<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】京都 | main | 【聖書】創世記44章 >>
【聖書】 創世記43章

 

 創世記43章・・・・・・主に委ねた時に
「どうか全能の神がその人の前でお前たちに憐れみを施し、もう一人の兄弟と、このベニヤミンを返してくださいますように。」43:14

くぅ〜ママのちょっと一言
この章でヤコブの呼び名が2ヵ所イスラエルとなっています。
この呼び名は、神から与えられた呼び名で「神に勝たれる者」という意味があります。一方ヤコブは「押しのける者」の意味です。ベニヤミンを手放したくないと固持していたヤコブが、ベニヤミンと自分達の運命を主に委ねようとしたときにイスラエルと呼び方が変えられているのです。
自分のプライドや執着しているものを主に委ねて、主の前にひれ伏し、祈る時に私たちの心には平安が訪れます。自分がヤコブ的に生きているのか、イスラエル的に生きているのかを、常に吟味してみる必要があると思います。

聖書要約
再びエジプトへ
飢饉はひどくなる一方で、エジプトから買って帰った食料も底をつき、ヤコブは再び、子どもたちにエジプトに買出しに行くように命じました。ユダはベニヤミンが一緒でなければいくわけには行かないと言いますが、イスラエルはそれを聞いて嘆きます。そしてユダの身を挺しての説得に、イスラエルはついにベニヤミンを連れて行くことに同意しました。総理大臣への贈り物やお金を用意して神にゆだねて、祈って送り出したのでした。
エジプトに到着するとヨセフはベニヤミンが一緒であるのを確認して、自宅に招きます。兄たちは疑心暗鬼でおどおどするばかりです。そして執事に前回の銀のことで弁明を試みますが、執事は「あなたの父の神がその宝を袋に入れてくださったのでしょう」との返事。そしてシメオンは釈放され、ヨセフの家に案内されます。やがて帰ってきたヨセフに、一同はひれ伏し、贈り物を差し出しますと、ヨセフは父の安否を尋ねます。そして実の弟ベニヤミンに「神の恵みがお前にあるように」と言うと、ヨセフは思わずこみ上げてきて、別室で涙を拭います。さて食卓だが用意されます。兄弟の順番どおりの席が用意されており、兄たちはびっくりします。ベニヤミンは皆のものより5倍の量が盛られました。一同は祝宴を楽しみました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする