<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【diary】栄光キリスト教会

 

神戸の長田区にある栄光キリスト教会にお昼から講演に行ってきました。小さないのちのドアから見えてきたこと、聞こえてきたことを話しました。それは殺害された小さな胎児や乳児の声なき声、また苦しみ、悲しみ、悔しさの涙を流している弱者である女性の声なき声です。質疑応答も沢山頂きました。関心を寄せて頂いたことがなにより有難いことでした。

* * * * * * * * *

    今日の誕生日inマナ…、しんやくん19歳、あすかちゃん15歳、いちたくん13歳、   11歳、つなみちゃん10歳、ゆうじくん10歳、あいりちゃん6歳、ゆうがくん5歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 06:00 | category: 【diary】 |
【聖書】創世記48章

 

 創世記48章・・・・・・祝福される恵み
「どうか、神があなたをエフライムとマナセのようにしてくださるように」48:20

くぅ〜ママのちょっと一言
マナセとエフライムはヤコブの子どもになります。こういうわけで、イスラエルを構成する12部族の中に二人が入るわけです。レビ族は相続地をもちませんので、12で土地を分割する際に、ヨセフをエフライムとマナセの2と数えると、12分割が可能となります。後に実際そのようになります。またエフライムはこの中でも最も大きな部族となります。神の祝福の流れは、ヤコブからヨセフ、エフライムと続いていきます。とは言えイスラエルの人々がお互いに祝福しあう時、「神がエフライムと、マナセのように祝福してください」と言うほど二人は祝福を受けることになります。クリスチャンは毎週の礼拝で祝祷を受けますが、主の祝福の中に入れられるという事はなんという幸いなことかと思います。

聖書要約
ヤコブ、ヨセフの子らを祝福する
ヤコブの容態が急変したという知らせを聞いて、ヨセフはわが子、マナセとエフライムと連れて、父を見舞いました。ヤコブは力を振り絞って座り彼らを迎えました。そして神はカナンを与えてくださることを約束してくださったことをヨセフに語ります。そしてヤコブはヨセフの子どもである、マナセとエフライムをヤコブの養子にすると言います。但しこれから生まれる子はヨセフの後を継がせるようにと言います。そしてヤコブはヨセフの二人の子どもを祝福するのでした。ヨセフはヤコブの前に二人を立たせ、右に兄のエフライムを左に弟のマナセを並ばせましたが、ヤコブは腕を交差させ、右手をマナセの頭の上に、左手をエフライムの頭の上に置き、祝福しました。右手は神が保護を意味し、本来なら兄が受ける祝福なので、ヨセフは父の目が不自由になったために間違ったと思い、反対だと指摘すると、ヤコブはそれを退けて、弟のエフライムのほうが大きな民になるのだと言いました。
そしてヤコブはヨセフに、自分の死期が近いことと、必ず、子孫を約束の地カナンに導き帰らせてくださるという希望、そしてヨセフには兄弟たちより多くの分け前を与えるということを語りました。多くの分け前とはシケムの土地と指します。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【diary】小坂シオン教会

  

小坂シオン教会の山下翼、百子先生ご夫妻のご著書「世界を変えるのは、パパ」の出版記念パーティーにお呼びいただきました。なんと本の帯の推薦文を書かれたのは東大阪の黒田市長様。そして市長様は記念パティーに出席してくださり、子育て支援に対して形だけでない心のこもったご挨拶を頂きました。その後、及ばずながら私が記念講演をさせて頂きました。先生ご夫妻とママたちのパワーがみなぎった会でした。お料理もおいしかったし、ママたちのゴスペルクワイア―もよかった~

* * * * * * * * *

    今日の誕生日inマナ…、じょいくん25歳、ななりちゃん13歳、ひろゆきくん9歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 06:00 | category: 【diary】 |
【聖書】創世記47章

 

 創世記47章・・・・・・祝福を祈る
「ヤコブはファラオに祝福の言葉を述べた」47:7

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨセフの父ヤコブはファラオの前に立ちます。飢饉の中難を逃れてエジプトにやってきたヤコブですが、大胆に王に対して神の祝福を祈ります。ヤコブが「多くの国民の父とする」と神からの祝福を信じていたからこそできた行動だったと思います。神から祝されているクリスチャンにも同様の役割があると思います。それは遣わされたところで(家庭、職場、学校、地域など)神の祝福を祈ることだと思います。そのような役割を自覚したいです。
そして47章の最後のシーン、ヤコブはヨセフに感謝の気持ちで頭を下げました。これでヨセフの夢が成就されたわけです。

聖書要約
ファラオとの会見
ヨセフはファラオに兄弟を引き合わせました。打ち合わせどおり、父と兄たちはラメセス地方の最良の土地、ゴシェンの地に住むことになりました。そして有能な者を王の家畜の監督に登用するという許しを王から得ます。さらに父ヤコブがファラオの前に出ます。ヤコブはファラオを祝福します。そして王から年齢を聞かれ、「130歳ですが。苦労の多い人生でした。先祖にはもっと長生きした者もいます」と答えました。
ヨセフの政策
飢饉が激しさを増し、エジプトとカナン地方に住む民が穀物の代金として持ってきたも底を突きます。そこでヨセフは家畜を引き換えに穀物を民に分け与えます。家畜も底を突くと今度は土地を買い上げ、穀物を民に与えました。これによってエジプトの土地はすべて王のものとなりました。但し祭司の土地だけは王からの配給があったため、買い取る事はありませんでした。そして収穫の5分の1を王に収めさせることにしました。民達は食料を得て、耕作できることに感謝したのです。
ヤコブの遺言
イスラエルはゴシェンに住み、繁栄します。ヤコブはエジプトに17年間住み147歳でこの世を去ります。死期が近づいたある日、ヨセフを呼び寄せて、「もし自分が死んだらエジプトではなく先祖の墓に葬って欲しい」と願います。ヨセフは父にそのことを誓います。ヤコブはヨセフに感謝のお辞儀をします。そのままヤコブは病床に着く身となります。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記46章

 

 創世記46章・・・・・・伴なって下さる主
「わたしがあなたと共にエジプトに下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す」46:4

くぅ〜ママのちょっと一言
ヤコブは最愛のヨセフに会うとは言え、神に示されたカナンから出て行くには迷いがあったと思います。26章で飢饉に際して神はイサクにエジプトに下ってはいけないと言われたのすから。しかしいけにえを奉げた時、神の声を聞き、確信を持ってエジプトに行ったのです。またエジプトに下った総数が70人と書かれていますが、これも完全数ということで、このエジプト行きが神のみこころを表しているのしょう。その中には先にエジプトに下ったヨセフとその二人の子ども3人も含まれます。
私たちが何かを決断する時大切な事は、そのことがみ心かどうかということです。また神が共にいてくださるということが何よりも大切なことだと思います。

聖書要約
ヤコブのエジプト下り
イスラエル(ヤコブ)は一家を挙げて旅立ちます。途中ベエル・シェバでいけにえを奉げます。その夜、神がヤコブに現れて、「わたしは神、あなたの父の神である。…あなたと共にエジプトに下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す」と言われたのです。ヤコブは力を得て、一族を連れてエジプトに向かいます。エジプトに行った息子と孫達は、レアの間に出来た子どもと孫で33名。レアの側女ジルパの間に出来た子どもと孫で16名。ラケルとの間に出来た息子と孫が14名。ラケルの側女ビルバの間に出来た子どもと孫で7名。総勢70名です。
ゴシェンでの再会
ヤコブはユダを先に行かせて、一行がまもなくゴシェンに着くことヨセフに伝えさせました。そしてゴシェンでヤコブとヨセフの涙の対面が果たせたのです。ヨセフは父一族がゴシェンで暮らせるように計らいます。それは王が父に職業は何かと聞かれたら、先祖代々羊飼いであると答えるようにと。すると遊牧民にとって最適なゴシェンに住むことが出来ると言うものでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【diary】栄光キリスト教会

  

21日の日曜日ですが、長田区にあります栄光キリスト教会から講演のお招きを頂いています。テーマは「小さないのちのドアから見えるもの」です。社会で最も弱者の胎児、乳児そして女性のいのちについて皆様と一緒に考えたいと思います。よろしかったらお出でください。

* * * * * * * * *

    今日の誕生日inマナ…、やすひとくん20歳、ひかるくん19歳、かいせいくん15歳、じんくん14歳、なみちゃん11歳、つぐみちゃん8歳、いおくん4歳、神さまの祝福が豊かにありますように!

| - | - | 06:00 | category: 【diary】 |
【聖書】創世記45章

創世記45章・・・・・・主がお遣わしになった
「命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」45:5

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨセフが身の上を明かすという事は、兄たちにとって過去の罪が暴かれることになります。しかしヨセフはすかさず、「悔やんだり、責め合ったりする必要はないと言います。それはこのときのために私を遣わされたのだから」と言います。「兄たちがヨセフを売った」ではなく「神がお遣わしになった」ことだったとヨセフは告白したのです。幼い時に愛してくれた父の元から離れ、苦労を味わってきたヨセフですが、神が常に共にいてくださった事実と、神から受けた大きな祝福の故に苦労も恵と言いあらわすことができたのでしょう。
苦労の只中にいる時にも、その「苦労」を「恵」と言えるほどの信仰が持つことは、なんと幸せなことかと思います。ところが不思議なことに、到底、「恵」などと思えないような「苦労」の中にも、神が介入して下さっていること(神が共にいてくださっていること)が、人や聖書や御言葉を通して示されることがあります。だからこの苦労は主の栄光のためのものであると、苦労の只中でも信じることができます。苦労に意味を見出すことこそが、苦労を乗り越える力になるのです

聖書要約
ヨセフ身を明かす
ユダの嘆願を聞き、ヨセフは我慢が出来なくなって、側近の者を下がらせて、兄弟たちに自分がヨセフである事を明かしました。またヨセフは兄たちに「私を売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はない。命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」と言いました。そしてまだ飢饉は5年も続くので、父も一緒にエジプトのゴシェンに移り住むように勧めます。エジプト王もそれを聞き、彼らに馬車や食料や晴れ着を与えました。ベニヤミンには特別銀や晴れ着が与えられました。父の為にもエジプトの最良の贈り物を積んだろば10頭、往復の道中に必要な物を積んだろばが10頭が贈られました。
ヨセフは兄たちに「途中で争わないで下さい」と念を押して送り出しました。父の元に帰った兄たちは、父ヤコブに事の次第を話しました。ヤコブは最初は気が遠くなり、信じられませんでしたが、馬車などを見せられ、ヨセフが生きていたことを喜び、そして元気を取り戻し、「エジプトに行こう」と言ったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【diary】スタッフ

  毎週小さないのちのドアのカンファランスを持っています。当然のことながら3人力を合わせると色々とアイディアーも浮かびますし、力になります。でももう一人助けてくれる方を今模索中…医療職か社会福祉士の資格と実績がありクリスチャンを求めています。

どなたかおられないでしょうか~

* * * * * * * * *

    今日の誕生日inマナ…、せいやくん21歳、ゆうはくん19歳、こうたろうくん18歳、しおうくん11歳、ききちゃん3歳、神さまの祝福が豊かにありますように!
                    

 

| - | - | 06:00 | category: 【diary】 |