<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】真史ちゃん | main | 【聖書】士師記4章 >>
【聖書】士師記3章

士師記3章・・・・・・主に助けを求めて叫んだので
「イスラエルの人々が主に助けを求めて叫んだので、主はイスラエルの人々のために一人の救助者を立て、彼らを救われた」3:9

くぅ〜ママのちょっと一言
左利きのエフドがどのように王を殺したのかが聖書に詳しく書かれています。左利きと両刃の剣とわざわざ書かれているのは暗殺の方法をより具体的にしたのでしょうか。または左利きの直訳は右手が不自由ということで、敵を油断させて暗殺したことを伝えているのでしょうか。聖書は何気ないところにリアルさがあり、驚かされたり、納得させられたりします。
さて、民は敵に支配されて苦しみにあったときに、主に助けを求めています。バアルなどの異教の偶像に助けを求めていないのです。これは主の恵の御業が親から子へ、子から孫へと語り告がれてきた証拠です。しかし悲しいことに、苦しみから解放されて時間が経つとまた主に従うことを忘れて、主から離れて悪を行う生活になってしまうのです。主の恵は知っていても、知っているだけではいけないのです。日々主の聖書の言葉に触れ、祈り、従い続けて、主から離れないようにしなければならないのです。
カナン征服の戦いを知らない世代の人たちは主がどのようにイスラエルを導いき、恵みをお与えになったかを知らない世代の者達を試みる為に、主はペリシテ人の5つの町、カナン人、シドン人、ヒビ人を滅ぼされずに残されました。しかしイスラエルの民は主の試みには合格しませんでした。これらの異教の民と婚姻関係を結び、彼らの神である偶像を礼拝するようになったのです。

聖書要約
オトニエル
そこで主はメソポタミアの王クシャン・リシュアタイムの手に民を渡され、8年間イスラエルは支配されました。イスラエルの民が主に助けを求めたので、主はカレブの甥のオトニエルを救助者として立てて民を救われたのです。イスラエルの民は40年間平穏に過ごすことが出来ました。
エフド
オトニエルの死後、また民は主の目に悪とされることを行いました。主はモアブの王エグロンを強め、イスラエルの民をその支配下に置かられました。イスラエルの民は主に助けを求めたので、主はベニアミン族のゲラの子で、左利きのエフドを救助者として立たせられました。エフドは王を両刃の剣で刺してその支配から民を解放したのです。80年間に渡ってイスラエルの民は平穏でした。エフドの次に主はアナトの子シャムガルを救助者としてイスラエルを救ことにされたのです


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする