<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ドア | main | 【ママの声】まずはじめに、私の理想の出産を… >>
【聖書】サムエル記下11章

サムエル記下11章・・・・・・主の御心に適わなかった
「ダビデのしたことは主の御心に適わなかった」11:26

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデのこれまでの勝利は主が共におられるからでした。ダビデはそのことを良く知っており、その信仰を言葉で言いあらわし、行動でも示してきました。しかしこの章ではダビデの心の目は主を認めていないかのようです。そしてダビデは大きな罪を犯してしまいました。
信仰生活において、時として神さまの存在を身近に感じることもあれば、神さまがぼやけてしまう時もあります。またダビデのように神さまの存在を忘れてしまうときさえあります。それは神さまと私との距離ではなく、私と神さまの間のガラスがどんどん「くもりガラス」になってしまうからのような気がします。神さまはいつも側にいてくださいますから、ガラスの透明度が上がれば神さまをはっきり感じることが出来るわけです。ガラスがどんどんくもってしまうことがないように、心を磨いてピカピカにしておきたいと思います。
このことは主の目に適わない事でしたが、ダビデとバテシェバの第2子ソロモンがダビデの王位を継ぎます。そしてイエスの系図にも名前を連ねることになります

聖書要約
ウリアの妻バト・シェバ
アンモンとの戦争は年が改まって再び出陣する時期(乾季)になりました。ヨアブが指揮するイスラエル軍はアンモン人を滅ぼし、ラバを包囲しました。ダビデはエルサレムに残っていました。ある夕暮れにダビデは午睡から起きて屋上から町を眺めていると、水浴びをしているたいそう美しい女性に目が留まりました。女性は兵士ウリアの妻バテシバと言うことが分かりました。すぐに王はバテシバを宮殿に呼び床を共にしたのです。その後バテシバから妊娠したことが告げられます。ダビデはウリアを戦場から呼び寄せ、家に帰ってゆっくりするように言いますが、神の箱もイスラエル軍も戦場で、仮小屋で寝泊りしているのに私だけが家で寝るわけにはいきませんと、宮殿の入り口で寝たのです。ダビデは食事に招き酒に酔わせましたが、ウリアは家でゆっくりすることはありませんでした。ダビデはヨアブに書状を送り、ウリアを最前線に配置させ戦死させるようにと命じました。その通りウリアは戦死したのです。その報告をうけた妻バテシェバは夫のために嘆きました。喪があけるとダビデはバテシェバを宮殿に引き取り妻としました。彼女は男の子を生みました。ダビデのしたことは主の御心にかなわないことでした。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする