<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】アイスコーヒー | main | 【聖書】レビ記7章 >>
【聖書】レビ記6章

レビ記6章・・・・・・毎朝ごとに献げる
「朝、祭司は亜麻布の衣服を着け、亜麻布のズボンをはいて肌を隠し、…」6:2

くぅ〜ママのちょっと一言
ここでは1〜5章にかいてある献げ物を祭司がどのように取り扱うかについて、次の4つの献げ方の補足として書かれています。
イスラエルの民は朝夕祭壇の火が消えないように燃やし続けなければなりませんでした。「祭壇の火を燃やし続ける」という同じ言葉が2節と6節に繰り返し使われています。
そのために朝ごとに祭司は亜麻布の服を着て肌が見えないようにして、燃えかすをかき寄せて、別の服に着替えて宿営の外の清い場所に運び出すという作業をしました。毎日毎日その作業をし続けたのでしょう。
クリスチャンの信仰も毎朝ごとに祈ります。それは今日一日主の霊に満たされ、信仰に燃えて生活できるように心を整えるためです。祭司が毎朝し続けたように、私たちもまず朝一番の時間を主と向き合う時としたいと思います。教会学校の子どもたちには、体を起こすと同時に手を合わせて指を組んで、目を閉じて祈るんだよと話します。私の朝の祈りはまず、新しい朝を迎えられたことへの感謝、それから今日一日、助産院と教会に主のお導きがあるように、それから気になる人のことを一人ずつ名前を挙げて祈ります。最後に「今日も主の尊いご用のために、小さな者を清めてお遣わし下さい」と一日よいことが出来るように主の導きをお祈りします。

聖書要約
各種の献げ物の施行細則
焼き尽くす献げ物は朝夕献げますが、昼夜、夜通し火を燃やし続けます毎朝、祭司は、火が消えてしまわないように、亜麻布の衣服を着け、亜麻布のズボンをはいて肌を隠し祭壇の燃えかすを取り除き、薪をくべ、焼き尽くす献げ物を献げます。
穀物の献げ物オリーブのかかった小麦粉一掴みと乳香を祭壇で燃やします。残りは酵母を入れないパンにし幕屋の庭で食べなければなりませんでした。
祭司の任命式の日の穀物の献げ物については、朝夕に小麦粉をオリーブ油でこねてちぎった物を鉄板の上で焼きます。これは食べることはできず、完全に焼き尽くします
贖罪の献げ物は主のみ前で屠り、幕屋の庭で祭司が食べることが出来ました。献げ物を煮た時は土鍋は打ち砕き、青銅の鍋は洗い清めなければなりませんでした。但し、血を献げた場合(大祭司または共同体全体の罪の贖いの時)は食べる事はできませんでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする