<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【聖書】主の霊が臨む時、士師記13章 | main | 【diary】音楽の集い >>
【聖書】サムソンの罪・士師記14章

 士師記14章・・・・・・ナジル人サムソンの罪
「サムソンはティムナに下って行ったが、そのティムナで一人の女、ペリシテ人の女に目をひかれた」14:1

くぅ〜ママのちょっと一言
この時代、結婚は親同士の取引によって成立したようです。イスラエルの民は異教徒との民と結婚することは禁じられていたはずですが、サムソンの両親もペリシテ人との結婚を反対はしたものの、それほど厳格に主の戒めを受け止めていなかったことが伺えます。しかし聖書はこの事は神のご計画だったと書かれています。御心は私たちには計り知ることが出来ません。それにしてもサムソンが妻の求めに負けて、なぞ架けの答えを言ってしまうところは何とも情けない気がします。
生き方に信念を持つ事は大事なことと思います。守るべき事は絶対に守る。してはいけない事は絶対にしない。それが甘くなると生き方がぶれてきます。もし、信念を曲げざるを得ないことがあったとしたら、十分に痛みを覚えての苦渋の決断でありたいです。

聖書要約
サムソンはティナムで会ったペリシテの女性に一目ぼれしました。サムソンは父母に結婚させてほしいと頼みましたが、父母は大反対です。しかしこの事は神さまのご計画だったのです。サムソンのたっての願いに父母はサムソンと一緒にティナムに向かいました。途中で若い獅子がサムソンに向かってきました。主に霊がサムソンに下ったので、サムソンは獅子を素手で引き裂きました。父母はそのことを知りません。父母とサムソンは女性の両親と結婚の約束を交わし帰っていきました。
しばらくしてサムソンは結婚式のためにまたティナムに出かけました。途中獅子の死骸の所に立ち寄ると死骸に蜜蜂が群がっていました。サムソンは蜜をかき集めて歩きながら食べました。両親にも食べさせたのですが、獅子の事は誰にも言いませんでした。
さて結婚式の手はずが整い、習慣に従って村の若者30人を呼んで祝宴を開きました。そこでサムソンはなぞ賭けをしようと持ちかけます。負けたほうが30枚の麻の衣と着替えの衣を差し出すことにしました。サムソンの出した問題は「食べる者から食べ物がでた。強いものから甘いものがでた」でした。若者達はわからなかったので、サムソンの妻に強要してサムソンから答えを聞きだし、「蜂蜜と獅子」を言い当てることが出来ました。サムソンは妻を使って聞き出したことに腹を立てて、妻を放って両親の家に帰ってしまいました。サムソンの妻は結婚式に来てくれていたサムソンの友のものとなりました。


 

| comments(0) | - | 00:22 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする