<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】創世記48章

 

 創世記48章・・・・・・祝福される恵み
「どうか、神があなたをエフライムとマナセのようにしてくださるように」48:20

くぅ〜ママのちょっと一言
マナセとエフライムはヤコブの子どもになります。こういうわけで、イスラエルを構成する12部族の中に二人が入るわけです。レビ族は相続地をもちませんので、12で土地を分割する際に、ヨセフをエフライムとマナセの2と数えると、12分割が可能となります。後に実際そのようになります。またエフライムはこの中でも最も大きな部族となります。神の祝福の流れは、ヤコブからヨセフ、エフライムと続いていきます。とは言えイスラエルの人々がお互いに祝福しあう時、「神がエフライムと、マナセのように祝福してください」と言うほど二人は祝福を受けることになります。クリスチャンは毎週の礼拝で祝祷を受けますが、主の祝福の中に入れられるという事はなんという幸いなことかと思います。

聖書要約
ヤコブ、ヨセフの子らを祝福する
ヤコブの容態が急変したという知らせを聞いて、ヨセフはわが子、マナセとエフライムと連れて、父を見舞いました。ヤコブは力を振り絞って座り彼らを迎えました。そして神はカナンを与えてくださることを約束してくださったことをヨセフに語ります。そしてヤコブはヨセフの子どもである、マナセとエフライムをヤコブの養子にすると言います。但しこれから生まれる子はヨセフの後を継がせるようにと言います。そしてヤコブはヨセフの二人の子どもを祝福するのでした。ヨセフはヤコブの前に二人を立たせ、右に兄のエフライムを左に弟のマナセを並ばせましたが、ヤコブは腕を交差させ、右手をマナセの頭の上に、左手をエフライムの頭の上に置き、祝福しました。右手は神が保護を意味し、本来なら兄が受ける祝福なので、ヨセフは父の目が不自由になったために間違ったと思い、反対だと指摘すると、ヤコブはそれを退けて、弟のエフライムのほうが大きな民になるのだと言いました。
そしてヤコブはヨセフに、自分の死期が近いことと、必ず、子孫を約束の地カナンに導き帰らせてくださるという希望、そしてヨセフには兄弟たちより多くの分け前を与えるということを語りました。多くの分け前とはシケムの土地と指します。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記47章

 

 創世記47章・・・・・・祝福を祈る
「ヤコブはファラオに祝福の言葉を述べた」47:7

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨセフの父ヤコブはファラオの前に立ちます。飢饉の中難を逃れてエジプトにやってきたヤコブですが、大胆に王に対して神の祝福を祈ります。ヤコブが「多くの国民の父とする」と神からの祝福を信じていたからこそできた行動だったと思います。神から祝されているクリスチャンにも同様の役割があると思います。それは遣わされたところで(家庭、職場、学校、地域など)神の祝福を祈ることだと思います。そのような役割を自覚したいです。
そして47章の最後のシーン、ヤコブはヨセフに感謝の気持ちで頭を下げました。これでヨセフの夢が成就されたわけです。

聖書要約
ファラオとの会見
ヨセフはファラオに兄弟を引き合わせました。打ち合わせどおり、父と兄たちはラメセス地方の最良の土地、ゴシェンの地に住むことになりました。そして有能な者を王の家畜の監督に登用するという許しを王から得ます。さらに父ヤコブがファラオの前に出ます。ヤコブはファラオを祝福します。そして王から年齢を聞かれ、「130歳ですが。苦労の多い人生でした。先祖にはもっと長生きした者もいます」と答えました。
ヨセフの政策
飢饉が激しさを増し、エジプトとカナン地方に住む民が穀物の代金として持ってきたも底を突きます。そこでヨセフは家畜を引き換えに穀物を民に分け与えます。家畜も底を突くと今度は土地を買い上げ、穀物を民に与えました。これによってエジプトの土地はすべて王のものとなりました。但し祭司の土地だけは王からの配給があったため、買い取る事はありませんでした。そして収穫の5分の1を王に収めさせることにしました。民達は食料を得て、耕作できることに感謝したのです。
ヤコブの遺言
イスラエルはゴシェンに住み、繁栄します。ヤコブはエジプトに17年間住み147歳でこの世を去ります。死期が近づいたある日、ヨセフを呼び寄せて、「もし自分が死んだらエジプトではなく先祖の墓に葬って欲しい」と願います。ヨセフは父にそのことを誓います。ヤコブはヨセフに感謝のお辞儀をします。そのままヤコブは病床に着く身となります。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記46章

 

 創世記46章・・・・・・伴なって下さる主
「わたしがあなたと共にエジプトに下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す」46:4

くぅ〜ママのちょっと一言
ヤコブは最愛のヨセフに会うとは言え、神に示されたカナンから出て行くには迷いがあったと思います。26章で飢饉に際して神はイサクにエジプトに下ってはいけないと言われたのすから。しかしいけにえを奉げた時、神の声を聞き、確信を持ってエジプトに行ったのです。またエジプトに下った総数が70人と書かれていますが、これも完全数ということで、このエジプト行きが神のみこころを表しているのしょう。その中には先にエジプトに下ったヨセフとその二人の子ども3人も含まれます。
私たちが何かを決断する時大切な事は、そのことがみ心かどうかということです。また神が共にいてくださるということが何よりも大切なことだと思います。

聖書要約
ヤコブのエジプト下り
イスラエル(ヤコブ)は一家を挙げて旅立ちます。途中ベエル・シェバでいけにえを奉げます。その夜、神がヤコブに現れて、「わたしは神、あなたの父の神である。…あなたと共にエジプトに下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す」と言われたのです。ヤコブは力を得て、一族を連れてエジプトに向かいます。エジプトに行った息子と孫達は、レアの間に出来た子どもと孫で33名。レアの側女ジルパの間に出来た子どもと孫で16名。ラケルとの間に出来た息子と孫が14名。ラケルの側女ビルバの間に出来た子どもと孫で7名。総勢70名です。
ゴシェンでの再会
ヤコブはユダを先に行かせて、一行がまもなくゴシェンに着くことヨセフに伝えさせました。そしてゴシェンでヤコブとヨセフの涙の対面が果たせたのです。ヨセフは父一族がゴシェンで暮らせるように計らいます。それは王が父に職業は何かと聞かれたら、先祖代々羊飼いであると答えるようにと。すると遊牧民にとって最適なゴシェンに住むことが出来ると言うものでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記45章

創世記45章・・・・・・主がお遣わしになった
「命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」45:5

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨセフが身の上を明かすという事は、兄たちにとって過去の罪が暴かれることになります。しかしヨセフはすかさず、「悔やんだり、責め合ったりする必要はないと言います。それはこのときのために私を遣わされたのだから」と言います。「兄たちがヨセフを売った」ではなく「神がお遣わしになった」ことだったとヨセフは告白したのです。幼い時に愛してくれた父の元から離れ、苦労を味わってきたヨセフですが、神が常に共にいてくださった事実と、神から受けた大きな祝福の故に苦労も恵と言いあらわすことができたのでしょう。
苦労の只中にいる時にも、その「苦労」を「恵」と言えるほどの信仰が持つことは、なんと幸せなことかと思います。ところが不思議なことに、到底、「恵」などと思えないような「苦労」の中にも、神が介入して下さっていること(神が共にいてくださっていること)が、人や聖書や御言葉を通して示されることがあります。だからこの苦労は主の栄光のためのものであると、苦労の只中でも信じることができます。苦労に意味を見出すことこそが、苦労を乗り越える力になるのです

聖書要約
ヨセフ身を明かす
ユダの嘆願を聞き、ヨセフは我慢が出来なくなって、側近の者を下がらせて、兄弟たちに自分がヨセフである事を明かしました。またヨセフは兄たちに「私を売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はない。命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」と言いました。そしてまだ飢饉は5年も続くので、父も一緒にエジプトのゴシェンに移り住むように勧めます。エジプト王もそれを聞き、彼らに馬車や食料や晴れ着を与えました。ベニヤミンには特別銀や晴れ着が与えられました。父の為にもエジプトの最良の贈り物を積んだろば10頭、往復の道中に必要な物を積んだろばが10頭が贈られました。
ヨセフは兄たちに「途中で争わないで下さい」と念を押して送り出しました。父の元に帰った兄たちは、父ヤコブに事の次第を話しました。ヤコブは最初は気が遠くなり、信じられませんでしたが、馬車などを見せられ、ヨセフが生きていたことを喜び、そして元気を取り戻し、「エジプトに行こう」と言ったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記44章

 

 創世記44章・・・・・・犠牲を負うことを選んだユダ
「何とぞ、この子の代わりに、この僕を御主君の奴隷としてここに残し、この子は他の兄弟たちと一緒に帰らせてください」44:33

くぅ〜ママのちょっと一言
ユダはかつてヨセフを「殺しても得にもならない。イシュマエル人に売ろう」といって、売り飛ばした張本人でした。ところが今は自分が奴隷になり、ベニヤミンの身代わりになろうとしているのです。それは父の悲しみを思いやれる気持ちからでしょうが、ユダの大きな変化です。このことで兄弟のばらばらになった気持ちが修復し、一つにまとまることになります。
神の大きな計画が遂行されようとしている時ですが、ヨセフのこの不思議とも言える行動に対して、ユダが自らが犠牲になるという判断を下したことで、事態は急展開していくのです。
神さまが私たちに何かをなさろうとする時に、私たちがどう行動を取るかということは大切なことではないかと思います。その行動の基準は、ユダのような、犠牲的な行動であったり、和解、平和をもたらすことを選ぶことではないかと思うのです。

聖書要約
銀の杯
食事も終わり、兄たちがカナンに帰る時が近づいてきました。ヨセフは執事に命じて、それぞれの袋に出来るだけ多くの食料を入れることと、袋の口のところに代金を戻しておくことと、ベニヤミンの袋の中には銀の杯も忍ばせて置くようにしました。兄たちは次の朝、父が待つカナンに出発したのですが、まもなく追っての者がやってきて、銀の杯を盗んだ疑いをかけられます。そして調べたところベニヤミンの袋から出てきたのです。盗んだものはヨセフの奴隷にすると言われた兄たちは承知できません。みんなで再びヨセフのもとに帰りました。。「ベニヤミンだけでなく皆奴隷になります」と言うユダに対して、ヨセフはベニヤミンだけ残すようにと命じました
ユダの嘆願
ユダはヨセフの前に進み出て、ベニヤミンをどうしても連れて帰らなければ事情をはなします。それは年老いた父が愛していたヨセフがいなくなった後、その実の弟であるベニヤミンが、如何に父の生きがいであるかを説明しました。そしてユダはベニヤミンの変わりに自分が奴隷になるのでベニヤミンは他の兄弟と一緒に帰らせて欲しいと願い出たのでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】 創世記43章

 

 創世記43章・・・・・・主に委ねた時に
「どうか全能の神がその人の前でお前たちに憐れみを施し、もう一人の兄弟と、このベニヤミンを返してくださいますように。」43:14

くぅ〜ママのちょっと一言
この章でヤコブの呼び名が2ヵ所イスラエルとなっています。
この呼び名は、神から与えられた呼び名で「神に勝たれる者」という意味があります。一方ヤコブは「押しのける者」の意味です。ベニヤミンを手放したくないと固持していたヤコブが、ベニヤミンと自分達の運命を主に委ねようとしたときにイスラエルと呼び方が変えられているのです。
自分のプライドや執着しているものを主に委ねて、主の前にひれ伏し、祈る時に私たちの心には平安が訪れます。自分がヤコブ的に生きているのか、イスラエル的に生きているのかを、常に吟味してみる必要があると思います。

聖書要約
再びエジプトへ
飢饉はひどくなる一方で、エジプトから買って帰った食料も底をつき、ヤコブは再び、子どもたちにエジプトに買出しに行くように命じました。ユダはベニヤミンが一緒でなければいくわけには行かないと言いますが、イスラエルはそれを聞いて嘆きます。そしてユダの身を挺しての説得に、イスラエルはついにベニヤミンを連れて行くことに同意しました。総理大臣への贈り物やお金を用意して神にゆだねて、祈って送り出したのでした。
エジプトに到着するとヨセフはベニヤミンが一緒であるのを確認して、自宅に招きます。兄たちは疑心暗鬼でおどおどするばかりです。そして執事に前回の銀のことで弁明を試みますが、執事は「あなたの父の神がその宝を袋に入れてくださったのでしょう」との返事。そしてシメオンは釈放され、ヨセフの家に案内されます。やがて帰ってきたヨセフに、一同はひれ伏し、贈り物を差し出しますと、ヨセフは父の安否を尋ねます。そして実の弟ベニヤミンに「神の恵みがお前にあるように」と言うと、ヨセフは思わずこみ上げてきて、別室で涙を拭います。さて食卓だが用意されます。兄弟の順番どおりの席が用意されており、兄たちはびっくりします。ベニヤミンは皆のものより5倍の量が盛られました。一同は祝宴を楽しみました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記42章

 

創世記42章・・・・・・ヨセフの夢が現実になる
「ヨセフの兄たちは来て、地面にひれ伏し、ヨセフを排した。」42:6

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨセフが見た夢が実現しました。兄たちがヨセフにひれ伏したのです。また兄たちはスパイ容疑をかけられて窮地に立たされた時、ヨセフに悪いことをした報いだと思ったのでした。しかしそれらに対してヨセフは、兄を責めませんでした。ヨセフの「神を畏れる者」という告白どおり、すべては神がされたことだとヨセフは分かっていたのでしょう。
ヨセフのように、自分にとって良いことも、辛いことも、私に与えられたことはすべて神のご計画であることを信じたいと思います。良いことがあったときは、心から感謝し、辛いことも、神のみ思いの中の出来事と信じ、謙虚に受け入れたいと思います。

聖書要約
兄たち、エジプトへ下る
ヤコブの住むカナン地方にも飢饉が押し寄せ、食べるにも事欠く状態となりました。エジプトには食料があると聞いたヤコブはヨセフの兄たち10人に、エジプトへ食料を買いに行かせます。弟のベニヤミンは父と残りました。
兄たちはエジプトに着き、総理大臣で穀物の責任者の前にひれ伏しました。まさかヨセフとは思いもよりませんでした。ヨセフは兄たちと気付きますが、知らない顔をしました。そして兄たちにスパイ容疑をかけます。兄たちは自分達は正直な人間である事を弁明します。なおヨセフが厳しくスパイに決まっていると追求しますと、自分達は12人の兄弟でしたが、一人は失い、一人は父の元にいることを言いました。ヨセフは「わたしは神を畏れる者だ。お前たちが本当に正直者というなら、人質をひとり残し、食料を持って帰って、末の弟を連れてきなさい」と言いました。兄たちはヨセフの前で、自分達がヨセフが助けてというのも聞かず、穴にいれたことを思い出し、その報いだと話しました。兄たちはヨセフをエジプト人と思っていたので、話が筒抜けになっているとは思っていませんでした。それを聞いてヨセフは隠れて泣きます。ヨセフは兄たちをスパイ容疑で3日間牢屋に監禁しました。その後、シメオンが人質となり、食料を持って他の9人はカナンへ帰り、末のべニアミンを連れて来るように命じたのでした。そしてヨセフは食料袋に銀を入れて帰したのです。そのことで兄たちは恐れを倍増させます。カナンに帰って父ヤコブにいきさつを話すと、ヤコブはヨセフを失い、シメオンを失った。その上ベニヤミンまで失う事は出来ないと、ルベンの説得にも関わらず、ヤコブはベニヤミンを連れてエジプトに行くことを承知しませんでした

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記41章

 

創世記41章・・・・・・わたしではなく神が告げられるのです。
「わたしではありません。神がファラオの幸いについて告げられるのです」41:16

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨセフは17歳の時にエジプトに売られたので13年が経過していることになります。その間ヨセフの着ていたものはヨセフの置かれた状況を表しています
ヨセフが父から着せられた晴れ着は兄達に脱がされ血が塗られます。ポテファルの家では着ていた上着で冤罪に落とし入れれます。そして王から素晴らしい着物を着せられエジプトの大臣となります。しかし着ているものがどんなに変わっても、ヨセフにとって変わらないもの、それは神が共にいてくださることと、神の言葉を語るということでした。人生は山あり谷ありですが、どんな時でも変わらない所に立ち続けたいと思います。
二人の息子のマナセとエフライムがイスラエル王国を構成する有力な部族となります。

聖書要約
ファラオの夢を解く
40章の事件から2年が経ちました。ファラオが2つのよく似た夢を見て、心を騒がせます。それは七頭の太った雌牛を七頭のやせ細った雌牛が食い尽くす、そして実った七つの穂が実の入っていない七つの穂に飲み込まれるというものでした。魔術師や賢者が招集されましたが、だれも王を納得させる解釈をする者がいません。そんな時、給仕役はヨセフのことを思い出し、王にヨセフのことを話したのです。そこでヨセフは牢から出され、王の前に立ちます。そして「わたしではなく、神が告げられるのです」と言い、その夢の解き明かしをします。ヨセフの解き明かしは、7年の豊作の後、7年の飢饉が起るいうことで、神はそのことをすでに決行されようとしておられるということでした。そしてこれから豊作の7年間に、エジプトで食料ためておくことをヨセフは王に進言しました。
ヨセフの支配
それを聞いていた人たちは「このように神の霊が宿っている人がほかにあるだろうか」と言い、王はヨセフを総理大臣として任命したのです。ヨセフは亜麻布の衣服を着、金の首飾りをして、王の印章を授かるほどの信任を得るようになりました。そしてツアァフェト・パネア(神が語るので、彼は生きるの意)というエジプト名を与えられます。ヨセフ30歳の時です。また太陽神の祭司の娘アセナトと結婚して二人の息子を授かります。一人はマナセ(今までの苦労を忘れさせるの意)もう一人はエフライム(豊かな実りの意)と名付けました。そして夢のとおり、7年の豊作の後飢饉が始まりました。エジプと人のみならず、他の国からも穀物を買いにエジプトに来るようになったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記40章

 

創世記40章・・・・・・暗闇の向こうに
「ところが給仕役の長はヨセフのことを思い出さず、忘れてしまった。」40:23

くぅ〜ママのちょっと一言
夢見る少年と言われたヨセフですが、神から力を頂いて牢屋の中で夢の解き明かしをします。ヨセフの言うとおり復職した給仕役はヨセフの頼みをすっかり忘れてしまいます。ヨセフは牢から出してもらえなかったのです。しかし今回のこの夢の解き明かしが、後になって生かされるときがきます。ヨセフの失望のその向こうに、主は素晴らしいことを備えてくださっていたのです。ヨセフにはまだそれが分かりません。暗闇しか見えていなかったことでしょう。暗闇の向こうに光があるという希望をどんな時でも、持ち続けたいと思うのです。

聖書要約
夢を解くヨセフ
エジプトのファラオ王の給仕役料理役の二人が過ちを犯して、ヨセフのいる牢屋に投獄されました。ヨセフは二人の世話を任されました。幾日かが過ぎて、二人はそれぞれに夢を見ました。二人はその夢が気になって仕方ありません。ヨセフは「夢の解き明かしは神がなさることです。私に話してみてください」と言いました。給仕役の見た夢は「ぶどうの3本の枝に花が咲き、実がなりました。そのぶどう酒を私が王のワイングラスに絞って王に差出し、それを王が飲んでくださった」と言うものでしたが、ヨセフは「それは3日後に元の給仕役に戻されるという夢です」と解き明かししました。そしてヨセフは「もしそのようにもどの職にもどったら、王に冤罪で牢に入っている私を解放してくださるようにお願いして下さい」と頼みました。それを聞いていた料理役も見た夢を話しました。「頭の上に3つの籠があって、その一番上の籠に王のための食事が入っていたのだが、それを鳥が食べている」と言うのです。ヨセフは「それは3日後あなたは処刑され、鳥があなたの肉をついばむということです」と解き明かししました。
さて3日後、王の誕生日の席に二人は呼び出されました。そしてヨセフが解き明かしたとおりのことが起ったのです。しかし復職した給仕役はすっかりヨセフのことをすっかり忘れてしまったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】創世記39章

 

創世記39章・・・・・・主が共におられたので
「主がヨセフと共におられ、ヨセフがすることを主がうまく計られたからである」39:23

くぅ〜ママのちょっと一言
エジプトに売られ、やっと主人に認めてもらえたかと思うと、冤罪を着せられ、投獄されます。しかしその牢の中でも主がヨセフと共におられたのです。この章の中に4回「主が共におられたので」という言葉が出てきます。
主が共におられるという事はなんという幸いでしょう。
自分が今どのような状況に置かれていたとしても、たいした問題ではないのです(相当大変な事態であっても)。最も大切な事は、主が共にいてくださるかどうかということなのです。「死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。」(詩篇23:4)

聖書要約
ヨセフとポティファルの妻
ヨセフはイシュマエル人にエジプトに連れられて来られ、ファラオ王に仕える役人のポティファルの奴隷となりました。主がヨセフと共におられたので、何をしてもうまくいきました。ヨセフは主人のポティファルに家の管理を任されるようになりました。そのおかげでポティファルの家も主の祝福を預かることができ何事もうまくいきました。
ヨセフはたいそう容姿も美しく、ポティファルの妻が執拗に誘惑してくるようになりました。ヨセフは主人への忠誠と、神に対して罪を犯す事はできないと拒み続けます。ある日妻が思いを遂げようとヨセフの服をつかみましたが。ヨセフはそれを振り切って逃げます。その時上着が脱げてしまったのです。逆上した妻は大声を出して、ヨセフの上着を証拠にヨセフに冤罪を着せたのでした。夫にも「あなたが連れてきた奴隷が私に悪いことをしようとした」と告げ口をします。ポティファルは怒って、ヨセフを王の牢屋に入れてしまいました
 しかし主がヨセフを共におられたので看守に気に入られ、牢内の管理をヨセフに任せるようになります。神がヨセフと共におられたので、何をしてもうまくいったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |