<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】お産 | main | 【聖書】サムエル記下8章 >>
【聖書】サムエル記下7章

サムエル記下7章・・・・・・主の恵みがあまりにも素晴らしいので
「万軍の主、イスラエルの神よ、あなたは僕の耳を開き、、「あなたのために家を建てる」と言われました。それゆえ、僕はこの祈りをささげる勇気を得ました。」7:27

くぅ〜ママのちょっと一言
ついに主はダビデを用いてイスラエルに平和をもたらせてくださいました。そしてダビデとその子孫に祝福を約束してくださいました。確かにダビデから14代目に神のみ子であるイエスキリストが人としてお生まれになったのですから、その祝福の素晴らしさが分かります。ゆるぎない王の座を得、平和の世を得たダビデの次なる願いはこの王朝が長く反映することでしょう。しかしダビデの祈りは「主よ、子々孫々あなたの祝福が続きますように」ではないのです。まず主がそのことをダビデに語りかけられたのに対して「主がそのように約束してくださったので、私はこの祈りをささげる勇気を得ました。」と言っているのです。ややもすれば願い事ばかりの祈りをしがちですが、主のみ心に合わせた祈りをしたいと思います。まずは静まって主のみ声を聞く祈りが出来るように、信仰の姿勢を主に変えていただきたいと思います。

聖書要約
ナタンの預言
主はついにイスラエルに平和をもたらしてくださいました。ダビデは預言者ナタンを呼んで「私はこんなに立派な宮殿に住んでいるのに、神の箱はまだ天幕の中に置かれたままだ」と言いました。主は王の思うようになさるようにと進言します。しかしその夜、ナタンに主の言葉が臨みます。それは主に神殿は必要がないこととダビデとその子孫を祝福すると言われたのです。すなわち「主は羊を飼う者であったダビデを指導者として選び出し、敵をことごとく断って下さり、大いなる名声を与えてくださいました。主はダビデと共におられ、平安を与え、子孫に後を継がせてくださいます。その者が神殿を建て、王国は永遠に続くでしょう。しかし彼が罪を犯せば人の手によって彼を懲らしめることになります。しかしわたしの慈しみを取り去る事はありません。あなたの王座はとこしえに堅く据えられます。」とのことでした。
ダビデ王の祈り
ダビデは天幕に入って主のみ前に座し祈りました。「神さま、取るに足らないようなこの私を、どうしてこれほどまでに祝福してくださるのでしょうか。神様はいつも約束を果たしてくださいます。また神様はみ心のままにすべてを行われます。なんと偉大なお方でしょう。どうかダビデ王朝をお立てになる時、永遠に神のみ名が崇められますように。主がしもべを永遠に続く王としてお立てくださいましたので、私はこの祈りをささげる勇気を得ました。このしもべとその家をいつまでも祝福してください。この王朝が神のみ前に長らえますように。」

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする