<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】副菜の誕プレ | main | 【聖書】サムエル記下18章 >>
【聖書】サムエル記下17章

サムエル記下17章・・・・・・主が定められたからである
「アヒフトフェルの優れた提案が捨てられ、アブサロムに災いが下ることを主が定められたからである」17:14

くぅ〜ママのちょっと一言
フシャイのアブサロムへの進言により、アヒフトフェルの意見が退けられました。ダビデが望んでいたとおりになりました。聖書には主が働かれたからだと書かれています。
ダビデはきっと「主が働いてくださるように」と祈ったことでしょう。自分の努力の範囲以外のことは主にお任せするしかありません。そしてそのように祈った結果であれば、それがどのようなものであっても、たとえ自分の思いと違っていても受け入れることができるような気がします。なぜなら主は私たちに最善のことを用意してくださっているのですから。「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない、将来と希望を与えるものである。そのとき、あなたたちがわたしを呼び、来てわたしに祈り求めるなら、わたしは聞く。わたしを尋ね求めるならば見出し、心を尽くしてわたしを求めるなら、わたしに出会うであろう、と主は言われる」エレミア29:11〜14

聖書要約
アヒフトフェルはアブサロム王にダビデが疲れているところを襲ったらどうかと奇襲作戦を提案しました。長老全員がその計画に賛成しましたが、フシャイの意見も聞いてみることになりました。フシャイはその意見に反対し、全イスラエルを集結してアブサロム自らも戦う総力作戦を提案しました。誰もがフシャイの意見のほうが優れていると思いました。アヒフトフェルの良策が捨てられたのは、主がアブサロムに災いが下るようにされたからでした。さてフシャイはこのことをヨナタンとアヒマアツを通してダビデに伝えようとしました。今夜中にヨルダン川を渡ってしまわれるようにと。ダビデの下に行こうとする彼らの行動はアブサロムに知られてしまいますが、ある家の井戸に匿ってもらい、無事任務を果たします。そしてダビデはその夜ヨルダン川を渡り終えたのです。アヒフトフェルは自分の意見が退けられたことで、故郷に帰って首をつって死にました。
会戦の準備
ダビデがマハナイムについた頃、アブサロムはヨルダン川を渡ることが出来ました。ダビデ軍の指揮官はヨアブの代わりに、ヨアブの従弟のマアサが務めました。マハナイムについたダビデを暖かく出迎えたのはショビ、マキル、バルジライの3名でした。寝具や調理器具、食べ物などを持って来てくれたのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする