<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】震災ケーキ | main | 【聖書】士師記17章 >>
【聖書】士師記16章

 士師記16章・・・・・・主が離れられた
「…主が彼を離れられたことには気づいていなかった」16:20

くぅ〜ママのちょっと一言
サムソンの力の秘密は主が共にいてくださることでした。そのことをサムソンは軽んじました。デリラに秘密を明かした後もなお、自分には力があると思いこんでいたのです。サムソンはペリシテからイスラエルを救うという使命を主から与えてこの世に送り出された命でした。私たちもそれぞれに主から使命を頂いてこの世に生を受けた命です。その使命、すなわち神さまの私に対する御心を知って生きることがまさしく、命を大切に使うことだと思います。そのように生きるときに主から大きな力がいただけるのではないでしょうか。

聖書要約
サムソンはペリシテ人の町、ガザに行って遊女と一夜を共にしました。それを知ったガザの住民はサムソンを捕らえようとしましたが、失敗に終わります。それどころかサムソンに城壁の門を破壊されてガザから60Kmも離れた山の上に運こばれてしまったのです。
 それからサムソンはデリラという女性を愛しました。それを知ったペリシテの人はデリラを金で買収してサムソンの力の秘密を聞き出さそうとしたのです。デリラはサムソンに「なぜそんなに強いの。教えてちょうだい。あなたを捕まえるなんてだれも出来るものじゃあないわね」と言い寄ったのです。サムソンは「真新しい7本の弓弦で縛ったら弱くなる」と、教えました。デリラはそのとおりして「ペリシテの人たちが来たわ」と叫びました。しかし弓弦は簡単に切られてしまいました。デリラはサムソンのうそを責め、また聞きだそうとします。サムソンは「一度も使ったことのない縄で縛るとわたしは弱くなる。」と、言いました。しかしまたしてもうそがばれます。次にサムソンは「わたしの毛の束を機織りの縦糸に織り込めば力はなくなる」と、教えましたが、またうそがばれました。しかしあまりにデリラが毎日しつこく迫るので死ぬほど苦しくなり、ついに秘密を明かしてしまいます。「わたしは生まれながらのナジル人で、髪を剃ったら力は抜けてしまう」と。デリラはそのようにしました。そして「ペリシテ人があなたを捕まえに来たわ」と言いました。サムソンは一暴れしようと起き上がったところ彼には力がありませんでした。主はサムソンから離れられたのです。サムソンはペリシテ人に捕まり、両目をえぐり取られ、牢に繋がれ石臼を挽かされたのです。サムソンの髪は少しずつ伸び始めていました。
ペリシテ人たちは集まって彼らの神ダゴンの前で喜び祝いました。そしてサムソンを見世物にしようと宴の場に呼んできました。サムソンは連れてきてくれた者に建物を支えている柱に寄りかからせて欲しいと頼みました。そして主に祈りました「主よ。私を思い起こしてください。今一度私に力を与えてください。」そして柱2本を両手で力を込めて押したのです。そこに集まっていた多くのペリシテ人はサムソンもろとも死んでしまいました。
サムソンが生きている間に殺した者より、彼の死を持って殺した者の数の方が多かったとのことです。サムソンの兄弟がサムソンを引き取り、父マノアの墓に葬りました。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする