<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】狭山ひかり幼稚園 | main | 【聖書】申命記3章 >>
【聖書】申命記2章

申命記2章・・・・・・道を閉ざされる主
「あなたの神、主が彼の心をかたくなにし、強情にしたからである。」2:30

くぅ〜ママのちょっと一言
シホン王の心を主が頑なにされたと書かれていますが、出エジプトのファラオ王のことを思い出します。主がファラオの心を頑なにされたので、なかなかエジプトを脱出できませんでした。主は人の心を頑なにすることもお出来になるのです。ということは私たちの行く手は開かれることもあれば、閉ざされることもあるということなのです。願う道が閉ざされたとしても、それは主がされたことなら嘆く事はないということです。そして閉ざされたことを嘆くのではなく、なぜ閉ざされたのか、その意味を見出すことが、み心を求める生き方なのだと思います。

聖書要約
北上命令
長い間セイルの山地を、巡り歩いた後、主は北上するようにお命じになりました。まずセイルの山地にあるエソウの領内を通過することになりましたが、主は戦ってはいけないとおっしゃったのです。その場所はエソウの子孫に与えた土地だから、水も食料もお金を払いなさいと言われたのです。
次にモアブの領内を通る時も、モアブとも戦ってはいけないと主は言われました。その土地はロトに与えたのだからと。
我々はセレド川を渡ったが、カデシュ・バルネシアを出発してからゼレド川を渡るまでに38年かかりました。そして主が誓われたとおり、エジプトを出たときの戦闘員はすべて荒野で死に絶えたのです。
その後、主は「アンモン人の領内を通る時に、彼らを敵として戦いを挑んではいけない。ここもロトに与えた土地だから戦ってはいけない」と言われました。
ヘシュボンの王シホンとの戦い
主はシホン王とその国はイスラエルの民のものであるから、戦うように言われます。イスラエルは王に通過の許可を願い出るのですが、主がシホンの心を頑なにされたために戦いになります。そして主のご計画通りイスラエルの大勝利となります。しかしイスラエルの手に落ちたのは、主がお許しになったところだけでした。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする