マナ's Blog

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【diary】娘の新婚旅行

今日の誕生日inマナ…、いずみちゃん19歳、そうたくん17歳、こうへいくん14歳、こうきくん8歳、神さまの祝福がありますように!
                    * * * *

娘が今ヨーロッパに新婚旅行に行っています。結婚式の後、仕事が一段落するこの時期まで待っていたようです。息のぴったりあった写真が何枚か送られてきました。(時差があるので深夜に…)「楽しそう〜」とラインしたら「楽しい〜」って返信が…めちゃめちゃ楽しんでいるのが伝わってきて嬉しくなりました。夫婦仲良しが一番!そこの所よろしくお願いしたいです。
 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】砦の塔・詩編59編

詩編59編・・・・・・砦の塔
「あなたはわたしの砦の塔、苦難の日の逃れ場」59:17

くぅ〜ママのちょっと一言
サウルに命を狙われるダビデですが、主が守ってくださることを確信し、主は私の安全な隠れ家であると歌います。人生の中で逆境の時にも、また順調な時であっても,、どんな時でも主が守ってくださることを確信して主に拠り頼んで生きていきたいと思います。主を信じる者は主のみ翼に覆われて憩う事ができるのです。

聖書要約
サウルがダビデを殺そうと人を遣わして家を見張らせた時にダビデが詠んだ詩

ああ、神様、私を敵の手から救い出してください。命を狙って押し寄せてくる者どもから守ってください。主よ、私は彼らに悪いことをしたわけではないのに私を打ち破ろうと身構えています。主よ、目を覚ましてご覧下さい。異教の国々を罰してください。彼らは夜になると町の様子を犬のようにかぎまわり、大声で神を呪います。主よ、そんな者たちを笑いものにしてください。私は主を待ち望みます。神は私の安全な隠れ家です。神はきっと彼らを私の手に落ちさせてくださいます。しかし今は彼らを殺さないで下さい。私の民の貴重な教訓にしたいのです。彼らは口汚くののしります。どうか彼らを一掃してください。そして神がイスラエルを支配し、やがて全世界を治められることを世界中の民に知らせてください。彼らは夕暮れになると舞い戻ってきて町を巡り歩きます。しかし私は朝ごとに神をたたえ讃美します。私の力はあなたから頂いたもの。あなたは私の安全な隠れ家、恵みにあふれた神様なのです。

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】柏原教会

今日の誕生日inマナ…、きょうじくん12歳、そらくん10歳、あきとくん7歳、神さまの祝福がありますように!
                     * * * * * *

今日は大阪の柏原教会に行ってきました。電車で2時間。途中懐かしの福島区(37年前に住んでいた町)の町を眺めながら小旅行気分でした。恵みの礼拝を守らせていただいた後、お昼から「こどもたちのいのちがかがやくために〜子育て、孫育て〜」をテーマにお話しさせていただきました。お久しぶりの再会もありました。著書も完売していただき、買ってくださった方々の本にサインもさせて頂きました。色々な場面の写真も頂きました。雨の一日と思っていましたが、傘をさすこともなく我が家に帰ってきました。感謝な一日でした。

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】神は裁かれる・詩編58編

詩編58編・・・・・・神はこの地を裁かれる
「神に従う人は必ず実を結ぶ。神はいます。神はこの地を裁かれる。」58:12

くぅ〜ママのちょっと一言
詩人は不正を行う者を糾弾し、神が裁いてくださることを確信します。しかし現実はむしろ勧善懲悪の理論が成り立たない場合の方が多いのではないでしょうか。正直に生きる者が損をする世の中といっても言い過ぎではないような…しかし常に主の目が注がれていることを思って生きて行きたいのです。損をしてもいい、主の目に正しいことを行う人生でありたいと思います。

聖書要約
あなたたちが正義を行い、公平をわきまえていると言うのか。あなたたちは不正だらけではないか。このように神に逆らう者は生まれながらの罪人、毒蛇のように毒を口に含み、蛇使いの声にさえ、耳をふさぐコブラのようです。
神さま、どうか彼らの歯を抜き、ライオンの牙を折ってください。水のように影も形もなくしてください。なめくじのように溶け、日の光を知らない流産の子のようにしてください。神は彼らをあっという間に滅ぼされます。
神に従う者は正義が勝つのを見て喜びます。神に従う者は必ず実を結び、神は公平に裁いてくださるのです。

 

【聖書】 | comments(0) | -

【お知らせ】6月27日マナチャペルお休み

 

6月27日(火)のマナチャペルは都合により休会致します。

 

7月からの予定は以下の通りです。

 7/ 4    「二つの“時”を生きる」              箴言19:21
        11    「生きて行く大切な土台」              マタイ7:24〜27
      18   「人の弱さを用いられる神」            出エジプト4:10〜12
        25    「思い煩いを少なくするコツ」          フィリピ4:6〜7
 8/ 1       (休 み)                            ―
       8    「少し発想を転換したら見えてくる」   ペトロ第一1:8
        15            (休 み)                             ―
        22    「歌って分かる、賛美の力」            詩編150:1〜6
        29    「求めよう!縦の平安&横の平安」      ヨハネ14:27

【お知らせ】 | comments(0) | -

【聖書】成し遂げてくださる神・詩編57編

詩編57編・・・・・・何事も成し遂げてくださる神
「いと高き神を呼びます。わたしのために何事も成し遂げてくださる神を。」57:3

くぅ〜ママのちょっと一言
サムエル記上22章のダビデがサウルの手を逃れて洞窟に隠れたときを偲んで詠んだ詩と言われています。その時ダビデの運命はまだ闇の中でした。闇の中で必ず夜明けが来るのを確信して主を称えて讃美しているのです。この中でライオンに例えられているのは腐敗した祭司たちとのことです。現代の日本も先が見通せない闇に包まれているのではないかと思います。政治の混乱、正しいことがとおらない混沌とした社会、若者の就職率の低迷、隣国からの戦争の恐怖…。こんな時こそ闇の向こうにある主から放たれる光を確信し、主に信頼して讃美することが必要なのだと思います。

聖書要約
神よ、私を憐れんで、み翼の陰に休ませてください。私はあなたを避けどころとします。私のために奇跡を行ってくださる神に大声でお願いします。すると神は天から手を差し伸べてくださり、私を救ってくださいます。
私は獰猛なライオンに囲まれているようなものです。彼らは槍や矢のようにするどい歯でまさに襲い掛かろうとしています。私は言いようのない恐怖におののいています。しかし私を陥れようとして掘った落とし穴に落ちたのは彼らでした。
ああ神さま、私の心は平安で確信に満ちています。神を称える歌が自然と口に出てきます。十弦の琴、竪琴をもって歌おう。そして夜明けを待とう。私は国中を巡り、多くの者の前で神に感謝を捧げます。神の恵みと愛は無限で天にまで満ちています。あなたのまことは無限で雲を覆います。神のみ名が天より高く響き渡りますように。神のご栄光が全地に輝きますように。

                                  

【聖書】 | comments(0) | -

【diary】講演in柏原市(大阪府)

今日の誕生日inマナ…、はるかちゃん18歳、ひびくくん16歳、めぐみちゃん16歳、ようすけくん16歳、あみちゃん14歳、たかしくん11歳、れんたろうくん9歳、かんなちゃん4歳、神さまの祝福がありますように!
                       * * * *

明日は大阪府柏原市で講演をします。「こどもたちのいのちが輝くために〜子育て・孫育て〜」遠方ですので朝の礼拝からお伺いするつもりです。雨との予報ですが沢山お集まり下さればうれしいです。
 

【diary】 | comments(0) | -

【聖書】涙の皮袋・詩編56編

詩編56編・・・・・・涙の皮袋
「あなたの皮袋にわたしの涙を蓄えてください。」56:9

くぅ〜ママのちょっと一言
サムエル記上21章に書かれている記事を題材にした詩となっています。サウル王に追われるダビデは狂人の振りをして危機を脱します。このことを後世になって、イスラエル人がバビロン捕囚の苦痛の日々の中で、このダビデの信仰を偲んで詠んだとされています。
そして現代の私たちにも深く慰めが与えられる詩です。主は私の流した涙の一つ一つをご存知で、その涙を主の皮袋に蓄えてくださっているのです。私も人生の中で涙を流してきた多くの場面を思い出すにつけ、主が涙の皮袋にそれらをすべて蓄えてくださっていると思うことでどれほど慰めを受けてきたことでしょう。

聖書要約
ダビデがペリシテ人に捕らえられた時の詩。
神よ、私を憐れんでください。敵の軍勢が絶えず私に戦いを挑んできます。私はあなたにより頼みます。神により頼めば恐れはありませんただの人間が私に手出しできるわけがありません
彼らはいつも私の言葉をねじ曲げて、どうしたら私を傷つけることが出来るかを考えているのです。神よ、怒りを発して彼らを屈服させてください。
あなたは私の嘆きを数えてくださいます。あなたは私の涙をあなたの皮袋に蓄えてくださいました。私が助けを呼び求めると、戦いの流れが変わります。このことで神が私に味方してくださっていることを私は知ることが出来ます。神により頼めば恐れることはありません。
神よ、私はあなたに感謝の捧げ物をささげます。あなたは私を死から救い出してくださいました。私は神のみ前で貴方から光を受けて輝いて生きていくことが出来るのです。

 


 

【聖書】 | comments(0) | -