<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】播磨町 | main | 【聖書】士師記16章 >>
【聖書】士師記15章

 士師記15章・・・・・・祈る者に与えられる泉
「それゆえ、その泉はエン・ハコレ(祈る者の泉)と呼ばれ、今日もレビにある」15:19

くぅ〜ママのちょっと一言
サムソンが祈って水が与えられたところをエン ハコレと地名がつけられたのですが、エンは泉、ハコレは叫びという意味だそうです。サムソンが「死にそうです」と叫びの祈りをあげた時に、主は祈りに応えてくださいました。「求めなさい。そうすれば、与えられる。」とマタイによる福音書7章7節には有名な御言葉が書かれていますが、主は私たちの祈りに応えてくだるのです。主を求める者に永遠に至る命の水が用意されていることに心から感謝したいと思います。イエスキリストが与えてくださる水は「その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」(ヨハネ4:14)のです。

聖書要約
小麦の収穫の頃、サムソンは子山羊の贈り物を携えて、妻の所を訪れました。(この当時通い婚が通常でした)ところが妻の父はサムソンが妻を嫌っていると思って他の男性と結婚させたというのです。サムソンは腹を立てて、狐を300匹捕らえて、2匹ずつ尻尾を結び、結び目に松明を取り付けてペリシテの畑に放ちました。たちまち火が燃え上がり、むぎ畑オリーブ畑が丸焼けになってしまいました。そのいきさつを知ったペリシテの人々は妻とその父を殺してしまったのです。それを知ったサムソンは妻の敵討ちと、多数のペリシテ人を殺してエタムの洞穴で暮らしていました。
すると今度はペリシテ人が仕返しをするためにサムソンを縛り上げようとユダに攻め上ってきました。それを知ったユダの人々はエタムのサムソンを尋ね、サムソンを縛り上げてペリシテ人に差し出しました。サムソンがレヒに着くとペリシテ人は歓声をあげました。その時主の霊が激しくサムソンに下り、新しい縄2本で縛ったのも関わらず、縄目が解けて彼の手から落ちました。自由になったサムソンは落ちていたろばの顎の骨をとって千人のペリシテ人を殺したのです。戦いの後、喉の渇きを覚えたサムソンが主に祈ると主は地を裂いてくださり、水が湧き出てきました。それを飲んでサムソンは元気を回復しました。その泉はエン・ハコレ(祈る者の泉)と言われます。サムソンは20年間、士師としてイスラエルを裁いたのですが、なおイスラエルはペリシテの支配下にありました。

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする