<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】親子2代 | main | 【聖書】サムエル記下4章 >>
【聖書】サムエル記下3章

サムエル記下3章・・・・・・ダビデが王となるまでの巧作
「すなわち、会いに来るときは、サウルの娘ミカルを必ず連れてくるように。」3:13

くぅ〜ママのちょっと一言
勢力争いの中で、登場人物の心の動きが交錯します。アブネルはおそらく側女と通じていたのでしょう。王の妻と通じるということはイシュ・ボシェトの王の座を揺るがせるような大変なことでしたが、実力のないイシュ・ボシェトは強く言えないどころか、アブネルとの関係を悪くしてしまう結果となり、心細くなってしまいます。一方アブネルはダビデの側につくチャンスを狙っていたのかもしれません。ダビデについた方が有利である事は明らかでしたから。そしてまさかヨアブに暗殺されるとは思っていなかったでしょう。またダビデは全イスラエル統一のために、アブネルとの取引に応じながら、ミカルと復縁することによってサウル王の娘婿という立場を確保しようしたことが伺えます。またアブネルの暗殺が自分には無関係である事をアピールします。ヨアブにとってアブネル暗殺は弟の敵討ちであると共にダビデに用いられようとしているアブネルへの嫉妬もあったでしょう。それぞれの思惑がうごめく3章です。ダビデにとって大切な取引にも関わらず主の導きを求める言葉が出ていない事が気になります。章の最後にヨアブの裁きについて「自分は王であるがまだ力がない」というダビデの言葉からダビデの謙遜な心は伺えうことはできますが、主の前にへりくだる謙虚さとは違うように思います。なにしろダビデは2人の妻のほか4人の女性を妻として、その上、元王の娘の夫という王になるための大義名分のためにミカルも妻に呼び寄せたのですから。ダビデは息子たちによってこの先苦しむことになるのです。

聖書要約
ヘブロンで生まれたダビデの息子
ダビデの息子は以下の通り。長男アムノン(母はアヒノアム)、次男キルアブ(母はナバルの未亡人アビガイル)、三男アブサロム(母はマアカ)、四男アドニヤ(母はハギト)、五男シェフトヤ(母はアビタル)、六男イトレアム(母はエグラ)
アブネル、ダビデの側につく
サウル王家では軍の司令官であるアブネルが実権を握るようになります。しかしアブネルはサウルの子であるイシュ・ボシェトに父の側女との関係を指摘されます。アブネルはこれを不服として、これまでサウル側に忠誠を尽くしてきたのですが、これからはダビデが王として君臨されることを支えるとイシュ・ボシェトの元を離れていきました。イシュ・ボシェトは言い返す言葉もありませんでした。アブネルはダビデに全イスラエルの王となれるように計らうことを提案します。そして自分も最高司令官としての地位を要求しました。ダビデはサウルの娘であり、かつての妻であるミカルを連れてくることを要求します。ダビデはそのことをイシュ・ボシェトにも要求します。ミカルはサウルによって別の男性と結婚させられていましたが、イシュ・ボシェトに命令によって男性から離され、アブネルと共にダビデの元に行きました。アブネルはダビデの歓待を受け、話が成立して帰っていきました。
アブネル、暗殺される
ダビデがアブネルを送り出した後、多くの戦利品を携えてヨアブが帰って来ました。アブネルがダビデの歓待を受けたことを聞き、「アブネルは王を欺く為にきたのだ」と、王に進言します。もとよりヨアブは弟をアブネルに殺されているのです。ヨアブはアブネルを追い、城門の中に誘い込んで暗殺します。ダビデはこのことを後で知って大いに悲しみ、アブネルのために喪に服し、手厚く葬りました。またイスラエルの偉大な将軍アブネルの死を悼む歌を詠みました。そのようなダビデを見て、全イスラエルはアブネルの暗殺はダビデの意図によるものではないことを認めました。ヨアブに対してダビデは呪いの言葉を発していますが、裁く事はしませんでした。それは自分は王とは言え、まだ力がないからとダビデは言いました。また主が報いてくださることを信じていたためでした。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする