<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】一か月健診 | main | 【聖書】サムエル記下14章 >>
【聖書】サムエル記下13章

サムエル記下13章・・・・・・ダビデの子たちの争い
「アムノンの死をあきらめた王の心は、アブサロムを求めていた。」」13:39

くぅ〜ママのちょっと一言
アムノンのタマルへの思いは何だったのかと思います。痩せるほどに恋焦がれたタマルを意のままにしたとたん憎しみを持つようになり追い出してしまいます。「してはいけないこと」と「しなくてはならないこと」に対する責任が全く欠如しています。それはダビデの生き方にも通じます。第1の事件に対して(タマルとアムロンのこと)激しく怒ったのなら父として王として正しい判断を子どもに示す必要がありました。それから第2の事件に対して(アブサロムがアムロンを殺害したこと)もアムロンの死を嘆く前に父として取るべき態度があったはずです。自分の立場や人生に対して責任ある行動とは言えません。またダビデの行動はまったく父性的ではないのです。父性は生きる規則を教え、生き方を示し、社会に子どもを送り出す役割がありますが、ダビデのとった行動はどちらかと言うと母性的です。アブノンの行動にしろ、ダビデの行動にしろ現代社会が抱える問題に通じるような気がします。

聖書要約
アムノンとタマル
ダビデの息子の一人、アブサロム王子にはタマルという妹がいました。ところがタマルの異母兄弟のアムノン王子は彼女のことが好きでたまらなく、痩せていくほどでした。それを心配した従弟(ダビデの兄弟の子)のヨナダブは仮病を使って、父ダビデにタマルをよこしてほしいと頼みといいと助言します。父に命じられてタマルはアムノン王子を尋ねますが、そこで力づくで関係をもたされてしまいます。ところがその後アムノン王子のタマルへの愛は憎しみに変わり、彼女を拒否し追い出してしまったのです。悲嘆にくれるタマルを実兄アブサロムは慰め保護します。ダビデはこのことを知って激しく怒りましたが、しかし何の処罰もありませんでした。妹を辱められたアブサロムはアムノンへの憎悪を募らせていきました。
アブサロムの復讐
2年後のことです。アブサロムは羊の毛を刈る祝いの席にアムノン王子はじめすべての王子を招きました。ダビデは辞退しました。アブサロムは従者に命じてアムノンが酒に酔ったところで殺すように命じました。「恐れるな。私が命令するのだ。勇気を持って、勇敢な者となれ」と。従者は命令どおりアムノンを殺害しました。他の王子はそれぞれの騾馬に乗って逃げました。他の王子が宮殿に帰りつく前に「王子全員がアブサロムに殺害された」と誤報が入るのですが、ヨナダブは「殺害されたのはアムノン一人です」と王に言いました。しばらくしてヨナダブが言ったとおりである事が分かります。一方アブサロムは母方の祖父のところに身を隠します。ダビデは3年間アムノンの死を悼み続けましたが、諦めがつきアブサロムに会いたいと思うようになったのです。

| comments(1) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/01/17 9:45 PM |

コメントする