<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】小池先生 | main | 【聖書】サムエル記下15章 >>
【聖書】サムエル記下14章

サムエル記下14章・・・・・・ダビデに許しを請ったアブサロム
「アブサロムはエルサレムで2年間過ごしたが、、王の前には出られなかった」」14:28

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデの子育てを考える時、放任と無視という大変残虐なやり方ではなかったかと思います。非行に走った子どもたちを見るにつけ、生育暦の中で非行せざるを得なかった何かがあったんだろうと思うのですが、アブサロムの中にもそれを感じます。美男子であったと書かれていますが、心は決して穏やかではなかったのです。もし本当の理解者に恵まれていたら、アムロンを殺すことも、逃亡することも、ヨアブの地所に火を放つこともなかったと思います。そしてこれから引き起こす大事件も…。これらの根本的な誤りは前章から主に祈り求める言葉がまったくないことではないかと思います。人間の知恵はおろかですから、主の導きを常に祈ることが大切です。特に人生の大事の時は主のみ前に静まりたいのです。また誰からも理解されなくても神は自分の事を分かってくださり、見守ってくださっていることを確信して歩むことが間違いのない人生を築く方法だと思います。

聖書要約
ダビデ、アブサロムを赦す
ヨアブはアブサロムに会いたいと思っているダビデ王の気持ちを察して、一計を講じます。知恵者として評判の高かったてテコアの女を呼び寄せて、王に虚偽の陳情をさせます。それは「二人の息子がけんかをしたのですが、誰も仲裁に入ってくれず片方が殺されてしまいました。親戚の者たちが残った息子を生かしておくわけにはいかないと言うのです」とのこと。それを聞いたダビデはだれも息子に手出しが出来ないようにすると誓ってくれたのです。さらに女はそれと同様のことが王家でもおこっていることを指摘します。追放されているアブサロムを赦してあげてほしいと。ダビデはヨアブが女を遣わして言わせていることを悟ります。そしてヨアブにゲショルに逃亡しているアブサロムを連れ戻すように言います。しかし王への目通りは叶いませんでした。アブサロムはたいそうな美男子であり、3人の息子とタマル(アブサロムの妹と同じ名前)という娘がいました。
アブサロムはエルサレムに戻って2年が経つというのに父ダビデの目通りは叶いません。アブサロムはヨアブに人を遣わして、父と会えるようにしてもらおうとしますが、ヨアブは来ようともしませんでした。アブサロムはヨアブの地所に火を放ちます。ヨアブがアブサロムの家に行きますと、アブサロムは呼んでも来なかったから火を放ったと言います。そして父に会えるようにしてほしいと頼みました。ヨアブの進言で王はアブサロムを呼び寄せ、口付けをしたのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする