<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【聖書】出エジプト記31章 | main | 【聖書】出エジプト記33章 >>
【聖書】出エジプト記32章

出エジプト記32章・・・・・刻んだ像を造ってはならない
「さぁ、我々に先立って進む神々を造ってください」32:1

くぅ〜ママのちょっと一言
モーセが山に登ったままの40日40夜は、民にとっては長く、不安だったのでしょう。
心の拠り所として、目に見える何かに手を合わせたいと思ったのでしよう。しかし十戒で、刻んだ像を作ってはならないと神は私たちに命じられています。では私たちクリスチャンはどこに向かって祈ったらいいのでしょうか。私たちはそれぞれの心の中におられる神に対して祈ります。また宇宙を創られた主に対して天に向かって祈ります。また風のように、空気のように私たちのすぐそばにいてくださる神の存在を感じて祈ります。いずれも場所を問いません。倒れたら起き上がらせたり、盗まれたら探しだし、磨きをかけないといけないような神々にどうも違和感があります。どこにいても、たとえ刻んだ像の前に立つことがあったとしても、心は主に向かっているのです。そのことを聖書は私たちに教えてくれます。

聖書要約
金の子牛
指導者であるモーセがシナイ山に登ったまま、降りてこないので、民はアロンに「我々に先立って進む神を作ってください」と求めた為、アロンは民全員に身につけている金の耳輪を外して持ってこさせ、火で溶かし、子牛の像を造り、翌日盛大な祝いをしたのです。神はそれをご覧になって、怒りに燃え民を滅ぼそうといわれます。モーセは神に執り成します。「アブラハム、イサク、ヤコブに約束してくださったことを思い出してください。」と。神はモーセの言葉によって民に下す災いを思いなおされました。
モーセは神から賜った十戒の書かれた2枚の板を持ってふもとに下りてきて見たものは、なんと民の乱交振りでした。モーセは怒りのあまり、十戒の板を地面に投げつけ、子牛の像を火に入れて溶かしました。アロンを叱責しますが、アロンは言い訳するばかりです。モーセは「誰でも主につく者は集まれ」と言うと、レビの子らが全員モーセの下に来ました。そして主の命を受けてレビの手によって、3000人の民が打たれたのです。
その後、モーセはこの民の罪の赦しを請う為に再び山に登りました。そして、自分の名をあなたが書き記された書から消しさてくださってもいいですから、民の罪をお赦し下さいと主に願いました。主は「今は民を約束の地に導く使命を全うするように」と言われます。しかし人々の罪を見過ごすわけにはいきません。人々の罪は罰せられると主は言われたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする