<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】キャンプ | main | 【聖書】出エジプト記14章 >>
【聖書】出エジプト記13章

出エジプト記13章・・・・・・雲の柱、火の柱で導かれる主
「昼は雲の柱が、夜は火の柱が、民の先頭を離れることはなかった。」13:22

くぅ〜ママのちょっと一言
この章は出エジプトの出来事を、初子の奉献と除酵祭を通して、子々孫々伝えることの大切さが書かれています。
人々の長子はいけにえにするわけではなく、レビ人がその身代わりとして、神のために奉仕するようになります。
そしてエジプトを脱出した民を主は「火の柱」「雲の柱」をもって導かれたのです。寝ずの番をされた主は、民を離れることなく、昼は暑さから民を守り、夜は寒さから民を守って導かれたのです。
現代においても、この世の生き方から脱け出して、主に従おうと一歩を踏み出した者に対して主は必ず「火の柱」「雲の柱」をもって素晴らしい約束の地に導きいれてくださることを信じたいと思います。

聖書要約
初子の奉献
主はモーセに、イスラエルのすべての初子(人も家畜も)は主のものであると言われました
除酵祭
モーセが民に言いました。「この日こそ、主が力強いみ手を伸べて奴隷の地であるエジプトから導きだされた。このことを記念して、酵母入りのパンを食べてはいけない」と。そして、主が先祖に約束された、乳と蜜の流れる土地に導かれてからは、毎年1月半ば(アビブ)にはエジプト脱出の記念の日として7日間は酵母抜きのパンを食べ、最後の日には盛大な集会をすること。そして子どもたちにその意味を書いて、自分の額や腕につけて記憶し、口ずさまなければならないと民に告げました。
初子について
主があなたと先祖に誓われたとおり、主が約束の地に導き入れ、それをあなた方に与えられた時、初子は神に奉げなければならない。家畜の初子の雄はすべて神のものです。但しろばは犠牲獣ではなので、替わりに子羊を持って贖わなければなりません。また民の長子についてはいけにえにするわけではなく必ず買い戻すようにします。将来、あなたの子どもが「なぜこのようにするのですか」と尋ねた時、「主が力強い御手をもって我々を奴隷の地エジプトから導き出された。ファラオがかたくなで、なかなか我々を去らせなかったので、主がエジプト中の人の初子から家畜の初子まで撃たれた。だから初子を主に捧げるのだ」と、答えなさい。そしてこのことも忘れないように、腕や額につけて覚えるようにしなさいと教えられました。
火の柱、雲の柱
ファラオが民を去らせたとき、ペリシテ人の土地を通るのが一番近道でしたが、神は別の道を通るようにされました。ペリシテ人と戦うのは容易なことではなかったので、民はあきらめてエジプトに帰えることが出来ないように紅海を通って荒野を主は行かせられたのです。モーセはヨセフの遺言どおりヨセフの骨を持って出ました。ヨセフは神が必ずエジプトの地から導きだされることを確信していたのです。
主は民の先頭に立ち、昼は雲の柱、夜は火の柱をもって彼らを照らして、離れることなく行く手を示されたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする