞在するダビデ
サウル王と和解したダビデでしたが、またサウルに命を狙われるのではないかと思い、イスラエルにとっては敵国のペリシテのガドの王アキシュを頼って妻や兵士、その家族と共移りました。そのためサウルは二度とダビデを追跡しませんでした。ダビデはアキシュ王に田舎町のツィグラグに住ませてほしいと願います。その間は1年4ヶ月でしたが、ダビデは度々イスラエルと敵対していたゲシュル人やゲゼル人、アマレク人を襲いました。ダビデは襲ったなら皆殺しにし、金品を略奪したのです。そしてアキシュの元に戻り、ユダのネゲム地方などを襲ったとうその報告をしました。誰もダビデがしていることを通報する者はいませんでした。アキシュはダビデは祖国から嫌われたので、いつまでも自分の僕でいるだろうと思ったのです。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】バトンタッチ

   今日の誕生日inマナ…ひろかずくん18歳、あkほちゃん16歳、たかゆきくん14歳、かずまくん8歳、りなちゃん5歳、まなちゃん5歳、さなちゃん4歳、様の福が豊かにありますように!
                       * * * * * *

25年間教会学校の奏楽をさせていただきましたが、今日で一区切り。お二人の後継者にバトンタッチしました。お二人は22年前と20年前にマナ助産院で誕生されました。元気にお生まれになったことを今でも覚えています。誕生はそれぞれの人生のスタートであることを改めて思います。お二人は自分の道を見つけてしっかりと歩んでいる素敵なお嬢さんたちです。かつて受け継いだ奏楽というバトンをお二人につなぐことができてよかったです。これから幸せを感じながらお二人を見守りたいです。時々ピアノでコラボさせてくださいね。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】主は見ておられる・サムエル記上26章

サムエル記上26章・・・・・・主は見ておられるので
「主が油祖注がれた方に手をかければ、罰を受けずには済まない。…主は生きておられる。主がサウルを打たれるだろう」26:9

くぅ〜ママのちょっと一言
24章の記述とよく似た出来事です。サウルは24章でもダビデに誤り、危害を加えないと言いましたが、同じことを繰り返しています。ダビデにとっては何度も命を狙おうとするサウルに仕返しをする2度目の絶好のチャンスがやってきたわけです。部下もサウルの命を奪うことを勧めます。しかし、ダビデはまたしてもサウルを許し和解をしようとします。ダビデがサウルに危害を加えなかったのはサウは主が選ばれた王であるからでした。クリスチャンの生き方も人と平和に暮らすことを大切にします。自分に危害を加える人に対しても!…です。本来ならそのようなことはとてもできることではありません。それを可能にするのは「その人も主は愛されている大切な人」という視点に立つことです。もし「どうしても許せない」「言われたことやされたことを忘れることができず心が痛い」というようなことがあれば、ダビデがサウルに対して取った行動を思い出したいと思います。またイエスキリストは私たちに7度の70倍(無限に)人を許しなさいと教えてくださったことも思い出して、それらの痛みから解放され笑顔を取り戻したいと思います。人に対し、主に対して真実に生きている者を主はよくご存じですから。

聖書要約
ダビデ、サウルを寛大に扱う
ジフ人からダビデがハキラの丘に隠れていると聞いたサウルは3000人の精兵を率いてダビデ討伐に出かけました。ダビデはサウルの陣営に、部下のアビシャイと共に忍び込みました。サウルも王を守るアブネル将軍はじめ、兵士たちも全員ぐっすり眠り込んでいました。アビシャイはダビデにサウルを殺すチャンスであると進言しますが、ダビデは「主が油注がれた者に手をかけてはいけない。主は生きておられる。主がサウルを打たれるだろう」と言って、サウルの枕元にあった槍と水差しを持ち帰りました。誰にも気付かれることはありませんでした。主がぐっすり眠らせてくださっていたからです。ダビデは向こう側の山の頂からアブネル将軍に向かって「主に油注がれた王を守れないとは死に値するぞ。水差しと槍を探してみよ」と言いました。その声を聞いたサウルは「その声はダビデか」と声をかけました。ダビデはサウルに身の潔白と忠誠を語りました。サウルは自分の間違いを認め、二度と危害を加えないと誓い、そしてダビデの祝福を祈り帰っていきました。

【聖書】 | comments(0) | -