<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 【diary】およばれ | main | 【聖書】サムエル記上9章 >>
【聖書】サムエル記上8章

サムエル記上8章・・・・・・王に仕えることを求めた民
「いいえ、我々にはどうしても王が必要なのです」8:19

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルが王制を導入したいきさつが書かれています。もともと主の恵の中で遊牧の生活していた民でした。定住するようになり生活は安定したでしょうが、領地を持つということはそれを守らなければなりません。そのために他の諸国のように王を中心として力をつけようとしたのです。それはもはや主により頼む生活ではないのです。
自分の置かれた立場や持っている物などは多少の差はあれ、それは取るに足らないことです。いつも素朴に素直に純粋に主に恵を乞い、また感謝するものであり続けたいと思うのです。

聖書要約
民、王を求める
年老いたサムエルに替わり、サムエルの息子2人がイスラエルの裁き人となったのですが、二人の息子は父のようではなく、賄賂を取り、公平な裁判をしませんでした。長老達がそのことでサムエルを訪れて息子達の不正を訴えました。そしてイスラエルにも他の国々と同じように王を立ててほしいと願ったのです。サムエルはその事は主の目には悪である事が分かっていました。しかし主はサムエルに「彼らの声に従うがよい。彼らはサムエルを退けたのではなく、神を退けたのだ。偶像礼拝にしろ、王を求めるにしろ、民はいつも主を主とすることをしなかった」と言われました。そして主はサムエルを通して、王を立てるということは王のために戦うために徴兵の必要があり、また王に仕える者を徴用しなければならず、また王制を保つ為にはも納めなければならないことを言われたのですが、長老達は「それでも他の国々のように王が必要です」と言い張りました。主はサムエルに王を立てるように言われました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする