<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】櫻田さん | main | 【聖書】創世記15章 >>
【聖書】創世記14章

創世記14章・・・・・・すべての栄光を主に帰す
「アブラムはすべての物の十分の一を彼に贈った」14:20

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨルダン川低地の5人の王がエラムの王に背いた時の出来事が書かれています。甥のロトがその戦いで捕虜になったことを知ったアブラムはロトを救出するために夜襲をかけてエラム王の連合軍を打ち破りました。凱旋するアブラムを出迎えたのはソドムの王シャベとシャレムの王メデキゼデクでした。異邦人の世界では王が祭司であることがあったようです。アブラハムの血筋でないカナン人にも真の神に仕える高潔な人物がおり、アブラムを祝福したことが書かれています。メデキゼデクは詩篇110編に「とこしえの祭司」としてメシアの予表として書かれています。
さて、アブラハムはソドムの王が戦利品を受け取って下さるように言ったことに対して、きっぱりと断りました。理由はアブラハムをここまで導き、勝利を得させ、また富ませたのは神である事をアブラハム自身が一番よく分かっていたからでした。
クリスチャンは困った時や、不安な時に主に導きを祈ります。しかしそのことがうまくいった時に、うまくいったことが当たりまえのように、偶然のように、また自分の実力であるかのように思ってしまうことがあります。そんな時なんと愚かなことかと自分を戒めます。アブラムのように自分を支え、成立たせているものが何であるのかをいつも知っておく必要があると思うのです。

聖書要約
王の戦い

ソドムやゴモラの王たち5人はシディムの谷で同盟を結び、12年間彼らを支配していたシンアル(バビロニア)の王アムラフェルやエラムの王ケドルラオメルら4名の王に背き、戦いになりました。ケドルラオメル王らがシディムの谷に着くまでに各地で交戦し勝利しました。シディムの谷には天然のアスファルトの穴があり、ソドムとゴモラの王はその穴に落ち、後の者は山へ逃げました。勢いづいたケドルラオメルらの軍はさらにソドムとゴモラを襲撃し、ソドムとゴモラの財産や人々をすべて奪っていったのでした。ソドムにいたアブラムのおいのロトも捕虜として連行されました。
ロトの救出
うまく逃げ延びた一人の男がアブラムにこのことを知らせました。アブラムは彼の家で生まれた信頼置ける、訓練を受けた奴隷たち318人を率いてダンまで追いかけ奇襲攻撃をかけます。そしてロトと奪われた財産、捕虜になった人たち全員を取り戻したのでした。
メルキゼデクの祝福
アブラムがケドルラオメル王らを打ち破って帰ってきたとき、ソドムの王と祭司メルキゼデクが迎えてくれました」。メルキゼデクはパンとぶどう酒を持ってアブラムを祝福しました。アブラムはすべての物の10分の1を祭司メルキゼデクに奉げました。ソドムの王はアブラムに「人はお返しください。財産はお取りください」と言います。それに対してアブラムは「アブラムを裕福にしたのは私(ソドムの王)だ」といわれたくありませんから。と財産を受け取ることを一切断りました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする