<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】花さじき | main | 【聖書】列王記上1章 >>
【聖書】サムエル記下24章

サムエル記下24章・・・・・・無代価の赦し
「いや、わたしは代価を支払って、あなたから買い取らなければならない」23:24

くぅ〜ママのちょっと一言
私たち人間は本当に罪を犯しやすい者です。主に喜びの感謝をささげたすぐその後で、友に対して不平をもってしまう。また今まで主によって守られ、導かれたことを知りながら、これから先に不安を覚える。なんと罪深いことかを思います。ダビデもまた主のみ前に罪を犯してしまいました。主からの裁きは厳しいものでしたが、主の哀れみでその災いは途中半ばで中止されたのです。私たちも主に裁かれるような罪深い者ですが、主の哀れみによって裁きが下ることがないように主はご配慮してくださっています。ダビデは罪が赦される為にアラウナの地所に祭壇をささげましたが、私たちは、罪のために十字架に架かられたイエスキリストを信じることによって罪が赦されるのです。ダビデは無償で差し出された地所に対して代価を払いましたが、十字架によって罪赦されることは代価も修行も資格もいりません。ただ頂くだけでいいのです。ただ、イエスさまの十字架に従うだけでいいのです。
その麦打ち場の場所は後にエルサレム神殿が建てられることになる場所なのです。次の時代を暗示してこのサムエル記は幕を閉じます。

聖書要約
ダビデの人口調査
神が再びイスラエルに怒りを燃やされるようなことが起きました。ダビデが人口調査をするように命じたのです。軍の司令官ヨアブは「主が我々を守り、民を増やしてくださいます。王がそのことを心配されなくても大丈夫です」と進言したのですが、ダビデの思いは強く、ヨアブは9ヶ月と20日かけて町々を巡って数え上げました。結果、徴兵できる人口はイスラエル80万人、ユダが50万人でした。その後ダビデの良心は主に罪を犯したことに気付き、心痛めて主に懺悔の祈りをささげました。翌朝、神の言葉が預言者ガドに望み、主の裁きが下りました。ガドは主の言葉をダビデに伝えました。「七年間の飢饉があなたの国を襲うか、あなたが3か月間敵に追われて逃げることか、3日間国に伝染病が起こるか、三つの内から選びなさい」というのです。ダビデは主の御手に倒れようと決めました。すなわち国は伝染病に3日間見舞われたのです。国中で7万人もの死者が出ました。主のみ使いがエルサレムに災いを下そうとされた時、主は民を哀れんで中止するようにお命じになりました。み使いの立っていた場所はエブス人アラウナの麦打ち場でした。ガドはダビデにそこに行って祭壇を築くように告げたのです。ダビデはアラウナに「疫病を終わらせていただけるように祭壇を築く為にその場所を買わせてほしい」と願います。無償で差し出そうとするアラウナにダビデは無償で得たものを主におささげすることはできないと代価を払って買い取り、主に祭壇を築き、献げものをしたのです。主は祈りに応えられ、疫病は止みました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする