<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【diary】お稲荷さん

姉と母のところに行ってきました。ほとんど目を閉じたまま。呼吸はちょっと肩で息してたけど以前よりマシな感じでした。

手づくりの大きめのお稲荷さん1っこ完食。少しずつ口に運びましたが、時々目を開けて美味しいと言ってくれました。

最近は点滴と栄養ドリンクだけのこともあるようでよかったです。

お寿司の味は母の作るのと同じ分量なので母にとっては馴染みの味のはず…

姉の手づくりのぶどうジュースは一口飲んで、目まん丸くして美味しいと言ってくれました。

体はとてもとても細くなってました。

「また来るね」と言うとちょっとだけニッコリ…もしかしたら「また」がないのかと思ってしまって…

また行こうと思います。

*  * * * * * 

   今日の誕生日inマナ… ・ももえちゃん20歳、のえるちゃん17歳、やわらちゃん16歳、れんこうくん16歳、ゆいちゃん15歳、しゅうせいくん11歳、とうまくん9歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 00:00 | category: 【diary】 |
【diary】母

姪から電話があり、93歳の母の体調が悪いと…持ち直し、持ち直しはしているけど、だんだんと弱ってるなあと思う。明日は珍しく予定が入っていないので、母に会いに行くことにした。急なことだったのであり合わせで「おいなりさん」を作った。母は本当は巻きずしが好きだけど材料がなかったので…母は1つだけ。後は姉の所に…「郁ちゃんは仕事があるから」といつも言ってくれる姉に任せっきりになっている。何でもしてくれる姉。なんでそんなにしてくれるの?って聞くと「お姉ちゃんやから」と答えてくれる。意味わからんけど有難いなあと甘えてる。

*  * * * * * 

   今日の誕生日inマナ… ・あんりちゃん24歳、すぐるくん20歳、ゆいちゃん15歳、ゆあんちゃん14歳、あつしくん14歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 00:00 | category: 【diary】 |
【聖書】詩編5編

詩編5編・・・・・・あなたを避けどころとする者は
「あなたを避けどころとする者は皆、喜び祝い、とこしえに喜び歌います。」5:12

くぅ〜ママのちょっと一言
朝の礼拝において歌われた詩篇と言われています。嘆きの詩となっていますが、切実な神への訴えからはじまり、敵対するものへの批判、そして自分自身が神に導かれることを祈り、最後には神を避け所とする者を神は祝福してくださることへの確信が歌われています。
 この世の悪に倣わず、主の祝福を信じて主の道をしっかりと歩む者でありたいです。ダビデの時代には神殿はないので、後世のものがダビデを偲んで歌ったものとされています。

聖書要約
ダビデの詩

主よ、私の話す言葉を聞いてください。主よ、私の心のうめきを聞いてください。主よ、私の助けを求める叫びを聞いてください。主よ、あなたを見上げて朝ごとに祈る私の祈りを聞いてください。あなたはあなたに逆らう者、悪人、奢り高ぶる者、不法な行為、うそ、殺人、欺きをどんなにお嫌いになることでしょう。しかし私はあなたの憐れみによって神殿にひれ伏します。まっすぐにあなたの道を歩ませてください。彼らの口はうそばかり、罪と死臭が漂います。どうか彼らを打ち落としてください。
しかしあなたを避け所とする者はとこしえに喜び歌います。あなたを愛する者はあなたに守られ喜びが与えられ、あなたの愛の盾で守られるのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】詩編4編

詩編4編・・・・・・御顔の光を向けてください
「主よ、わたしたちに御顔の光を向けてください。」4:7

くぅ〜ママのちょっと一言
これも3章に引き続き、わが子アブサロムに追われている時にダビデが読んだ詩です。「朝の祈り」に対してこれは「夕べの祈り」と言われているそうです。前後は神への語りかけであり、真ん中は敵への勧めです。敵と言ってもわが子であり、わが子が主に罪を犯すことがないように語っています。そしてダビデ自身の主が私を選んでくださったこと、主は自分をよしとしてくださっていること、また主は必ず守ってくださるという確信が歌われています。ダビデのこれらの信仰を学びたいと思います。

聖書要約
(ダビデの詩)
私を「み心に適う者」と言ってくださる神さま、苦難から解き放ってください。私の祈りを聞いて下さい。
私に敵対する者たちよ、主が王に選んでくださった私を辱めるようなことをしないでほしい。主に罪を犯してはいけません。夜眠る時静かに思いめぐらしてみなさい。主に信頼して、主が喜ばれる献げ物をしなさい。
神が私を助けてくれるはずはないと誰もが言います。どうか主よ、私にみ顔を向けてください。あなたから頂く喜びは、刈り入れのときの幾倍もの喜びです。私は安心して横になります。私はひとりぼっちであっても、あなたが私を守ってくださるからです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【diary】助産師雑誌

医学書院の助産師雑誌10月号の巻頭インタビューに載せて頂きました。インタビューしてくださったのはさんライターの河合蘭さん。お久しぶりで30年ほど前の昔話に花が咲き…で話がはずみましたが、やっぱり助産師理解が深いんですよね。取材は沢山お受けする方ですが、ここに食いついてくださるなんて流石河合蘭さん!ってとこがあります。一応写メアップします。読めるかなあ〜

*  * * * * * 

   今日の誕生日inマナ… ・たけひろくん25歳、さとしくん22歳、たかきくん19歳、いろはくん18歳、たいしくん15歳、ちさきちゃん11歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 00:00 | category: 【diary】 |
【聖書】詩編3編

詩編3編・・・・・・救いは主のもとに

くぅ〜ママのちょっと一言
この詩は「朝の祈り」として読まれてきたとのことです。サムエル記下15章の出来事から読まれたものです。前半はわが子に追われ、敵に包囲された、わが身への嘆きが書かれています。そして主への願いから後半は主が守ってくださることへの確信に満ちた言葉が綴られています。どのような状況でも主が守ってくださることを信じたいと思います。クリスチャンには万策を講じた後の一手を忘れてはいけません。それは主に委ね、主の救いを信じること。そして主はその祈りに答えてくださると確信することです

聖書要約
「救いは主のもとにあります。」3:9
ダビデがわが子アブシャロムに負われて逃げた時の賛歌です。「ああ神、どうしてこんなに多くの者が私に逆らうのでしょう。右も左も敵ばかりです。多くの者が「神は私を助けられるはずはない」と言います。
それでも私にとって主は私の盾、私の栄です。私が主に叫ぶとあなたは答えてくださいます。だから私は安心して眠ることが出来ました。主が見守ってくださったからです。
私はいかに多くの敵に包囲されても恐れません。主が私に味方し、私を救ってくださるからです。救いは神からきます。神はあなたを信じる者に大きな喜びをお与えになります。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【diary】バベルの塔
今日の神戸ひよどり台教会教会学校オンライン幼稚科のお話は創世記の「バベルの塔」からでした。神さまは人間の傲慢を打たれました。
 成功した時にどのような姿勢をとるのかは大切なことです。自分の力を誇るのではなく、神様が守ってくださったことに思いを馳せて感謝することを忘れないようにしたいです。
良きものは全て神様が与えてくださいました。健康が守られたこと。知恵が与えられたこと。助けて手が与えられたことを思い神様に感謝できる子どもに成長してほしいです。それがまた次の力につながるのだと思います。
(動画は永原郁子のフェイスブックご覧ください)

*  * * * * * 

   今日の誕生日inマナ… ・つよしくん21歳、ひなちゃん20歳、ゆきこちゃん16歳、そうたくん9歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 00:00 | category: 【diary】 |
【聖書】詩編2編

詩編2編・・・・・・地を治める者は主の諭を受けよ
「地を治める者よ、諭を受けよ」2:10

くぅ〜ママのちょっと一言
聖書はどの箇所も難解だと思いますが、詩篇も本当に難しいです。しかし難解な中に宝の言葉が埋もれているように思えます。150章150日私なりに読みこなしたいと思っています。2章も難しさのあまり唸ってしまいます。王の即位の詩編で、王とはソロモンと考えられるとのこと。選ばれた王は主の諭しを聞くことによって繁栄が約束されていると書かれています。この世のリーダーの方々に、ぜひ知っていただきた真理です。私たちクリスチャンも主に選ばれた者として主の言葉を注意深く聞き、この世に伝えていくことによって主によって幸いを頂くことができるということなのだと思います。神の愛を、全身全霊をもって発信していきたいと思います。

聖書要約
なぜ国々の指導者は神に向かって怒り狂るうのでしょう。なぜ神の鎖を断ち切って自由になろうと神との関わりをこばむのでしょう。それをご覧になって天の神は一笑にふすだけです。真の王は主によって即位させられます。主に選ばれた私に主から託された言葉を告げます。「王として栄誉を主から授けられた者よ。主の諭しを受けよ。主に願い出たら世界中の国々を授けよう」と。そして手遅れにならない内に敬虔な畏れを頂いて神の子のみ前にひれ伏しなさい。主に信頼するものはすべて幸いを得ることができるのです。


 
 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links