<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【聖書】歴代誌上9章

歴代誌上9章・・・・・・帰還の意味
「彼らは神殿の職務について有能な人々であった。」9:13

くぅ〜ママのちょっと一言
1章から始まった系図は9章で終わります。そしてサウロの記事に進みますので、9章の最後にサウルの系図がもう一度書かれているのでしょか。
この章の最初に囚の民となった理由が「偶像礼拝の罪による」と書かれていますが、それならば帰還の理由はなんでしょう。主はペルシャのクロス王を用いて不思議な方法で帰還の道を開かれるのですが、最初に帰還を果たした祭司の数の多さを見るにつけ、主の栄光を表すということがエルサレムに帰還の道を開かれた理由だと思うのです。
私たち一人ひとりも主が置いてくださったところで懸命に生きているのですが、そこに存在する理由がそれぞれにあるはずです。その理由を受け止め、そこで精一杯主から賜った役割を果たしたいと思うのです。

聖書要約
捕囚期の後、エルサレムに住んだ者
ユダの国民は偶像礼拝の罪により、バビロンに捕虜として連れて行かれました。
その後、最初に帰還を果たしたのは、イスラエルの諸部族の家族と祭司とレビ人、神殿奉仕者でした。そしてエルサレムに住んだものはユダの一部690人ベニヤミンの一部956人エフライムとマナセの一部でした。
祭司はアザルヤなど1760人が帰還しました。
レビ人の中にはシャヤがいます。メラリの子孫です。またエルカナの孫、アサの子のベレクヤもいます。
その他のレビ人としてコラ家のシャルムは門衛の任務につきました。エルアザルの子ピネハスがその職務に最初に着きました。主が彼らと共におられたからです。門衛は系図を元に選ばれ、誠実さを買われて任命を受けた者たちでした。1週間交代でその任務に当たりました。宝物庫の責任を負う者、神殿の警備をし、扉を毎日開く者祭儀用具の責任者、香料の調合は祭司の仕事でした。ケハト一族が供え物のパンを焼く責任を負いました。また詠唱者は祭司室に留まり、他の任務は免除されていました。
ギブオンに住んだサウロの家系の人たちでした。(前章と同じ)

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上8章

歴代誌上8章・・・・・・子の名前に見るサウルの信仰
「…サウルにはヨナタン、マルキ、シュア、アビナダブ、エスバアルが生まれた。」8:33

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルの初代の王であるサウルの系図が書かれています。サムエル記上9章に「ベニヤミン族に一人の男がいた。名をキシュといい、家系をさかのぼると…勇敢な男であった。彼には名をサウルという息子があった。美しい若者で、彼の美しさに及ぶ者はイスラエルにはだれもいなかった。民のだれよりも肩から上の分だけ背が高かった」と書かれていますが、その遡っての系図とまたサウルの子孫の系図が書かれています。中でもサウルの子どもたちの名前の意味が興味深いのです。ヨナタンは「主なる神の賜物」マルキ・シュア「我が主なる王は救い」アビナダブ「我が父は高貴」エシュバアル「バアルはいます」なのだそうです。サウルは素晴らしい容姿であったことが書かれていますが、それよりも長男と次男につけた名前のように主への信仰の厚きサウルであったことが分かります。しかし3男からは主に栄光を帰すのではなく、自分への賞賛に変わっています。4男に至っては異教の神バアルを讃美する名前になっているのです。主から見離されてからのサウルは悲惨な生涯を終えます。厚き信仰を保ち続けることの如何に難しいことかと思います。

聖書要約
ベニヤミンの子孫−もう一つのリスト
ベニヤミン族の系図の内、ベニアミンから孫までの名前が挙げられています。
エフド(ベニヤミンとの関係は不明とのこと)はゲラからマナハトに移住しました。
シュハライムの家系の家長が列挙されています。エルサレムに住んでいたとのこと。
ギブオンとエルサレムに住んだベニヤミン族がおり、ネルの子はキシュ。キシュの子がサウルです。サウルの系図はヨナタン、メフィボシェテ、ミカ、アハズ、エホアダ、ジムリ、モツァ、ビヌア、アツェル。アツェルの兄弟エシュクのこどもがウラムで、ウラムには150人の子供と孫がました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上7章

歴代誌上7章・・・・・・系図の中に見る悔い改め
「彼は名をベルアと付けた。その家が災いのさなかに(ベラア)あったからである。」7:23

くぅ〜ママのちょっと一言
マナセとエフライムはヨセフの子供です。そのマナセからモーセの後継者である、ヌンの子ヨシュアが生まれます。ヨシュアの系図をたどると、ヨセフ、エフライム、ベリア、レファ、レシェフ、テラ、タハン、ラダン、アミフド、エリシャマ、ヌン、ヨシュアと続きます。ヨシュアの先祖ベリヤはその父エフライムが「災い」と名付けた子。ベリヤの二人の兄の罪を父は嘆き、悔い改めの思いを持って付けられた名前とのこと。名前が列挙されている中で、この盗みを働いた二人の出来事が書かれている意味を考えると、主は父の執り成しの祈りと悔い改めを聞かれ、罪を赦されたばかりか、その子孫を主の大いなるご計画のために用いられたのです。人類の罪の根源は自己中心です。日々その罪を思うにつけ、身が縮みますが、むしろ大胆に悔い改めて、主にみ前に自分を献げるものでありたいと思います。

聖書要約
イサカルの子孫
イサカルの子はトラ、トラからウジが生まれます。(3節のイズラフヤの子が4人しか書かれていないのに5人になっているのはイスラフヤを含めてウジの子の可能性があるとのこと)
ベニヤミンの子孫
ベニヤミンの3人の子供、ベラ、ベケル、エディアエルの家系。
ナフタリの子孫
ヨセフの側女ビルハが産んだナフタリとダンの内、ナフタリの系図。
マナセの子孫
マナセ、マキル、ギルアドに続く子孫の系図。
エフライムの子孫
エフライムの子の中にエゼルとエルアドがいますが、二人はガド(ペリシテ)で家畜を盗もうとして殺されてしまいます。エフライムは長い間嘆きました。そして次に生まれた子供にベリア(災い)と名付けます。エフライムの子孫の中にノン(ヌン)とヨシュアの名前が連ねられています。
アシュルの子孫
アシュルの子孫は抜きんでた勇士で、その多くが戦闘員として登録されていました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上6章

歴代誌上6章・・・・・・レビ族の役割
「…ダビデによって主の神殿で詠唱の任務に就けられた者は次のとおりである」6:10

くぅ〜ママのちょっと一言
レビの子孫の名とレビの仕事の内容とレビが与えられた居住地が繰り返し記されています。
ダビデの幕屋の時代には詠唱者が神の箱のみ前で讃美の奉仕をしていたことが書かれています。ダビデは竪琴を奏でることができることから推測すると特別に音楽を愛したのかも知れません。音楽は主のみ名をほめたたえ、主に栄光を帰すすばらしい方法です。バッハが楽譜にかいたSDGソリデオグローリアは「ただ主に栄光があるように」というバッハの思いを表しています。私たちも私たちの礼拝での讃美や聖歌隊の讃美、ゴスペルを通して主をほめたたえます。ゴスペルフラは体を使って主をほめたたえる讃美です。全身を使って情熱をもって主に讃美をささげることも素晴らしいと思います。

聖書要約
レビの一族
レビの子であるゲルションとケハトとメラリの系譜です。ケハトの子孫はエルカナまで続いた次に、サムエルが名を連ねます。
詠唱者
神の箱がダビデ王によって安置されてからソロモン王が神殿を築くまでの間、詠唱者が幕屋におかれました。ケハトの子孫へマンを中心に右側がゲルションの子孫のアサフ、左側がメラリの子孫のエタンが立ち詠唱したのです。その他幕屋の仕事はレビの子孫が任務に就きました。中でもアロンの子孫は祭司の務めにつきました。
レビの居住地
レビの為の居住地です。ケハトの子孫の中でもアロンの子孫の居住地、アロン以外のケハトの子孫に10の町、ゲルションの子孫に13の町、メラリの子孫に12の町が与えられました。そしてもう一度詳しくケハト、ゲルション、メラリの居住地が補足されています。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上5章

歴代誌上5章・・・・・・神から離れた勇者たち
「彼らが神によって戦ったからである」5:22

くぅ〜ママのちょっと一言
ここに記されているルベンとガドとマナセの半部族はアッシリヤの捕囚の民となります。そして帰還を果たせず、部族は消滅してしまいます。しかしこの部族もかつては主に信頼して生きていっていた部族である事が書かれています。神の側に立って戦うときに味わう主の勝利は格別だろうと思います。そのように生きていた部族でしたが、子孫は主から離れ捕囚の民となってしまいます。
主による勝利を忘れないようにしたいと思います。どんなに困難を極める状況にあっても、主による勝利を信じて、主から離れないことだと思います。

聖書要約
ルベンの子孫
ルベンはイスラエルの長子でしたが、父の妻と床を共にしたことにより、長子の権利をヨセフに譲らねばなりませんでした。長子の権利はヨセフでしたが、一番有力な部族はユダでした。ルベンの子孫が記されていますが、ヨエルとルベンとの関係は不明だそうです。彼らはハガル人との戦いに勝って、ギレアドの東の全域に天幕を張って住みました。
ガドの子孫
ガドの子孫はルベンの子孫に向かい合ったバシャンの地、そしてギレアドからシャロン、の隅々にまで住むようになりました。
ルベンとガドとマナセの半部族の精鋭の兵士たちはハガル人たちと戦いました。彼らは主にひたすら信頼していたので、祈りが聞かれ敵を倒すことができました。彼らは神によって戦ったので勝利しました。
ヨルダン川東のマナセの子孫
ルベンとガド共に戦ったマナセの半部族の系図です。彼らは名高い勇士でしたが、先祖の神に背き、他の地の神々を慕ったため、主がアッシリアの王の心を動かされ、捕囚の民とされます。ガドとルベンも共に連れ去られます。そしてこの部族が帰還したという記録はありません。
レビの子孫−大祭司の系譜
レビの子はゲルション、ケハト、メラリです。その中のケハトの系図が書かれています。その中にはアロン、モーセが名を連ねます。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上4章

歴代誌上4章・・・・・・苦しみによって生み出された者
「母は「わたしは苦しんで産んだから」と言って、彼の名をヤベツと呼んだ」4:9

くぅ〜ママのちょっと一言
4章は大きく分けると1節から23節までがユダの子孫について。そして24節から最後までがシメオンの子孫について書かれています。
2章でも同じ名前と系図が出てきました。9節のヤベツも2章55節では土地の名前として出てきますが、おそらくその町に創立者のヤベツの名前がつけられたとのことです。ヤベツは兄弟から尊敬されていました。お母さんが産む時に大変苦しみを味わったことからヤベツ(苦しみ)と名付けられます。ヤベツは主に次のように祈りました。「どうか私を祝福して、私の領土を広げ、御手が私と共にあって災いから私を守り、苦しみを遠ざけてください。」と。主はその祈りに答えられたと書いてあります。
クリスチャンもイエスキリストの十字架の苦しみによって生み出された者であることを思うときに、その命に感謝し、そして主に祈る者でありたいと思います。その結果、尊敬に値するような者でありたいと思いますし、主に祝福され主が共にいてくださることによって、領土が広がり、災いから守られ、苦しみを遠ざけられていただけることを信じて、心から喜びたいと思います。

聖書要約
ユダの子孫−もう一つのリスト
ユダの子ショバルの系図として、レアヤ、ヤハト、アフマイ、ラハトと続きます。彼らがツォルアの氏族です。またエタムの子孫、フルの子孫、アシュフルの子孫がいました。ヤベツは兄弟の中でも尊敬されていました。ヤベツは主に「祝福して領土を広げてください。御手がわたしと共にあって、災いと苦しみから守ってください」と祈り、主は聞き入れられました。シェハの兄弟、ケルブの子孫はレカの人々。ケナズの子孫は職人でした。…ユダの子シェラの子孫は亜麻布の仕事をする家の氏族でした。ヨアシュとサラフは焼き物師でした。
シメオンには5人の子がおり、末子のシャウル(サウル)の系図をたどるとシムイにいたります。彼らの居留地はダビデが王となるまで彼らの町でした。彼らの家系は非常に大きく、牧草地を求めて拡散していきました。シメオンの子孫の内500人はセイルの山に向かい、アマレクを倒してそこに住みました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】ダビデの系図・歴代誌上2章

歴代誌上2章・・・・・・ユダ、ベレツ、ラム…そしてダビデ
「ユダの嫁タマルはユダの子べレツとゼラを産んだ」2:4

くぅ〜ママのちょっと一言
 沢山の名前が出てきて混乱を起こしそうですが、2章の中心人物はイスラエルの12人の子供の中のユダ。そしてそのユダとタマルの間に生まれたラムの系図です。ラムの子孫としてダビデが生まれ、またその子孫としてイエスキリストが誕生します。18章以下はラムの兄弟のカルバイ(カレブ)とエラフメルの傍系(主流ではない)の系図と言うことになります。
 創世記から出エジプト、レビ記、民数記、申命記、ヨシュア記、士師記、ルツ記、サムエル記、列王記とイスラエルの歴史を見てきましたが、歴代誌に書かれている系図の中の名前から、歴史上繰り広げられてきた出来事を思い出すことができます。歴史の流れは大河のように過去から未来へと続きますが、その大河を作り出しているのは私たち一人ひとりなのです。そしてオナンの出来事やユダとタマルのこと、アカル(アカン)の出来事などの記事を思い出すにつけ、歴史の中に主が介入されていることを知ることができます。

聖書要約
イスラエルの子ら

イスラエルの子ら12名
ユダの子孫
イスラエルの12人の子供の中のユダですが、ユダは5人の子をもうけます。内2人は息子の死後未亡人となったタマルとの子。その一人がヘツロン。そのヘツロンの子がエラフメル、ラム、ケルバイ(カレブ)です。
ラムの子孫
ラム、アミナダブ、ナフション(ユダの族長)サルマ、ボアズ、オベド、エッサイ、ダビデと繋がります。16節はダビデの姉妹の系図です。
カレブの子孫
ラムの嫡流の系図に対して、カレブの子孫が傍流の系図として書かれています。
エラフメルの子孫
同じくラムの兄弟であるエラフメルの子孫が傍流の系図として書かれています。
カレブのほかの子孫
カレブの孫のヘブロンの子孫にあたる諸氏族の系図が書かれています。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】歴代誌上1章

歴代誌上1章・・・・・・世界で最も壮大な系図
「彼らの系図は次のとおりである」1:29

くぅ〜ママのちょっと一言
 歴代誌は「日々の出来事」という意味を持ちます。内容はアダムからペルシャ帝国成立までを扱っています。列王記が預言者からの視点で書かれているのに対して、歴代誌は祭司の視点で書かれており、ダビデ王家の歴史と祭司を務めるレビの子孫の記録です。系図が続きますが、間が何世代も抜けているところもあり、大変選択的な系図の書き方がされていることと、傍系を先に書いて、嫡流(跡継ぎの系図)を後に書くという特徴があります。
 系図は9章まで続きます。それを3つに区切るとしたら、1つ目は1章のアダムからイスラエル(ヤコブ)2つ目は2章から8章の捕囚前までのイスラエルの諸部族について、そして3つ目が9章の捕囚の後にエルサレムに住んだ者たちについて書かれています。ここには出来るかぎり多くのイスラエルの諸部族が記載されているのだそうです。通常なら歴史を考える時に直系だけを追いたくなりますが、ここでは傍系の方をむしろを詳しく、しかも直系より先に書いているのです。神にとって不必要な人など誰一人いないということでしょうか。それは全ての人が歴史を作る主の大切な一人ひとりだというメッセージにも思えます。

聖書要約
アダムからアブラハムまでの系図
アダムから(カイン、アベル以下レメクの子)まで削除されてセツまで飛びます。アダムから7代目のエノク(死を見ずに天にあげられた)そして4節のノアに続きます。ノアの子供はセム、ハム、ヤフェトですが、5節からヤファトの系図、8節からハムの系図。ハムの子供のクシュの子のニムロドは地上で最初の勇士となったことが書かれています。11節にはペリシテ人に至るエジプトの氏族の系図。13節にはアモリ人、ヒビ人などのカナンの系図
そして17節でノアの長男のセムの系図となり、24章からようやくセムの嫡流であるセム、アルバクシャド、シェラ、エベル、ベレグ、レウ、セルグ、ナホル、テラ、アブラム(アブラハム)の系図が記されています。
アブラハムの子孫
まず傍系のイシュマエルの系図、34節からがアブラハムの嫡子であるイサクの系図が書かれていますが、まずイサクの子のエサウの系図が1章の最後まで書かれており、直系となったイスラエル(ヤコブ)については2章に入ってからの記述となります。
エドムの王
エソウはセイルの山地に住みエドム人となったのですが、その王の名が記されています。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下25章

列王記下25章・・・・・・エルサレムの陥落
「こうしてユダは自分の土地を追われて捕囚となった。」25:21

くぅ〜ママのちょっと一言
ついにエルサレムが陥落し、捕囚の民となりバビロンに連行されます。早い時期に連れて行かれたヨヤキン王はバビロン王の即位の際の恩赦として出獄を許されます。そして捕囚となった諸国の王の中でも異例の待遇を受けます。バビロンでユダの捕囚の民が居住した所からヤクキヌ(ヨヤキン)とその5人の王子が厚遇を受けたことを示す楔形文字文が発見されているそうです。主はダビデの末裔をこのようにして守られたのです。同じく主のご配慮により時を経てエルサレム帰還が成し遂げられることになるのです。
ダビデの死から始まった列王記上下はイスラエルに続きユダの陥落で終わります。預言者の戦いも空しくほとんどの為政者は主の言葉に耳を傾けることはありませんでした。今の時代も同じ轍を踏まないようにと願います

聖書要約
エルサレムの陥落
ゼデキヤ王の治世9年にバビロンはエルサレムを包囲し、その3年後、エルサレムでは食料が尽き、王と家臣たちが城壁に穴を開けて逃げようとした時に、王は捕らえられます。目の前で王子たちが殺ろされ、その後王は目をつぶされて足かせをはめられてバビロンに連れて行かれました。
その後、バビロンの家臣や親衛隊がエルサレムにやってきて、神殿、王宮、家屋を焼き払いました。城壁も壊され、貧民街に住む者だけが残され、後の者はバビロンに連れて行かれたのです。また神殿の青銅や金銀の祭具や調度品や柱に至るまでバビロンに持ち去られました。隠れていた祭司長やユダ軍の司令官、農民たち60名の者は殺されました。
ユダの統治者ゲダルヤ
ユダの地の総督としてバビロンの王はゲダルヤを立てました。イスラエルのゲリラ部隊の指導者達は皆ゲダルヤの下に集まってきました。ゲダルヤはバビロンに仕えるなら、あなた方はこの地平和に暮らせると言ったのですが、集まってきた中の一人であるイシュマエルがゲダルヤをはじめ総督の下にいた者たちを殺してしまったのです。バビロンの報復を恐れて、人々はゲリラ部隊の指導者達とエジプトに逃げていきました。
ユヤキンの解放
ユダの王ヨヤキンが捕囚となって37年目にバビロンの王エビル・メロダク即位の時にヨヤキンは出獄を許され、毎日欠かさずバビロンの王と食事を共にすることが出来ました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
【聖書】列王記下24章

列王記下24章・・・・・・ユダの滅亡
「その名をゼデキヤと改めさせた。」24:17

くぅ〜ママのちょっと一言
いよいよユダの滅亡のときがやってきました。ゼデキヤがユダ王国の最後の王となります。王とは言え、バビロンの圧力で立たされた王で、改名までさせられています。自分の名前を変えられるという事は人格を否定することであり、これほどの屈辱はないでしょう。しかしこのことから主の怒りの如何に大きかったかを知ることができるのではないでしょうか。
そのように思いながらわが身を振り返る時、私たちもユダと同様、罪のために断罪を免れない者である事を思います。その罪が赦されているのはひとえにイエスキリストが私の罪のために十字架に架かってくださったからなのです。十字架の上で負われた痛みや屈辱は本来私たちが追うべきことだったのです。

聖書要約
ヨヤキムが王であった時、バビロンのネブカドネツァルが攻めてきました。ヨヤキムは3年間服従しましたが、再び反逆しました。しかし主がユダを滅ぼすために、カルデア人、アルム人などの部隊を差し向けられました。それは主がマナセ王の罪をお赦しにならなかったからです。ヨヤキムの死んだ後、その子ヨヤキンが王となりました。その頃バビロンの勢力が拡大し、エジプトの全領土を占領しました。
ユダの王ヨヤキン
ヨヤキンの治世はわずか3ヶ月でした。主のみ前に悪政を行った王です。そのころバビロンの武将たちがエルサレムに攻め上ってきました。またバビロンの王ネブカドネツァル自らもやってきて、ユダの王を始め王の母や家臣、高官、また鍛冶職人など全ての職人、勇士を捕囚の民としてバビロンに連行してしまったのです。残されたのは貧しい人々だけでした。またバビロンの王は神殿と王宮の宝物庫のものを持ち出し、また金の器などを切り刻んだのでした。バビロンの王はヨヤキン王を連行したので、そのおじのマタンヤをゼデキヤと名前を改めさせ王としました
ユダの王ゼデキヤ
ゼデキヤは11年間王位にありましたが、主の目に悪政を行いました。ゼデキヤはバビロンに反逆を企てます。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
Profile
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links