<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】毎日新聞 | main | 【diary】会場 >>
【聖書】レビ記3章

レビ記3章・・・・・・主のみ前での愛餐
「脂肪と血は決して食べてはならない」3:17

くぅ〜ママのちょっと一言
脂肪はもっともおいしい部分でしたので、主に献げます。また血や肝臓、腎臓も生命の中心とされ、主に献げられました。
和解の献げ物は、脂肪などを祭壇で焼いて主に献げた後、残りは奉納者と祭司が神の前で食べることが許されていました。神の前での会食は主との和解を意味します。食卓を共にすることは聖書にはよく出て来ます。最後の晩餐、カナの結婚式、ザーカイの家に行ったイエスは食卓を共にされたと聖書には書かれています。旧約聖書でも出エジプト記24章の主との会食は荘厳です。食卓を共にすることは心が通じ合い、心許せる関係を意味しています。教会では愛餐会といって、食卓を共にすることがよくあります。毎週礼拝の後の昼食や、クリスマスやイースターの時の食卓はすばらしいです。聖書の言葉に心満たされ、心こもったお料理でお腹も満たされて、教会からこの世に遣わされたいと思います。

聖書要約

和解の献げ物
和解の献げ物の場合は雄でも雌でも差し支えありませんでした。ただ無傷のものでなければなりません。奉納者が献げる牛を幕屋の入り口まで引いてきて、牛の頭に手を置きます。そして屠ります。祭司がそのを祭壇の周りに振り掛けます。それから内臓を覆う脂肪、腎臓と腰の脂肪と肝臓の一部を取ります。それらをアロンの子らが焼き尽くす献げ物の上に置き煙にします。
の場合もほど同様ですが、尾骨の所の脂肪について特に記されています。
山羊も牛を同様の方法で献げます。脂肪はすべて主のものです。
「脂肪と血は食べてはならない」これがイスラエルの永遠の法律です。

| comments(1) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/01/16 3:38 PM |

コメントする