<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【聖書】申命記12章

申命記12章・・・・・・礼拝の場所
「ただ、主があなたの一部族の中に選ばれる場所で焼き尽くす献げ物をささげ、私が命ずることをすべて行わなければならない」12:14

くぅ〜ママのちょっと一言
遊牧民族のイスラエルの民が約束の地に入り、定住して農耕を始めることになります。きっと分からないことばかりでしょう。そこで先住民からのしきたりややり方に学ぼうとすることが考えられますが、それをしてはいけないと主はおっしゃっているのです。また農耕の神は高台や木の下などどこにでもあるのですが、イスラエルの民は主が決められた中央の聖所で献げものをし、礼拝することが求められました。この章からは信仰と生活に関する規定が記されていますが、主と出会える礼拝の場所は中央聖所に限られていたのです。新約に生きる私たちにとって礼拝の場所はそれぞれの教会の礼拝堂であり、そこで週の初めの日曜日に礼拝を献げるのですが、もう一つの考え方は私たちが主に祈るその場所が聖なる礼拝の場所であるということです。台所でも物干しでもベッドの中でも、どこでもいつでも主と出会えることが出来るのです。

聖書要約
礼拝の場所
約束の地に入った時にあなたたちが忠実に守るべき掟と法です。その国の神々を徹底的に破壊しなさい。そしてイスラエルの民は主が全部族の中から選ばれた場所で礼拝を献げなければなりません。そこに行って焼き尽くす献げ物、いけにえ十分の一の献げ物などを主のみ前で食べ、すべてのことを喜び祝いなさい。ヨルダン川を渡って約束の土地に入ったら、家族、奴隷、町に住むレビ人と共に祝いなさい
犠牲の肉と血
献げ物は決められたところで献げるのですが、かもしかや雄しかのように献げられない獣を屠るように、動物を普通の肉として食べてもいいのです。しかしその血は食べずに地面に流しなさい。献げ物のときだけは町の中で食べてはいけません。主のみ前で家族、奴隷と共にレビ人を呼んで決められたところで食べなさい。領土が広がって決められた所が遠い場合も自分の町で自由に食べることが出来ます。しかしその血は断じて飲んではいけません。ただ主に献げる時は決められたところで屠らなければなりません。これらの事を行うならあなたも子孫も幸いを得ます。
異教の礼拝に対する警告
約束の地に入ったなら異教の神を滅ぼしなさい。先住民がどうしていただろうなどとは絶対に思ってはいけません。先住民がしていたことを真似てはいけないのです。彼らは息子や娘さえも火に投じて神に献げたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記11章

申命記11章・・・・・・恵みの雨に潤されて
「見よ、わたしは今日、あなたたちの前に祝福と呪を置く」11:26

くぅ〜ママのちょっと一言
主の言われている事は言葉としては本当に分かりやすいです。目の前には祝福と呪いが置かれているのです。さああなた方はどちらを取りますかと言うわけです。もちろん祝福をいただきたいです。それには主の戒めを守ることなのです。
神さまとの新しい契約に生きる私たちにはイエスキリストが十字架にお架かりになったのは私の罪の贖いのためであることを、信じれば⇒永遠の命が与えられ、信じなければ⇒永遠の滅び なのです。大変分かりやすいと思います。元々聖書は神から私に宛てられた手紙であり、どのようにしたら豊かな人生を送ることが出来るかが書かれています。そしてそこには永遠の命を信じることができる理由もちゃんと記されているのです。

聖書要約
主の御業
出エジプトを経験したあなたたちは(大人であった人は約束の地カナンに入れませんでしたが…)そのような経験をすることがない子孫とは違って特別な世代です。それは神の御業を直接体験しているからです。たとえば、エジプトを出るときの10の災いによってエジプトを出ることを主は可能にしてくださいました。紅海では水が分かれてイスラエルの民は紅海を歩いて渡ることができました。また荒野でモーセに逆らった者たちが主に裁かれて地に呑まれました。それらをあなたたちは見てきたではありませんか。あなたたちは戒めを守れば、約束の地に入り乳と蜜の流れる土地で長く生きることができるのです。エジプトでは水を足でくみ上げて耕作しましたが、エジプトでは恵の雨に潤されて作物が取れるのです。そこは主が年の初めから年の終わりまで、常に目を注いでおられる土地なのです。
祝福と呪い
主を愛し、心と尽くし、魂を尽くして仕えるなら祝福が用意されているのです。それは恵の雨、豊かな収穫、肥えた家畜、満足な食事が与えられます。しかし主を忘れ、他の神々に仕えるようなことがあれば、雨は降らず、大地は実りをもたらさず、土地は滅びるのです。ですから、主の戒めを心に留め、魂に刻み、しるしとして手に結び、覚えとして額に付け、子どもたちに教え、家に座っている時も、道を歩く時も、寝ている時も、語り聞かせ、戸口の柱にも門にも書き記しなさい
戒めをまもるなら、これから踏み込む土地はすべてあなた方に与えられます。あなた方の前に祝福と呪いを置くと主は言われるのです。シケムの聖所の南側にあるゲリジム山に祝福を、北側のエバル山に呪いを置くと主は言われたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記10章

申命記10章・・・・・・主は約束を果たされる
「…いまや、あなたの神、主はあなたを天の星のように数多くされた。」10:22

くぅ〜ママのちょっと一言
モーセの執り成しの祈りに応えて十戒が再交付されたことやレビが主に用いられるようになったことを回顧し、そして出エジプトの出来事、そしてあなたの子孫を浜辺の砂、星の数ほど増やすという約束を主が果たしてくださったことを告白しています。これら主の恵はイスラエルの人たちが子々孫々伝えていくべき信仰告白なのです。私たちの信仰告白は主が十字架上で人類(私)の罪を贖ってくださったことを中心とした出来事です。信じる者には祝福をあたえるという約束に希望をもちたいと思います

聖書要約
再び戒めが授けられる
主はわたし(モーセ)に言われました。「民の背信行為のためにモーセが打ち壊してしまった十戒が書かれ2枚の石の板と同じように、石を切って板を作り、わたしの元に来なさい。また木の箱をつくりなさい」と。わたしはアカシアの木で箱を作り、2枚の板を持って山に登りました。そこであなたたちに告げられた十戒を書き記してわたしに授けられました。それを持って山を降り、箱の中に納めたのです。その後アロンが死に、その子エルアザルが祭司の職を継ぎました。またレビ人は神の箱を担ぎ、神のための特別の仕事を言い渡されました。
神が求められること
神がイスラエルの民に求められている事は神の言葉に注意深く耳を傾け、神が与えてくださった戒めを守ること、神を愛すること、心を尽くし、魂尽くして主を礼拝することです。心をかたくなにせず、偉大な神を信じなさい。主はえこひいきもされないし、賄賂を取るようなお方でもありません。孤児や未亡人のために正しい裁きをし、外国人にも食べ物や衣服を与えられます。だからあなた方も外国人にも親切にしなさい。ただ神を畏れ、礼拝し、頼りなさい。エジプトに行った先祖はわずか70人でしたが、今や主の約束どおり星の数ほどに増やして下さったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記9章

申命記9章・・・・・・「あなたが正しいから」ではない
「あなたが正しいので、あなたの神、主がこの良い土地を与え、それを得させてくださるのではないことをわきまえなさい。」9:6

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨルダン川を渡るその日、モーセはイスラエルの民が土地を得たのは自分達が正しいからであったと思い違いをしないように、自己義認を戒める説教をしました。
自分がクリスチャンになって、主の救いに預かったのは自分が正しく、優れた者だったからではないのです。ただ主の哀れみに他なりません。取るに足らない者がクリスチャンとしていただいたと受けとめるべきなのです。義人(本当に正しい者)は1人もいません。唯一の義人は全く罪のない神の子イエスキリストだけです。その義人であるキリストが十字架にかかって死なれたのは、私が自らの罪のために十字架にかかる(裁かれる)身代わりになってくださったのだと信じるときに、私たちは神から義(正しい者)としていただけるのです。正しい者として頂き、神の子とされた者には、永遠の命と神の祝福が用意されているのです。

聖書要約
かたくなな民
いよいよ今日、あなたたちはヨルダン川を渡って川向こうの国々を征服する時がやってきました。そこには巨人族と言われたアナク人がいます。しかし主が焼き尽くす火となりあなたたちに先立って渡り、彼らを滅ぼすと言われます。しかし、それはあなた方が立派で正しいからではありません。他の国々の民が神に逆らうから神がそれらの民を滅ぼすのです。あなた方はむしろかたくなな民で、主に喜ばれるような民ではありません。わたし(モーセ)が十戒を賜るために40日40夜の間ホレブの山に登ったままになった時、あなたたちはわたしに代わる導き手として子牛の像を造り、主の怒りを招きました。わたしがアロンとあなたたちのために執り成したのです。そのほかも主に背いて、主を怒らせました。そのたびにわたしは「民を滅ぼさないでください」「あなたの僕、アブラハム、イサク、ヤコブとの約束を思い出して下さい」と、主に執り成しの祈りをしたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記8章

申命記8章・・・・・・主の言葉に従って生きる
「そうすれば、あなたたちは命を得、その数は増え、主が先祖に誓われた土地に入って、それを取ることができる」8:1

くぅ〜ママのちょっと一言
申命記に何度も出てくる主の勧告です。「の戒めを忠実に守りなさい。そうすればあなた方は命と幸い(祝福)を得ます」そしてこの章では、豊かになったときこそ主がして下さったことを思い起こして感謝しなさいと教えています。思い通りにならないことを抱えている時、また自分の力ではどうすることも出来ない問題を抱えている時の方が、主に近づいている自分を感じます。問題が解決し、順調なことが続くとなぜか自分が能力のある者のように思えて傲慢な気持ちになります。そんな時は主との間に隔たりがあり、神さまをぼんやりとしか感じなくなってしまうのです。なんと愚かなことかと思います。今日も生かされていることに感謝しながら日々を送りたいです。「人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きる」イエスキリストが悪魔の試みに遭ったときに引用されたみ言葉ですが、何よりも主の言葉に従って生きる者でありたいと思います

聖書要約
神の賜る良い土地
神の戒めを忠実に守りなさい。そうすればあなた方は命と幸い(祝福)を得ます。40年間の荒野での旅路を思い出しなさい。主はあなたたちを苦しみをもって試されました。それは民が謙遜になり、神の命令をどう応えるかを試されるためでした。ひもじい思いをした後、神がマナを下さったのは「人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きることをあなたに知らせるためであった」のです。それらの事は父が子のためを思って懲らしめるのとよく似ています。それが証拠に着物は古びず、足がはれることもなかったではないですか。主の戒めを守り、主の道を歩み、主を畏れることです。神は素晴らしい土地を用意してくださっているのですから。その土地は水が豊かに流れ、作物が豊かにとれ、何不自由がなく、鉄や銅が採れる土地なのです。
主を忘れることに対する警告
約束の地に入って豊かな生活をするようになっても主を忘れないようにしなさい。奴隷であったエジプトから導き出された事、荒野で水が与えられ、マナが与えられたことを。それはあなたを幸福にする為だったのですが、幸福になった時にそれは自分がしたことなのだと決して考えてはいけません。そのような時こそ主を思い起こしなさい。もし主を忘れるようなことがあれば、あなた方は必ず滅びます。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記7章

申命記7章・・・・・・ひ弱なものを愛される主
「あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他の度の民よりも貧弱であった。」7:7

くぅ〜ママのちょっと一言
聖戦とは滅ぼしつくさなければならない戦いで、大変残虐な戦いです。キリスト教には十字軍による侵略の歴史があり、これはキリスト教にとっては負の遺産と言えます。絶対にこのようなことがあってはなりません。復讐は主がされることですから、絶対に人が他の人の命に手をかけてはいけないのです。非核三原則を掲げる日本です。核の脅威が周囲に無いわけではありませんが、核の傘下から発言するのではなく、正々堂々と核のない世界、戦争のない世界、世界の平和を唱えていく国でありたいと思います。
神はイスラエルが強く数が多いから「宝の民」として選ばれたのではなく、最も貧弱だったからでした。正真正銘日本が核をもたないなら、そのひ弱さゆえに神は日本を滅ぼすような事はなさらないと確信します。

聖書要約
七つの民を滅ぼせ
イスラエルの民は約束の地を所有するにあたって、先住民である7つの民 ヘト人、キルガシ人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人を滅ぼさなければなりません。必ず滅ぼしつくさなければならない。いかなる協定も結んではならない。先住民と娘息子達が結婚するようなことがあってはならない。そして偶像を粉々にして焼き払わなければならないと主は言われました。
神の宝の民
あなた方、イスラエルの民は主の聖なる民、「宝の民」です。主があなた方に心を惹かれてあなた方を選ばれたのは「あなたたちが他のどの民より数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。」からです。神が愛された故に、エジプトの地で奴隷であった民を助け出してくださり、神にしたがう者に祝福をあたえようとされているのです。
恐れるな
戦う時には憐れみを掛けてはいけない、恐れてはいけない、うろたえてはいけない、金や銀に目が奪われて取ってはいけない、徹底的に滅ぼし尽くしなさい

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記6章

申命記6章・・・・・・主の教えを語り伝える
「…子供たちに繰り返し教え、家に座っているときも、道を歩くときも、寝ているときも起きているときも、これを語り聞かせなさい」6:7

くぅ〜ママのちょっと一言
神が私たちを愛する熱情に応えるためには「心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして主を愛する」ほかないのです。そしていつでもどんな時でもそのようにしなさいと教えています。そして我が子に主への信仰を伝えることの大切さにも触れられています。とは言え、信仰とは個人的に神と出会う必要がありますので、子どもといえども押し付ける事はできません。しかし自分の体の中で、犠牲もいとわず育てたわが子、自分の時間を惜しいとも思わないで育んだわが子、不調の時には自分が代わってやりたいと思い、失敗した時には自分のことのように胸を痛め、順調にやっている時にはありがたいこととだと思い、その成長や活躍を心から喜んでいる母として、なによりもわが子に神に従って生きることの素晴らしさをなんとしても伝えたいのです。押し付ける事はできませんので、日々祈るばかりですが…。

聖書要約
唯一の神
モーセは民に言いました。「もうすぐ約束の地に入りますが、そこに住むようになっても神から頂いたすべての戒めを守りなさい。そうすれば幸せに暮らすことができ、乳と蜜の流れる地で子孫をどんどん増やしていくことが出来ます。」そして「あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。これを子どもたちに繰り返し教、家の中でも、道を歩く時でも、寝ている時も起きている時も語り聞かせなさい。さらに手首や額付けたり、戸口の柱や門にも書き記しなさい」とモーセは勧めました。約束の地に入った暁には良いものはすべてあなた方のものになります。自分が作ったわけでもないのに、何もかも手に入ります。そのように不自由なく暮らせるようになっても主を忘れるようなことがあってはいけません。心から神に仕え、他の神に従うようなことがあっては絶対にあってはいけません。主は熱情の神ですから、そのような背信はお許しにはなりません。
主の命令を守ること
マサで不平を言ったように主を試してはいけません。主の戒めを守るならあなた方は幸いを得ます。
そしてもし子どもが「我々の神が命じられた掟とは何ですか」と尋ねたら次のように応えなさい。「エジプトで奴隷だった先祖を助け出し、この素晴らしい地に導いてくださった神がこの戒めを守り、神を大切にしなさいと言われたのだよ。そうすればすべてうまくいくんだよ」と。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記5章

申命記5章・・・・・・慈しみを与えようとしておられる主
「…わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には幾千代にも及ぶ慈しみを与える」5:10

くぅ〜ママのちょっと一言
荒野での40年の始まりに神から頂いた契約を、荒野での旅を終えようといている時にモーセは民に語りました。荒野での40年間はエジプトで身についた悪しき習慣に決別して、約束の地で神の“契約の民”として生きていくために必要な年月でした。そして今まさに約束の地を前に、またモーセがこの世を去る前にもう一度十戒を確認したのでした。
そして主の命じられた十戒を右にも左にもそれずに生きることが命と幸いを得ることなのだと語られたのです。
十戒の中で気付くことがあります。それは熱情の神は、私を憎む者を呪うと書かれていますが、但し3,4代にわたってなのです。それに対して神は神を愛する者には恵を与えられるのですが、それは千代に及ぶとのこと。なんという愛に満ちた神様かと思います。それにもまして、新約において神は、十戒を守ろうとしても守りきれない人類に対して、御子イエスキリストを与えてくださるという大きな愛を示してくださいました。それは私たちの罪のためにイエスキリストは十字架に架かられたことを信じることによって、神の子となることが出来、永遠の命を頂くことができるという大いなる恵なのです。

聖書要約
十戒
モーセはイスラエルの民を呼び集めて言いました。シナイ山で神が我々の先祖と結ばれた契約は、今も存続しています。すなわち、神は今ここにいる我々すべての民と契約を結ばれたのです。
主は次のように言われました。「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」と。そして10の戒めをお与えになりました。
1・わたしをおいて他に神があってはならない。2・いかなる像を造ってはならない。神は熱情の神なので、わたしを憎む者は3、4代に亘って呪う。しかしわたしを愛し、命令を守る者は千代のちまで恵みを与えよう。3・実行できないような誓いを神の名によって誓ってはならない。4・安息日を守ってこれを聖としなさい。5・父と母とを敬いなさい6・殺してはならない 7・姦淫してはならない 8・盗んではならない 9・うそをついてはならない 10・隣人の妻に欲情を燃やしたり、人の持ち物をねたんだりしてはならない これらのことが書かれた2枚の石の板をわたし(モーセ)は神から授かったのです。
神の言葉を取り次ぐ者
我々の先祖はこの法律を暗雲が立ち込めるシナイ山で頂いたのですが、民たちは恐れをなして「私たちはこれ以上神の言葉を聞くことができません。あなたが代表で聞いてきてください」と言いました。主もそれを認めてくださったので、私(モーセ)は神から十戒を頂き、そして民に伝えたのです。「あなたたちは、あなたたちの神、主が命じられたことを忠実に行い、右にも左にもそれてはならない。そうすればあなたたちは命と幸いを得、あなたたちが得る土地に長く生きることができる。」と。

| comments(1) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記4章

申命記4章・・・・・・熱情の神だから
「あなたの神、主は焼き尽くす火であり、熱情の神だからである。」4:24

くぅ〜ママのちょっと一言
4章からはモーセの説教が書かれています。モーセはホレブの山で主から賜った十戒を、約束の地に入ってからも守るように、そして子々孫々まで語り継ぐように命じました。しかし、イスラエルの歴史は主への背信の連続でした。十戒のすべてを守るのは大変なことですが、主が求められている中心的なことは「主こそ神であって、ほかに神はいない」ということあり、日々の生活の中で主が共にいてくださるということに常に立ち返ることが私たちに求められていることなのです。

聖書要約
モーセの勧告
わたし(モーセ)が教える神から与えられた掟と法を守りなさい。守ることによって命を得、約束の土地が与えらます。そして教えられた十戒に言葉を何一つ加えることも減らすこともしてはいけないのです。異教の神に従った者は滅ぼされましたが、主に従ったイスラエルの民は守られています。そしてこの十戒は約束の地カナンに入ってから行う為のものなのです。諸国の民は十戒に従っている我々を見て、知恵があり、賢明な民と言うでしょう。また主がして下さったことを子や孫たちに語り継ぎなさい。主が火の中からあなたがたに語られ、2枚の板に書かれた十戒が与えられた時に主がそのようにお命じになったのです。
偶像礼拝に対する警告
主がホレブの山で主が語られた時、何の形も見えなかったように、神の像を絶対に作ってはいけません。どんな形であっても造ってはいけないのです。わたし(モーセ)はヨルダン川を渡ることはできません。主に対してあなたがたが従わなかったことで、主はわたしに対して怒られたのです。もしあなた方が約束の地に入り、そこに定住して偶像を作り、主を忘れることがあれば主はお怒りになるでしょう。そして必ずあなた方を滅ぼされます。しかしあなたがたが主に立ち返るなら、主は先祖に誓われたあなた方との契約を忘れられることはありません。天地創造のときから今までに我々に主がしてくださったこと、また奴隷の地から救い出してくださったことによって、主こそ神であり、ほかに神はないということを示されたのです。これから主が与えて下さる地で子々孫々幸せに暮らしたかったら、今日私が与える掟と戒めを守りなさい。
逃れの町
モーセはヨルダン川の東に3つの逃れの町を作るように命じました。過って人を殺害した時に逃げ込むことが出来るようにするためです。
律法のまえがき
以上の事はヨルダン川の東のベテペオルの谷でモーセが語ったことです。その後、ヨルダン川の東にすむ二人の王の国を占領し、ヘルモン山(シホン)からヨルダン川の東、ピスガの裾野まで征服していったのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】申命記3章

申命記3章・・・・・・使命の終わりに際して
「もうよい。この事を二度と口にしてはならない。」3:26

くぅ〜ママのちょっと一言
モーセの「私も約束の地に行きたい」という祈りに対して、主の答えはNOでした。モーセはピスガの頂きで、40年の歳月を掛けて目指した土地を見渡しましたが、その土を踏む事はできないのです。その上で主は「後継者のヨシュアを励ましてあげなさい」と声をかけておられます。このところを読むといつも「モーセの心中は如何に」と思うのです。モーセの生涯は120歳、目もかすまず、活力もうせていなかったと申命記の最後の章に書かれています。約束の地の征服への意欲がまだまだあったのかもしれません。同様のことが私にも起るかもしれません。もし主が「この地上でのあなたの役目は終わったのだよ」と言われた時、やり残したことへの残念さを、天国に行くことの希望に、すぐに切り替えることができるように心の準備をしておきたいと思います。そのためにも生かされている間は精一杯生きていこうと思うのです。モーセは死を前に、今民が滞在しているベトペオルの谷に至るまでの出来事を回想して語っています。私も終焉を迎えた時に、主の恵みを回想して感謝な時を過ごしたいと思います。

聖書要約
バシャンの王オグとの戦い
われわれ(イスラエルの民)が次に行ったのはバシャンの王オグ国でした。オグ王は迎え撃とうと戦闘の準備をしています。主は「恐れてはならない。彼らもシホン王同様にあなた達の手に落とす」とおっしゃいました。その通りイスラエルが勝利でした。エモリ人の二人の王を倒したイスラエルはヨルダン川の東に広がるアルノン渓谷からヘルモン山までの全域を占領したのです。バシャンのオグ王はレファイムの最後の生き残りでした。彼が使ったベッドが保管されているのですが、鉄製で長さが4m半、横が2mもあったとのことです。
ヨルダン川東岸地方の割り当て
この占領した地域をルベン族とガド族とマナセ族の半部族に与えられました。
進軍の命令
土地が与えられた部族に対してモーセは「同胞の先頭に立ってこれからの戦いに参加しなさい」と命じました。妻子は与えられた土地に留まることが許されました。そしてヨルダン川の西側でも同胞達に土地が与えらるまでともに戦うように命じたのです。ヨシュアに対してもモーセは「二人の王にされたようにこれからも主が共に戦ってくださるから恐れてはいけない」と言いました。
モーセの願い
モーセの「自分も約束の地に行かせてください」という祈りに対して、主は「お前はこのヨルダン川を渡っていく事はできない。ピスガの頂きに登って東西南北をよく見ておきなさい。そしてその地を征服するヨシュアを力づけ、励ましてなさい」と言われたのでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |