<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ニュース | main | 【聖書】民数記7章 >>
【聖書】民数記6章

民数記6章・・・・・・聖別された者
「ナジル人である期間中、その人は主にささげられた聖なる者である。」6:8

くぅ〜ママのちょっと一言
請願を立てて献身(ここでは一定の期間)してナジル人となることが書かれています。ナジルとはナーザルという分離するとか聖別するという動詞が語源とのこと。そして神への奉仕の誓願を立てるため、ぶどう酒などブドウで出来たものを口にしてはいけないとのことですが、それは農耕文化と一体化した偶像礼拝を否定し、主により頼む信仰の姿勢を意味したのだと思います。
聖別については非常に神学的なので、私が語るには難しすぎますが、クリスチャンの生き方として、聖別とは神の支配の中で生きるということではないかと思います。クリスチャンは自分の罪と十字架の贖いを信じ洗礼を受け、イエスキリストによって既に聖別されたものです。だからと言って、世の中から隔離された生き方をするのではなく、それぞれにおかれた所で、聖別された者としてふさわしい歩みをしていくことが求められているのだと思います。

聖書要約
ナジル人の請願
主はモーセにイスラエルの人々に伝えるように言われました。特別の請願を立てて、主に献身してナジル人となるならば、ぶどう酒やブドウの実などブドウを口にしてはいけません。また髪は伸ばしておかなければなりません。そして死体に近づいてもいけません。
その期間が満ちたら、臨在の幕屋の入り口に行き、焼き尽くす献げ物、贖罪の献げ物、和解の献げ物、穀物やぶどう酒の献げ物をささげます。そして髪をそり燃やします。
祭司による祝福
主はモーセを通してアロンに民を祝福する言葉をお示しになりました。
主があなたを祝福し、あなたを守られるように。主が御顔を向けてあなたを照らし あなたに恵みを与えられるように。主が御顔をあなたに向けてあなたに平安を賜るように。」
そしてアロンがそのように人々に祈る時に、私は人々を祝福しようと主は言われました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする