<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】あーちゃん | main | 【diary】明石大橋 >>
【聖書】民数記13章

民数記13章・・・・・信仰の心で見る
「断然上っていくべきです。そこを占領しましょう。必ず勝てます。」13:30

くぅ〜ママのちょっと一言
同じものを見ても、人によって感じ方は180度違うのです。二人で担がないといけないような大きなブドウが取れる約束の地。カレブはその地に入れると言いましたが、他の者は無理だと言ったのです。これがその後40年間荒野をさまようことになった理由というわけです。目と鼻の先にある約束の地を前に、エジプトに引き返そうとした民は主に罰せられたのです。
同じ状況であっても、見方によって随分違うこと、そしてそれがその後の自分に影響するということを心にとどめたいです。私たちの身の回りには様々な出来事が起こりますが、それをこの世の価値観というフィルターを通してみるのではなく、神さまというフィルターを通してみるようにしたいと思います。そのフィルターは愛の心でしょうし、主に委ねる心でしょうし、主が必ず良き物を与えてくださると言う信頼の心だと思います。

聖書要約
カナン偵察
主はモーセに、イスラエルの民に与えようと約束してくださったカナンの地を偵察するようにお命じになりました。そこでモーセはそれぞれの部族から1名ずつ、計12名の偵察隊を遣わし、そこの住民は強いのか弱いのか、人数は多いのか少ないのか良いと土地か悪い土地が、どんな町に住んでいるのか土地は肥えているのかなどを調べるように、そして果物を取ってくるように言いました。12名の者は土地に入り、ブドウの1房を棒に下げて二人で担ぎました。その他の果物も取って、40日間の偵察を終えて、イスラエルの民のところに戻ってきました。そして「そこは素晴らしい土地でした。しかしそこの住民は強く、町は城壁で囲まれている」と報告したのです。カレブは民の動揺を静め、「攻め上り、占領しよう。必ず勝てます」と提案します。しかし彼と一緒に行った者は、それは不可能だというのです。「そこに住んいでる民は巨人だった。またネフィリム(創世記6章で神の子らは娘のところに入って産ませた半神的存在)だった。自分がいなごのように小さく見えたし、彼らもそう見えたに違いない」と不可能である理由を並べました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする