<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】フラチームシャロン | main | 【diary】壊されゆく子どもたち >>
【聖書】申命記11章

申命記11章・・・・・・恵みの雨に潤されて
「見よ、わたしは今日、あなたたちの前に祝福と呪を置く」11:26

くぅ〜ママのちょっと一言
主の言われている事は言葉としては本当に分かりやすいです。目の前には祝福と呪いが置かれているのです。さああなた方はどちらを取りますかと言うわけです。もちろん祝福をいただきたいです。それには主の戒めを守ることなのです。
神さまとの新しい契約に生きる私たちにはイエスキリストが十字架にお架かりになったのは私の罪の贖いのためであることを、信じれば⇒永遠の命が与えられ、信じなければ⇒永遠の滅び なのです。大変分かりやすいと思います。元々聖書は神から私に宛てられた手紙であり、どのようにしたら豊かな人生を送ることが出来るかが書かれています。そしてそこには永遠の命を信じることができる理由もちゃんと記されているのです。

聖書要約
主の御業
出エジプトを経験したあなたたちは(大人であった人は約束の地カナンに入れませんでしたが…)そのような経験をすることがない子孫とは違って特別な世代です。それは神の御業を直接体験しているからです。たとえば、エジプトを出るときの10の災いによってエジプトを出ることを主は可能にしてくださいました。紅海では水が分かれてイスラエルの民は紅海を歩いて渡ることができました。また荒野でモーセに逆らった者たちが主に裁かれて地に呑まれました。それらをあなたたちは見てきたではありませんか。あなたたちは戒めを守れば、約束の地に入り乳と蜜の流れる土地で長く生きることができるのです。エジプトでは水を足でくみ上げて耕作しましたが、エジプトでは恵の雨に潤されて作物が取れるのです。そこは主が年の初めから年の終わりまで、常に目を注いでおられる土地なのです。
祝福と呪い
主を愛し、心と尽くし、魂を尽くして仕えるなら祝福が用意されているのです。それは恵の雨、豊かな収穫、肥えた家畜、満足な食事が与えられます。しかし主を忘れ、他の神々に仕えるようなことがあれば、雨は降らず、大地は実りをもたらさず、土地は滅びるのです。ですから、主の戒めを心に留め、魂に刻み、しるしとして手に結び、覚えとして額に付け、子どもたちに教え、家に座っている時も、道を歩く時も、寝ている時も、語り聞かせ、戸口の柱にも門にも書き記しなさい
戒めをまもるなら、これから踏み込む土地はすべてあなた方に与えられます。あなた方の前に祝福と呪いを置くと主は言われるのです。シケムの聖所の南側にあるゲリジム山に祝福を、北側のエバル山に呪いを置くと主は言われたのです。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする