<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 【diary】トークショー | main | 【聖書】サムエル記上13章 >>
【聖書】サムエル記上12章

サムエル記上12章・・・・・・主によって立てられた王
「主はあなたたちに王をお与えになる12:13

くぅ〜ママのちょっと一言
サムエルは自分が職務に対して忠実であったことを主と王の前で民に確認させています。これは民が求めた王がこれから民を率いることになるのですが、その王が民に対してすることとの比較という意味があるのかもしれません。とはいえ、サムエルは王制を全く否定しているのではなく、主によって立てられた王が主に仕えることによって、民と王が主の恵に預かれることができることを諭しています。イスラエルの歴史は民の背信と神の裁き、そして民が主を呼び求めることによって、主は救いと赦しを民に与えられるということの繰り返しです。裏切られても愛し続けてくださる神の愛を忘れずに今をどう生きるかを考えることが大切なのだと思います。同様に私たちも過去においてどれほど主の愛を頂いて今があるかを忘れずに生きることが大切なのです。

聖書要約
サムエルの告別の辞
サムエルは民に語りかけました。「あなたがたが求めた王を立てた。これからは王があなた方を率いる。今までは私があなた方を率いてきたが、私はこれまでにだれかの牛やろばを取り上げたり、だれかを踏みにじったり、わいろをと取って不正を見逃したりしたことがあるだろうか」と民に問うと、民は「そんなことは全くない」と答えました。そして、さらにサムエルは言いました。「あなた方とあなた方の先祖に行われた主の救いの御業を語りきかせよう。それはヤコブがエジプトに移り住み、その後、民が奴隷の地エジプトで主に助けを叫んだ時、主はモーセとアロンをお遣わしになり、民はエジプトから救い出された。民は約束の地カナンに住むようになってから、偶像を礼拝したため、近隣の国を通して主は民を裁かれた。しかし神は民を見捨てず士師を送って救ってくださった。ところがアンモン人のナハシュが攻めてきたころ、あなたたちは、主があなたたちの王であるにも関わらず、を求めた。今あなたたちが求めた王がここにいる。民も民に君臨する王もみな主に仕えるなら、主は恵を与えてくださる。しかし背くなら主の裁きが下る」と。そしてサムエルが主に呼び求めると、主は雷を雨を下らせました。民は非常に畏れ、王を求めたことすら罪であったことを認めましたが、サムエルは「主に心を尽くして仕えるなら、主はご自分の民であるあなた方を見捨てる事はなさらない。また私も民のために祈る」」と、繰り返して主に対して罪を犯すことがないように語りました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする