<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】あべ俊子先生 | main | 【聖書】サムエル記下17章 >>
【聖書】サムエル記下16章

サムエル記下16章・・・・・・主がダビデを呪えとお命じになったのなら
「主の命令で呪っているのだ。主がわたしの苦しみをご覧になり、今日の彼の呪いを代えて幸いを返してくださるかもしれない」16:11

くぅ〜ママのちょっと一言
都落ちするダビデの下にやってきた人がいます。
一人はシムイ。ダビデに取り入ろうと多くの食料を持ってやってきます。その時、自分の主人であるメフィボシェトを中傷します。自分に評価を高める為に人を中傷するのはなんて浅ましい心かと思います。
またサウロ一族の者がダビデに呪いの言葉を言いながらついてきます。ダビデはこの呪いの言葉を甘んじて受けます。本当に悔しかったと思います。最後までサウルを主が油を注がれたものとして大切にしただけに耐えられない言葉だったことでしょう。
私たちの人生においても事実と違う評価を受けたり、言い訳の出来ない状況や理解してもらえないようなことが起ります。そのような時私は「天に対しても人に対しても私は真実を尽くした」と自分に言い聞かせます。いつの日か分かってもらえる日が来る事を信じて。たとえそのような日が来なくても天におられる主はすべてをご存知であると思うことが耐える力になります。

聖書要約
ダビデとツィパ
ダビデが山頂から降りようとした所にヨナタンの息子のメフィボシェトの従者のツィパが2頭のろばと200個のパン、100房の干しぶどう、100房のぶどう、ぶどう酒1樽をダビデに献上しようとやってきました。そしてツィパはダビデに言いました。「メフィボシェトがこの機に祖父サウルの王国を取り戻すのだと言っている」と。ダビデは「メフィボシェトのものはすべてツィパのものにするがいい」と言いました
ダビデとシムイ
ダビデがバフリム村を通りかかるとサウル一族の者でシムイという男がダビデに「出て行け、人殺し、サウル家から王位を奪ったことで主は報復される。お前が人殺しをしたから息子に追われる羽目になったんだ」と石を投げつけながらダビデを呪いました。家臣が切り付けましょうかとダビデに言いましたが、ダビデは「主がダビデを呪えとお命じになったから呪っているのだろう。どうしてはばめよう。神は私がこの不当な扱いに甘んじて受けていることをご存知です。きっとあののろいに代えて私に祝福を下さるだろう」と言いました。
アヒトフェルとフシャイ
アブサロムはエルサレムに入城しました。ダビデの指示でアブサロムの元に来たフシャイもアブサロムに新しい王の誕生を喜びます。アブサロムはけげんに思って問うと、「私は主が選ばれた王に仕えるのです」と詭弁を使って納得させたのです。
さてアブサロムはこれからどのようにすればよいかをアヒトフェルに意見を求めました。ダビデ王もそうであったように、彼の言葉は神からの言葉のように受け取られていたのです。アヒトフェルはアブサロムにダビデ王が残しておいた側女を我がものにすることで、父に変わってあなたが王になったことを民に知らしめることができる。またダビデとの亀裂が決定的になったことが民に伝わると進言したのです。そこで屋上に天幕が張られ、誰の目にもそのことが分かるようにことが成されたのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする