<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【聖書】レビ記10章

レビ記10章・・・・・・聖と俗、清いものと汚れたものを区別する
「あなたたちのなすべきことは、聖と俗、清いものと汚れたものを区別すること、…。10:10

くぅ〜ママのちょっと一言
このような記事がここに書かれている理由の一つは、「私に近づく者によって私の聖さを現し、すべての人々の前で栄光を現す」と書かれているように、主が聖なることを私たちは厳粛に受け止めなければならないということだと思いますが、注解書を見てみますと、三男四男のエルアザルとイタマエルが正当な祭司の家系であることが原因の出来事を示すということが背景にあったようです。また祭司の役割を主から直接、アロンに言い渡された記述も特記すべきことだと思います。また最後のアロンとモーセのやり取りは、祭儀執行は色々と難しい判断を求められる場面もある事を伺わせているようです。
二人の死体をアロンの従弟が宿営の外に出したと書きましたが、注解書や他の聖書にはそのように記載されている方が多いのでそのようにしました。(新共同訳聖書ではアロンの子どもの従弟になっています)どちらにしても、祭司であるアロンの家系の者は規則として死体を触ることが出来なかったのです。
 この10章の発端である聖なるものを汚したことは、私たちの信仰生活の中でも気をつけたいことだと思います。それは聖なる働きに反するような事はしてはいけないということです。聖霊の流れを止めてはいけないのです。聖なる働きに喜んで参与するものでありたいと思います。

聖書要約
祭司ナダブとアビブの違反
アロンの長男ナダブと次男アビブ神聖でない火を取って香をたいたので、たちまち主のみ前から火が噴出して、焼き尽くされてしまいました。モーセはアロンに神が「私に近づく者によって私の聖さを現し、すべての人々の前で栄光を現す」とおっしゃったのはこういうことなのだと言いました。そしてモーセはアロンのいとこを呼び、祭服を着たままの二人を宿営の外に運び出しました。そして三男エルアザルと四男イタマエルに髪を乱したり、服を裂いたりして悲しんではいけないと言いました。そんなことをしたら、あなたたちまで主の裁きを受けるばかりか、民にまで及ぶと。そして神が直接アロンに次のようにおっしゃったのです。あなたやあなたの子が祭司として成すべき事は、強い酒を飲んで幕屋に入ってはいけないこと。祭司の役目は人々に正しい判断を下すこと神聖なものと俗なるものと、きよいものと汚れたものを区別すること。そしてモーセに与えたすべての掟を人々に教えることであると。
モーセはアロンと生き残った三男と四男にもう一度献げ物の規定を話しました。その時、モーセは贖罪の献げ物を聖所で食べなかったことに気付いて、アロンをとがめました。するとアロンは二人がこのように死んだ日にいけにえの肉を食べても主はお喜びにならないだろうとモーセに言いました。それでモーセは納得したのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記9章

レビ記9章・・・・・・主の栄光が現れた。
「彼らが出てきて民を祝福すると、主の栄光が民全員に現れた。」9:23

くぅ〜ママのちょっと一言
アロンが初めての献げ物を民の前で執り行ったとき、一同は神の栄光を拝しました。「栄光」とは別の言い方をすると「神の重々しい臨在」と学んだことがあります。私は栄光とは神が人間の世界に両手を広げて関わって下さっておられることではないかと思うのです。バッハの楽譜の最後には「SDG」の3つの文字が記されています。それはSoli Deo Gloria「ただ神の栄光のために」の意味です。また聖書にははっきりと、私たちの生きる目的は「ただ神に栄光を帰すため」であると書かれているのです。(汽灰螢鵐10:31)それは両手を広げて関わろうとしてくださる神の臨在を感じて生きることではないかと思うのです。その時、民が喜びの声を上げたように、心にこの世では得られない喜びを頂くことができるのではないでしょうか

聖書要約
アロンによる献げ物の初執行
7日間の祭司の任職式が終わり、8日目にモーセはアロンとその子らと長老たちを集め、アロン自身と祭司たちのため、そして続いて民たちのために献げ物を、民の前で行いました。
まず、アロンと祭司達のために贖罪のための献げ物と、焼き尽くす献げ物を献げました。(ほぼ規定どおりですが、ここでは贖罪のための献げ物の時に血を幕屋の中に入れていません。)
次に民のための贖罪の献げ物、焼きつく献げ物、和解の献げ物、そして穀物の献げ物それに朝の焼き尽くす献げ物が献げられました。(贖罪の献げ物は雄牛ではなく雄山羊であることが、規定とは異なりますが、それ以外は規定どおりの方法でアロンによる初めての献げ物が執行されました。)
アロンの祝福
アロンは手を上げて民を祝福しました。
その後モーセとアロンは幕屋に入り、やがて出てきた二人は一同を祝福しました。その時神の火が下り、祭壇のいけにえと脂肪を焼き尽くしたのです。神の栄光を見た一同は喜びの声を上げ、み前にひれ伏しました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記8章

レビ記8章・・・・・・完全に聖別されるために
「今日執り行ったことは、あなたたちのために罪を贖う儀式を施行させよという主のご命令によるのである」8:34

くぅ〜ママのちょっと一言
祭司制度の始まりがどのようなものであったかを見ることが出来ます。
祭司の任職式の様子が書かれており、ここで初めて献げ物が献げられます。この任務式は7日間執り行なわれ、7日間をもって祭司が完全に聖別されるということを意味します。新約の今では、「万人祭司」といわれ、だれでも直接神との交わりに生きることができます。マルチンルターによる宗教改革でカトリックと袂を分かった要因の一つがこの「万人祭司」という考え方でした。イエスキリストの十字架によって至聖所の幕は裂かれ、すべての人がイエスキリストを通して、神に直接祈ることができるようになりました。7日間を要した任職式でしたが、私たちは、ただイエスキリストの信仰によって、今すぐにでも神に自分の祈りを伝えることができるのです。

聖書要約
祭司の聖別の任職式
モーセはアロンとその子らに祭服、聖別の油、献げ物の雄牛1頭、雄羊2頭、酵母を入れないパン1籠を持って来させ、共同体の全員を幕屋の入り口に集めました。そこでアロンとその子らを水で清め、祭服を着用させました(ウリムとトンミムとは神に訪ねる時のくじやサイコロのこと)着用を終えたアロンに油を注ぎ聖別しました。
その後まず、贖罪の献げ物の雄牛をアロンに引いて来させ、アロンとその子らが牛の頭に手を置きます。その牛をモーセが屠り、規定どおり祭壇に献げました。
次に焼き尽くす献げ物です。これも規定どおりすべて焼き尽くす献げ物としました。
最後に任職の献げ物です。モーセが屠った後、その血をアロンとアロンの子らの右の耳、右手の親指、右足の親指に塗りました。さらにモーセは聖別の油と祭壇の上にある血を取って、アロンとその子らの祭服に振りまいて、その祭服を聖別しました。
その後(祭服を脱いで)幕屋の入り口でモーセの取り分の胸肉と祭壇に献げた物以外のもので食事をしました。その後7日間は幕屋を離れないで贖罪の献げ物が献げなければなりませんでした

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記7章

レビ記7章・・・・・・民を守るための施行細則
「しかしこの残りの肉は三日目には焼き捨てねばならない」7:17

くぅ〜ママのちょっと一言
焼き尽くす献げ物、穀物の献げ物、贖罪の献げ物に引き続き、7章では賠償の献げ物、任職の献げ物、和解の献げ物について祭司の取り分などについて書かれています。
祭司が食べてもよい献げ物の中で、その日の内に食べなければならないものと、翌日まで残しておいて良いものがあります。しかし3日以降は食べてはいけませんでした。おそらく腐敗したものを食べることがないようにという意味もあったのかもしれません。割礼も主の民である印という大切な意味はもちろんですが、荒野での旅で不衛生にならないようにという意味もあるのかもしれないと聞いたことがあります。これらの規則は民を縛り付ける為のものではなく、民を守る為のものと言えます。
今日において日曜に礼拝を守るという主の教えはなかなか難しいのは確かですが、主のみ前にひれ伏して謙虚な気持ちになることが人間にとって如何に重要なことであるかを主は示されているのではないでしょうか。ガリレオガリレイは「神なき知恵は、知恵ある悪魔を作る」と言いましたが、日曜礼拝は人間が謙虚さを失って、「自分さえよければ」、「自分こそが正しい」という思いから、大きな過ちを犯すことがないように、神が私たちを守る為に与えてくださったのかもしれません。

聖書要約
賠償の献げ物は血を祭壇の側面に注ぎかけること以外は贖罪の献げ物の場合とほぼ同じです。そしてどちらの献げ物も、屠られた動物は儀式を行う祭司のものとなります。焼き尽くした場合は皮が祭司のものとなります。また献げられた穀物はすべて祭司のものです。
和解の献げ物の施行規則
和解の献げ物は3種類、感謝の献げ物満願の献げ物随意の献げ物です。

感謝の献げ物の場合は献げる動物に加えて母を入れないパン、そして酵母入りのパンを添えますが、それは祭司のものとなります。献げ物は翌朝まで残しておいてはいけません。
満願の献げ物、随意の献げ物は翌日も食べても構いませんが、3日目までに残った物は焼き捨てます。礼拝規則で汚れた状態にあるものが、もし和解の献げ物食べたとしたら、その者は民から断たれます。また牛、羊、山羊の脂肪を食べてはいけません。野獣に殺された動物の脂肪は食用以外に使うことは出来ますが、食べる事はできません。血も食べることは禁じられており、もし違反したら民から断たれることになります。
祭司が受ける分の規定は、和解の献げ物の胸肉は一般の祭司のものとなり、右後ろ肢は儀式をした祭司のものとなります。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記6章

レビ記6章・・・・・・毎朝ごとに献げる
「朝、祭司は亜麻布の衣服を着け、亜麻布のズボンをはいて肌を隠し、…」6:2

くぅ〜ママのちょっと一言
ここでは1〜5章にかいてある献げ物を祭司がどのように取り扱うかについて、次の4つの献げ方の補足として書かれています。
イスラエルの民は朝夕祭壇の火が消えないように燃やし続けなければなりませんでした。「祭壇の火を燃やし続ける」という同じ言葉が2節と6節に繰り返し使われています。
そのために朝ごとに祭司は亜麻布の服を着て肌が見えないようにして、燃えかすをかき寄せて、別の服に着替えて宿営の外の清い場所に運び出すという作業をしました。毎日毎日その作業をし続けたのでしょう。
クリスチャンの信仰も毎朝ごとに祈ります。それは今日一日主の霊に満たされ、信仰に燃えて生活できるように心を整えるためです。祭司が毎朝し続けたように、私たちもまず朝一番の時間を主と向き合う時としたいと思います。教会学校の子どもたちには、体を起こすと同時に手を合わせて指を組んで、目を閉じて祈るんだよと話します。私の朝の祈りはまず、新しい朝を迎えられたことへの感謝、それから今日一日、助産院と教会に主のお導きがあるように、それから気になる人のことを一人ずつ名前を挙げて祈ります。最後に「今日も主の尊いご用のために、小さな者を清めてお遣わし下さい」と一日よいことが出来るように主の導きをお祈りします。

聖書要約
各種の献げ物の施行細則
焼き尽くす献げ物は朝夕献げますが、昼夜、夜通し火を燃やし続けます毎朝、祭司は、火が消えてしまわないように、亜麻布の衣服を着け、亜麻布のズボンをはいて肌を隠し祭壇の燃えかすを取り除き、薪をくべ、焼き尽くす献げ物を献げます。
穀物の献げ物オリーブのかかった小麦粉一掴みと乳香を祭壇で燃やします。残りは酵母を入れないパンにし幕屋の庭で食べなければなりませんでした。
祭司の任命式の日の穀物の献げ物については、朝夕に小麦粉をオリーブ油でこねてちぎった物を鉄板の上で焼きます。これは食べることはできず、完全に焼き尽くします
贖罪の献げ物は主のみ前で屠り、幕屋の庭で祭司が食べることが出来ました。献げ物を煮た時は土鍋は打ち砕き、青銅の鍋は洗い清めなければなりませんでした。但し、血を献げた場合(大祭司または共同体全体の罪の贖いの時)は食べる事はできませんでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記5章

レビ記5章・・・・・・心を込めて献げる
「貧しくて二羽の山鳩にも二羽の家鳩にも手が届かない場合は、犯した罪のために献げ物として小麦粉十分の一エファを携えて行き、贖罪の献げ物とする」5:11

くぅ〜ママのちょっと一言
献げられない人のために、その人の暮らしぶりにあった献げ物でよいということが書かれており、ほっとする気持ちになります。新約聖書においてもレプタ2枚(非常に少ない額)を献げたやもめを、その信仰ゆえに主は喜ばれました。主は形ではなく心を見られます。ですから、献げものの多さ少なさではなく、献げる者の心を主はご覧になるのです。また主の戒めを破ってないと思っていても、もしかしたら破ったかもしれないための献げ物についても書かれています(17節)私たちの祈りの中にも、「もし知らずに犯した罪があるなら、どうぞお赦し下さい」と付け加えたいと思うのです。

聖書要約
責めを負う4つの例について書かれています。それは証言を拒否した場汚れた動物に触れた場合、人の排泄物に触れた場合軽はずみな誓いをした場合です。まず罪の告白をして、雌の羊か山羊を罪を贖ういけにえとしてささげます。
もし貧しくてささげることが出来なければ、山鳩2羽か、家鳩2羽を祭司の下に携えていきます。1羽は贖罪の献げ物として祭壇に献げます。もう1羽は焼き尽くす献げ物として献げます。
もっと貧しい人は小麦粉10分の1エファ(2.3L)でもよく、燃やして贖罪の献げ物とします。
賠償の献げ物
賠償の献げ物は3つの場合があります。それは主に献げる奉納物を過って献げた場合、その罪を償うのに見合ういけにえとして、傷のない雄羊1頭と、その損害の賠償の献げ物として2割り増しの献げものをしなければなりません。また主の戒めを破った場合、それを知らなくても、相当額の無傷の雄羊を、賠償の献げ物としてします。
また友人の物を横領したり、着服したりした場合は、そのすべてに加えて2割増しにして返さなければなりません。さらに相当額の無傷の雄羊を賠償の献げ物として献げなければなりません。祭司が彼のために主のみ前で罪を贖う儀式を行うことで、責めを負ったことが赦されるのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記4章

レビ記4章・・・・・・過って違反した罪に対する献げ物
「これは過って主の戒めに違反し、禁じられていることをしてそれを一つでも破ったときの規定である」4:2

くぅ〜ママのちょっと一言
大祭司、イスラエルの共同体全体、共同体の代表、一般の人が過って犯した罪の贖いの方法が書かれています。大祭司と共同体全体の罪は大変重いので、献げるのは無傷の雄牛、そして幕屋の中に入って7度血を注ぎます。それでも他の二つと違って聖書には「罪がゆるされる」とは書かれていないのです。大祭司の過って犯した罪とは宗教儀式の方法の場合なのかもしれません。また共同体全体とは国家規模の罪ということになるのでしょう
主が働かれることに関する罪
国家単位で犯す罪は特別の罪であることを心に留めたいと思います。また、故意に犯した罪は償わなければならないのは当然ですが、このように気がつかずに犯した罪にも主は清算を求められていることにも心を留めたいと思うのです。そのような罪に対しても主は犠牲獣に罪を移して贖われる道を私たちに与えてくださいました。さらに主はイエスキリストの十字架による贖いの道を私たちに与えてくださったことを感謝したいと思います。

聖書要約
贖罪の献げ物
主はモーセに言われました。過って主の戒めに違反した場合の罪の贖いの献げ物についてイスラエルの民に告げなさいと。
大祭司が罪を犯した為に責めが民に及んだ場合の献げ物は無傷の若い雄牛です。まず幕屋の入り口に引いてきて、主のみ前で牛の頭に手を置きます。(これは罪を牛に移すための行為です。)そして屠ります。祭司は牛の血を取って、臨在の幕屋の中で主のみ前に7度血を振りまきます。(この行為は大祭司と次に書かれている共同体全体としての罪の場合のみ)そして臨在の幕屋の中にある、香を炊く祭壇の4隅に塗り、残りの血は焼き尽くす祭壇に注ぎます。血のほかは和解の献げ物と同様にしますが、皮や肉などは宿営の外の特別に清められた焼却場で焼きます
イスラエルの共同体全体が過って罪を犯した場合は大祭司の罪の贖いの方法とほぼ同じですが、皮や肉などは宿営の外に運び出し、個人の罪のためのいけにえと同様に焼きます。
共同体の代表が過って罪を犯した場合は無傷の雄山羊をささげます。祭司が彼のために罪を贖うと彼の罪は赦されます。
一般の人が過って罪を犯した場合は無傷の雌山羊、または雌羊をささげます。祭司が彼の犯した罪を贖う儀式をすることで彼の罪は赦されます。

 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記2章

レビ記2章・・・・・・主からの恵みの約束を忘れるな
「あなたの契約の塩を献げ物から絶やすな」2:13

くぅ〜ママのちょっと一言
酵母や蜜、また血はそれそのものに生命があると思われていたので、タブー視されていたようです。塩は腐敗を防ぎ食物を永続させる働きがあり、その永続性が契約と関連付けれられていました。塩は聖書の中では重要な役割として登場します。「あなた方は世の塩である」(マタイ5;13)「塩で味付けられた言葉を使いなさい」(コロサイ4:6)「人はすべて塩で味付けられねばならない」(マルコ9:49)レビ記の場合は契約を表すものとして用いられています。献げ物が形式にならないように、神との恵みの約束を思い起こし、神への心からの感謝をもって献げることを忘れないようにしなければならないと思います。

聖書要約

穀物の献げ物
穀物を献げる時は奉納者が上等の小麦粉オリーブ油を注ぎ、されに乳香を載せて、祭司の下に持って行きます。祭司はその中から一掴みと、乳香全部を取って祭壇で燃やします。その他のものはアロンとその子ら祭司のものになります。
小麦粉の料理の仕方は3つ、かまどで輪型か薄焼きにする。鉄板で幾つかのかたまりで焼く。平鍋で蒸し焼きにする。いずれも酵母や蜜を使ってはいけません。
但し収穫の感謝を表す初穂の献げものはそれらを使うことができます。その時は新穀を細かく砕くか焼くかして、それにオリーブ油と香料を加えます。祭司はその一掴みを全部の代わりに焼きます。
献げ物にはすべて塩で味を付けます。それは神との契約を思い出させるからです。

 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記3章

レビ記3章・・・・・・主のみ前での愛餐
「脂肪と血は決して食べてはならない」3:17

くぅ〜ママのちょっと一言
脂肪はもっともおいしい部分でしたので、主に献げます。また血や肝臓、腎臓も生命の中心とされ、主に献げられました。
和解の献げ物は、脂肪などを祭壇で焼いて主に献げた後、残りは奉納者と祭司が神の前で食べることが許されていました。神の前での会食は主との和解を意味します。食卓を共にすることは聖書にはよく出て来ます。最後の晩餐、カナの結婚式、ザーカイの家に行ったイエスは食卓を共にされたと聖書には書かれています。旧約聖書でも出エジプト記24章の主との会食は荘厳です。食卓を共にすることは心が通じ合い、心許せる関係を意味しています。教会では愛餐会といって、食卓を共にすることがよくあります。毎週礼拝の後の昼食や、クリスマスやイースターの時の食卓はすばらしいです。聖書の言葉に心満たされ、心こもったお料理でお腹も満たされて、教会からこの世に遣わされたいと思います。

聖書要約

和解の献げ物
和解の献げ物の場合は雄でも雌でも差し支えありませんでした。ただ無傷のものでなければなりません。奉納者が献げる牛を幕屋の入り口まで引いてきて、牛の頭に手を置きます。そして屠ります。祭司がそのを祭壇の周りに振り掛けます。それから内臓を覆う脂肪、腎臓と腰の脂肪と肝臓の一部を取ります。それらをアロンの子らが焼き尽くす献げ物の上に置き煙にします。
の場合もほど同様ですが、尾骨の所の脂肪について特に記されています。
山羊も牛を同様の方法で献げます。脂肪はすべて主のものです。
「脂肪と血は食べてはならない」これがイスラエルの永遠の法律です。

| comments(1) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】レビ記1章

レビ記1章・・・・・・宥めの献げもの
「これが焼き尽くす献げものであり、燃やして主にささげつ宥めの香りである。」1:17

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルには祭司の働きをするレビ族がいましたが、このレビ記は彼らが祭司として勤めるためのハンドブックとして書かれたものと言えます。現代のような形になったのは、イスラエルの民がバビロン捕囚から帰還した後とのこと。このようにまとめられた目的の一つは、国家崩壊の危機にあたり、口伝で伝えられてきた法習慣が失われるということが危惧されたこと。二つめは神の戒めは今も有効であり、忠実に守れば、再建国家の土台になるといことがありました。構成としては機1から7章)犠牲に関すること。供8から10章)祭司の制度について。掘複隠韻ら16章)汚れとその処置について。検複隠靴ら26章)神聖法集。后複横珪蓮補足です
主要な思想は「聖」ということ。そのモットーは「わたしは聖なる者であるから、あなたたちも聖なる者となりなさい」ということです。またここに書かれている焼き尽くす献げものは汚れた人間と聖なるかみとの交わりを可能にするためのものと考えられます。
現代のわたしたちは私たちの罪のためにいけにえとなられたイエスキリストの十字架の贖いを信じることで罪赦された者となることができます。なんという恵みでしょうか。

聖書要約
焼き尽くす献げ物
主は幕屋から焼き尽くす献げ物についてモーセにお話になりました。
主への献げ物は傷のない雄の牛か羊か山羊または山鳩、家鳩とします。
 牛の場合の献げ方は、まず奉納者が牛を幕屋の入り口に引いてきます。そこで牛の頭に奉納者が手を置きます。これは奉納者の罪をこの牛に移して贖いをするためです。
奉納者は自らいけにえの牛を殺します。祭司はその血を天幕の入り口にある祭壇の四つの側面に振りかけます。奉納者が牛の皮をはぎ、体を各部に分割します。祭司は祭壇に薪を整え、火をつけて各部と頭と脂肪をその上に置きます。奉納者が内臓と四肢を水で洗うと、祭司はそれも祭壇で燃やします。これが焼き尽くす献げ物で、燃やして主に献げる宥めの香りです
 羊と山羊の場合も牛の場合とほとんど同じですが、屠る場所が牛は主のみ前ということで祭壇の東側、羊と山羊は祭壇の北側で殺します。
 鳥の場合は殺すのは祭司で、血の量が少ないので、そのまま祭壇の側面に搾り出します。餌袋とその中のものは灰捨て場に捨てます。それから翼と胴を引き裂きますが、ばらばらにせず祭壇に置きます。

| comments(1) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |