<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 【diary】 | main | 【聖書】ルツ記2章 >>
【聖書】ルツ記1章

ルツ記1章・・・・・・失意の帰郷
「あなたの民は私の民。あなたの神は私の神」1:16

くぅ〜ママのちょっと一言
ナオミは二人の嫁を生家に帰るように言いました。当時の慣例として、兄弟が亡くなったら、その妻を兄弟が嫁にして兄弟の名を継がせました。ナオミが私はもうあなた方の夫にするような子どもを産むことはできませんと言ったのはこういう理由です。
このモアブの女性ルツは異邦人の女性ですが、後のダビデ王の曾祖母となる女性です。ダビデのさらに14代目にイエスキリストが誕生しますので、イエスの系図に名を連ねる女性なのです。ナオミが「私のことをマラと呼んで」と言ったようなつらい状況のナオミとルツでしたが、主の恵のご計画は着々と遂行していったのです。真っ暗闇のトンネルにいるときには光は見えませんが、主は必ずトンネルの向こうに光を用意していてくださいます。ナオミとルツの人生からそのことをみたいと思います。

聖書要約
残されたナオミ
士師が世を治めていた頃のことです。イスラエルを飢饉が襲いました。ベツレヘム出身のエリメレクとナオミは二人の息子を連れてモアブの地に移り住みました。そこでエリメレクは亡くなりました。ナオミは二人の息子にオルパとルツという妻を迎えました。しかしその二人の息子も相次いで死んでしまったのです。失意の中でナオミは故郷が豊作に恵まれていると聞き、帰郷を決意しました。
ルツの決意
故郷に帰ろうとするナオミに二人の嫁はついてこようとします。ナオミはそれぞれ母の家に帰るように説得します。しかし二人は「一緒にあなたについて行きます」と言うのです。ナオミはあなたがたを嫁がせる子どもを私はもう産む事はできませんと言って、帰るように説得しました。オルパはやがてナオミに別れを告げて帰っていきましたが、ルツは帰りません。「あなたの民は私の民。あなたの神は私の神」と告白してナオミについていきました。そしてついに二人はベツレヘムの故郷に帰ってきたのです。
うつろな帰国
ナオミが帰ったことで町中が大騒ぎです。しかしナオミは「もう私のことをナオミ(快い)と呼ばないで、マラ(苦い)と呼んでください。全能者が私を不幸に落とされたのです。ここを出るときは夫も子どももいましたが、私はそれらのすべてを失って失意の帰郷なのですから」と言いました。二人がベツレヘムに帰ったのは大麦の収穫の頃でした。


 

| comments(0) | - | 06:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする