マナ's Blog

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【聖書】とこしえに消えうせる・エゼキエル書27章

エゼキエル書27章・・・・・・とこしえに消えうせる
「お前は人々に恐怖を引き起こし、とこしえに消えうせる。」27:36

くぅ〜ママのちょっと一言
ティルスの町が商船に例えられて、その滅亡を預言しています。繁栄を誇るティルスの町もその栄華には限りがあるのです。この世の富も名誉も美しさも健康もそれらは全て限りがあります。限りあるものを追い求め、たとえそれを手に入れてもなんと空しことでしょう。私たちが最も求めなければならないことは、永遠に続く神の言葉、永遠の命なのではないでしょうか。

聖書要約
主がお語りになりました。「人の子よ、ティルスのために嘆きの歌を歌え。世界の貿易の中心地、強大な港町であるティルスに向かって語れ。『世界で一番美しい町だと自慢し、領土を海の中にまで広げ、建築家たちが豪華に仕上げた町。それは最上のもみの木で作った船のようだ。マストはレバノン杉、かいはバシャン産の樫の木、船室の壁はキティム産の糸杉材、帆はエジプトの亜麻布、日よけは恵里社の毛織物。熟練した者が舟に乗りこんだ。世界の各地から人々がやってきてティルスと商いをした。アルワドとキリキア人が城壁を囲み、ガマディム人が塔を固めてティルスの栄誉は完璧だった。そしてタルシシュから銀、鉄、鈴、鉛を、ヤワン、トバル、メシェクからは奴隷、青銅の器を。ベト・トガルマからは軍馬、らばを。ロドス島からは黒檀や象牙を。アラムからはエメラルド、紫の染料、刺しゅう品、リンネル、色々な宝石を。ユダとイスラエルからは小麦、いちじく、はち蜜、香油、香料、を、ダマスコからはぶどう酒と羊毛を。ウザル地方からは銑鉄、桂皮、菖蒲などを。デダンからは高級な布地を。アラビア人からは子羊、雄羊、山羊、を。シェバとラバからは香料、宝石、金を。その他の国々からも色々なものが取引され、港の倉庫はあふれるばかりであった。しかし荷を積んだ船が海の真ん中に進んだ時、突然激しい東風に煽られ難破する。財宝も商品も人々もティルスが滅亡する時に海の底に沈む。恐怖におののく声に近隣の町々が震えあがる。そして彼らは悲しみの歌を歌う。ツロの町のように滅ぼされた不思議な町が世界のどこにあるだろう。ティルスは完全に滅んでしまったのだ』」

【聖書】 | comments(1) | -

【diary】露のききょうさん

今日の誕生日inマナ… ぴかぴかぶしゅらちゃん10歳、むうほちゃん8歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *


お笑い大好きな私、毎晩ユーチューブお笑いをいくつか見ながら寝ます。頭を仕事モードから切り替えるのにとてもいい。以前はTOEICかお笑いのチョイスでしたが、最近はお笑い中心で…前置きが長くなりましたが、そんな私ですので、昨日は露のききょうさんの生の落語を見て大満足!午前の礼拝でもお話ししてくださった露のききょうさん。今日は大笑いの一日でした。

 

【diary】 | comments(0) | -

【diary】セクハラ発言

今日の誕生日inマナ… ぴかぴかひなこちゃん18歳、かんなちゃん5歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

政治家の不祥事が続きます。女性蔑視の言葉には嫌悪を感じます。財務省の事務次官や副総理のご発言の内容を聞いているとセクハラの根は深いと思います。なにが悪いのだと言わんばかりに聞こえます。女性記者にも非があると言いたいのでしょうが、たとえ万が一そうであったとしても、セクハラ発言をしていいという理由にはなりません。「短いスカートはいていたからレイプした」って言ってるようなもんじゃあないですか。どんな服装であろうと、言動があったとしてもレイプする方が絶対悪いのですから。
 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】嘲る者・エゼキエル書26章

エゼキエル書26章・・・・・・嘲る者は滅ぼされる
「人の子よ、ティルスがエルサレムを嘲る。」26:2

くぅ〜ママのちょっと一言
エルサレムが陥落した数カ月後のこと、ティルスの国はそのことで利益が回ってくると喜んだのです。そのことによって主の怒りを招き、滅びに至ったことが書かれています。ティルスは元々拝金主義の国であったとのことです。それがそもそもの滅びの原因だったと言えると思います。一生懸命働くことによって収入を得ることは当然のことですが、自分が楽しむためだけに働くのであったり、得た収入に対して感謝がなければ、主による滅びが待ち構えているかもしれません。得た収入を他の人にも分かち合うことを考え、何よりも健康が与えられていること、仕事が与えられていること、働きが祝されていることを感謝したいと思うのです。

聖書要約
グッドティルスへの預言
ゼデキヤ王が捕囚になってから11年目のことです。主が私に語られました。「人の子よ、ティルスはユダの滅亡を喜んで『エルサレムは地中海とヨルダン川の通商路を手中におさめていたが、ついに滅びた。これからは我が国の出番だ』と言ったので、主なる神である私がティルスに立ち向かう。ティルスを裸の岩にする。ティルスは周辺諸国に略奪され、町々は剣で滅ぼされる。私はバビロンの王ネブカドレツァルにティルスを滅ぼさせる。軍馬が怒濤のように町を襲い、城門が打ち破られる。民は剣で殺され、財宝は奪われ、宮殿は破壊されて海に投げ捨てられる。あなた方の歌はもはや歌われることはない。二度と国は建てなおされることはない。海辺の他の諸国の王たちもあまりの恐ろしい光景に身を震わせながら地面に座りこみ、嘆きの歌を歌う。『難攻不落を誇った島の町。誉れある町。海のつわものと恐れられた町。どうして海に消えてしまったのか。島々はお前の滅亡に震えあがる』」神はお語りになります。「ティルスを住む者のない町とし、完全に滅ぼし、跡形もなくする」と。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】落語

今日の誕生日inマナ… ぴかぴかはやたくん13歳、そうたくん13歳、まわたちゃん12歳、かのんちゃん10歳、ゆうまくん9歳、もかちゃん8歳、たろうくん8歳、こなちゃん6歳、せいすけくん3歳、はるとくん3歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *


4月22日の日曜日ですが、神戸ひよどり台教会に女優・落語家の露のききょうさんをお迎えします。

 露のききょうさんは二代目露の五郎兵衛さんのご長女。
 笑いは免疫力をあげます。楽しい時間過ごしませんか〜
 司会はマナ助産院のスタッフの〇〇さん(お楽しみに!)教会はマナ助産院から車で3分ほどの所にあります。
【diary】 | comments(0) | -

【聖書】主の裁き・エゼキエル書25章

エゼキエル書25章・・・・・・主の裁きが下る時
「その時、彼らはわたしが主であることを知るようになる。」25:11

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルの民が主の裁きとして、バビロンに捕囚の民として連れさられた時、近隣の国々に対しても主の裁きは下ったのです。「エドムの復讐」とはユダがバビロンに連れされた後、エドムがユダを占領しようとしたことを指しています。エドムはエソウの子孫であり、ユダはヤコブの子孫ですから、両国の間には元々、エソウとヤコブの長子争い以来の確執があります。アンモンとモアブはソドムから逃げたロトとその娘たちの間に生まれた子どもの子孫です。姉の子どもの子孫がアンモン、妹の子どもの子孫がモアブです。ロトはアブラハムの甥ですから、これらの国々は親族関係にあります。元々、世界は主の支配の中にあり、世界の主権、歴史の主権は神の手の中にあることを聖書は語っているのです。

聖書要約
グッドアンモン人への預言
主がこのようにお語りになりました。「人の子よ、顔をアンモン人に向けて預言せよ。あなた方は私の聖所が破壊された時、イスラエルが苦しんでいる時、捕囚として連れて行かれる時、さげすみ、あざ笑ったのでベドゥイン族をあなた方の地に侵入させ、全ての者を略奪させてあなた方の国を一掃する。その時あなた方は私が主であることを知るようになる。」
グッドモアブへの預言
主が語られました。「ユダがバビロンによって滅ぼされた時。『真の神がいると言っていたユダの国も他の神々の国と同じじゃあないか』と言ったので、モアブ人が誇りとしている町々を一掃する。その時あなた方は私が主であることを知る。」
グッドエドムへの預言
神はお語りになります。「エドムはユダに復讐すると言う大それた罪を犯したので、主はエドム国中の人も獣も家畜も剣で切り倒す。その時あなた方は神である私があなた方に復讐したことを知るであろう
グッドペリシテへの預言
神はお語りなります。「あなた方は昔からユダに恨みを抱き、憎しみに駆られて滅ぼそうとした。だからクレタ人を一掃する。私があなた方に復讐する時、私が主であることを知るであろう。」

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】いのち語り隊


-今日の誕生日inマナ… ぴかぴかりんたろうくん18歳、れいかちゃん16歳、ももこちゃん13歳、ちゆきちゃん11歳、さくくん11歳、はるひくん2歳、神様の祝福がありますように!
                                                * * * * *

4月に入って連日講演依頼の電話をお受けしています。どんどん今年度の講演予定が埋まってきています。昨年度はいのち語り隊の講演数が132。その他の講演が18でしたので、合計150の講演を7人の講師が担当しました。単純に計算すると1週間に2.8回の講演をしたことになります。また今年度も元気で語りたいと思っています。
 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】罪ゆえ嘆け・エゼキエル書24章

エゼキエル書24章・・・・・・罪ゆえに嘆け
「不貞のよってお前が汚れたので、わたしは清めようとしたが、お前は汚れから清くならなかった」24:13

くぅ〜ママのちょっと一言
エルサレムを鍋にたとえられており、鍋は主の裁きを表しています。肉は民の指導者たちです。どんなにしても彼らの罪は取り去ることはできないと主は語られました。また預言者エゼキエルは妻の死に際して、悲しみの表現をしないことで、民に次に起こる主の裁きを預言しました。「声をあげずに悲しめ」とありますが、悲しんではいけないとは書かれていません。クリスチャンであっても親しい人の死は悲しいです。しかし天国でまた会えると信じていますから、悲しみの中にも大きな希望を見ています。だからクリスチャンの告別式はむやみに悲しみばかりではないのです。

聖書要約
グッド火の上の鍋
ゼデキヤが捕囚となって9年目のこと、主がお語りになりました。「人の子よ、今日の日付を書き留めなさい。今日バビロン王がエルサレムに攻撃をしかけたからだ。反逆したイスラエルの人々に例えで神の言葉を語れ。『鍋に水を入れて、火にかけよ。そこに最良の肉のいっぱい入れよ。また最上の羊の骨をその下に積み重ねよ。骨の中まで煮えるようにせよ。』神は語られる。殺人の町エルサレムは錆びついた鍋のよう。その錆は取れない。くじを引くことなく肉を取り出せ。どの肉も皆同じだから。平気で人を殺し、その血が岩にたれても隠そうともしない。だから主はさらに薪をくべ、肉汁を出し、骨を焦げ付かせ、また鍋を真っ赤になるまで空炊きしても、厚い錆は取り除かれない。その取り除かれない錆はあなた方の偶像を礼拝する行為そのものだ。私があなた方を裁くまでそれを止めることはないだろう。
グッドエゼキエルの妻の死
また主がお語りになりました。「あなたの愛する妻が取り去られる。しかし悲しみの表現をしてはいけない。決して泣くな。普段の服装をし、慰めのパンを食べるな。」と。そのことをエゼキエルは朝、民に語ったのですが、その日の夕に妻が急死したのです。エゼキエルは命じられた通りにしました。人々が「どんな意味があるのか」と聞いたので、彼は主の言葉を語りました。「あなた方の誇る神殿を破壊する。またユダにいるあなた方の息子、娘を剣で殺す。その時、私がしたのと同じようにあなた方も悲しみを表すことはしないだろう。ただ自分の犯した悪事を嘆くばかりだろう。その日難を逃れた者がバビロンにいるあなた方の元に来てこの事を伝える。その時あなたは預言せよ。そして彼らは私が主であることを知るだろう。」と。

【聖書】 | comments(0) | -