<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ファミリールック | main | 【聖書】出エジプト記20章 >>
【聖書】出エジプト記19章

出エジプト記19章・・・・・主の宝の民とされる
「わたしの契約を守るならば、あなたたちはすべての民の間にあって、わたしの宝となる」19:5

くぅ〜ママのちょっと一言
もともと人類は主の下で主の祝福の中で生きる存在でした。しかしアダムの犯した罪のために主の祝福の外で生きざるを得なくなってしまっていたのです。神はそのような人類を救うためにイスラエルの民を宝の民とされ、また特別な役割を与えられたのです。しかしそれには条件がありました。「神との契約を守るなら…」ということです。その契約が次の章で与えられる十戒です。イスラエルの民が選ばれたのには理由はありません。ただ神の憐れみでした。そしてこの十戒の延長線上にイエスキリストの十字架の救い(新しい契約)があるのですが、この世の中でこのことを信じてクリスチャンとして生きることができるのも、なんの条件もなく、ただ神の憐れみです。「信じる」という一点において主の祝福に入れられる、なんという恵みでしょうか。

聖書要約
シナイ山に着く
イスラエルの民はエジプトを出発してから3ヶ月目にシナイ山のふもとに宿営をしました。モーセが神に出会うために山に登ると、主はモーセに語りかけられたのです。それは、『出エジプトにおいて神がイスラエルの民にされた事を信じ従い、契約を守るなら、イスラエルの民はこの地上のどの民よりも、私の宝の民となる。そして神に仕える祭司の国となり、聖なる国民となる』というのです。モーセを通してこのことを聞いた民は「主に従う」と口をそろえて答えたのです。モーセが主にこのことを伝えると、主は3日後、民が見守る中で、シナイ山に降ると言われます。その時は山の周囲に境界線を引き、足を踏み入れないようにしなさい。そしてその時のために2日の間に身を清めて置くようにと。モーセは山を降りると早速民たちにこのことを実行させました。
いよいよ3日目の朝です。朝から雷鳴と稲妻が走り、密雲がたちこめ、角笛が鳴り響きました。恐ろしいほどの嵐です。モーセは民を促して、山のふもとに立ちました。その山の様子はすさましいものでした。煙が立ち上り、神が火となって降られたのです。山全体が地震で揺れ動きました。その中で主はモーセを呼ばれたのです。上ろうとするモーセに主はもう一度、民のところに降りていって、境界線から入らないように注意しなさい。そして今度はアロンを連れてくるようにと言われました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする