<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】誕生 | main | 【聖書】サムエル記上16章 >>
【聖書】サムエル記上15章

サムエル記上15章・・・・・・主に聞き従うことは
「見よ、聞き従うことはいけにえにまさり、耳を傾けることは雄羊の脂肪にまさる。」15:22

くぅ〜ママのちょっと一言
旧約の時代は神の裁きをまともに受けなければなりませんでしたが、新約に生きる私たちはイエスキリストの十字架信じることによって、罪が許される道が与えられています。裁きを受けるべき私たちの身代わりになってイエスは十字架に架かって下さったからです。
私たちの心の中にはサウルのように戦勝碑を建てようとする心があります。言い訳責任転嫁をしてしまう心があることを認めざるを得ません。そのような私たちの上に裁きが下ろうとするのをイエスさまの十字架が覆いかぶさるように守り、そして神に執り成してくださっているのです。その十字架を信じる者は赦されて、神との関係の中で生きることができるのです。

聖書要約
アマレク人との戦い
サムエルはサウルに、「アマレク人を聖絶せよ」との主の言葉を伝えました。アマレク人はイスラエルの民がエジプトを脱出した時に進路を妨害したのですが、そのことへの報復としての戦いでした。サウルは兵を率いて出陣しました。カイン人が巻き添えにならないようにしたことが記されています。戦いは圧勝でした。しかし主の命令は「滅ぼしつくせ」でしたが、サウルは最上の羊や牛、その他上等のものは滅ぼさず、値打ちのないものばかりを滅ぼしました。その上ギルガルに向かう途中で自分のために戦勝碑を立てたのです。主が「サウルを王にしたことを悔やむ」とサムエルに言われたので、サムエルは心を痛め、夜通し主に叫び続けました。そして翌朝サウルの所に行って、サウルが王の言葉を退けたように、主もサウルを退けられると主の言葉を伝えました。サウルは「民が主への供え物をしようと言ったので」と、責任転嫁をし、また「主への供え物です」と、言い訳をしたのですが、主はいけにえよりも主の言葉に聞き従うことを喜ばれるとサムエルに指摘されます。サウルは過ちを認め、許しを請いましたが、主の決められたことは変わる事はありません。サムエルはその手でアガグ王を処刑しました。サムエルは二度とサウルに会おうとはしませんでした。主はサウルを王としたことを悔いられました。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする