<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 【ママの声】やっぱりもう一人赤ちゃんが欲しいな… | main | 【聖書】サムエル記上2章 >>
【聖書】サムエル記上1章

サムエル記上1章・・・・・・祈りに応えてくださる主
「それから食事をしたが、、彼女の表情はもはや前のようではなかった」1:18

くぅ〜ママのちょっと一言
サムエル記はモーセ5書(創世記、出エジプト、レビ記、民数記、申命記)の後の、カナン浸入、士師時代に続く王国時代について書かれています。(列王記も同様)サムエル記は上下に分かれていますが。上はサムエルとサウル、サウルとダビデ、サウルの死について、下はダビデの治世について書かれています。サムエル記を通して、登場人物の人間ドラマに触れることで神の御心を受け取ることができます。
1章はサムエルの誕生について書かれています。子どもが授からないという苦悩の中から注ぎだされたハンナの祈りに主は応えてくださったのですが、見方を変えれば、主は苦悩の中で主を呼び求めるハンナにすでに祝福を備えてくださっていたのではないかと思います。特別の恵を与える為に主は試練に遭わせられることがあります。辛いことをそのように受け止めることが祝福を手にする道だと思います。
確かに、ハンナは子を授かる前、すなわち祈り終わった後、表情は前のようではなく、のどに通らなかった食事がとれるようになりました。祈りを神は聞いてくださるという確信を持つことができることが信仰の力なのだと思います。
「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」(ローマ5:3)希望とは主の栄光に預かることなのです。

聖書要約
サムエルの誕生
エフライムの山地のラマに住むエルカナにはハンナとペニナの二人の妻がいました。ペニナには子どもがいましたが、ハンナには子どもがいませんでした。エルカナは毎年、主に礼拝を献げるためにシロに上る敬虔な人でした。いけにえを献げた後、エルカナはベニエの方には子どもたちにも贈り物をしましたが、ハンナの贈り物は一つだけでした。主はハンナに子どもをお授けにならなかったのです。ハンナを敵対視するペニナから子どもがないことをあれこれと意地悪く言われるので、ハンナは食事も喉に通らないほどでした。エルカナはハンナをだれよりも愛していると言ってくれますが、ハンナの心は悲しみでいっぱいでした。ハンナは主のみ前で「男の子を授けてくださるならその子を神にお献げします」と祈ったのでした。その様子を見ていた祭司のエリは酒に酔っていると思って声をかけたのですが、ハンナはそうではないことを祭司エリに告げました。エリは「安心して帰りなさい。イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と答えたのでした。ハンナはその言葉に元気を取り戻し、表情も前のようではなく、食事もとるようになって、翌日ラマに帰っていきました。神はハンナの祈りを聞いてくださいました。ハンナは身ごもり、月が満ちて男の子を産みました。そしてその子をサムエル(その名は神)と名付けました。
ハンナ、サムエルをささげる
翌年も年毎のいけにえと主が願いを聞いてくださったことの献げ物を携えてシロに上ろうとしましたが、ハンナの願いでハンナとサムエルは留まりました。そしてサムエルが乳離れした時に夫婦でサムエルを連れて献げ物を携えてシロに上り、祭司エリにわが子サムエルを託したのでした。


 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする