<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】毎日新聞 | main | 【聖書】列王記21章 >>
【聖書】列王記下20章

列王記下20章・・・・・・涙を見られる神
「わたしはあなたの祈りを聞き、涙を見た」20:5

くぅ〜ママのちょっと一言
実際エルサレムはバビロンによって滅ぼされ、民は捕囚の民となります。ヒゼキヤの何がいけなかったのでしょう。それは病気が癒された時の主の言葉の「私自身の栄光のため」と言う言葉がキーワードだと思います。バビロンの使者に宝物庫などを次々と見せた時の王の心を想像してみると、王は自分に対して高い評価を得ることを期待して自慢げな心で使者に金銀などを見せたことでしょう。本来ヒゼキヤは主から延命していただいた15年間をもっと謙虚に、主の栄光のために使うべきだったのではないかと思います。
そもそも命そのものが自分のものではないと思います。主から与えられた命であり、主から与えられた今日一日です。不平や不満を言わず、また傲慢な気持ちにならず、主に感謝して、主に喜ばれる一日を送りたいです。

聖書要約
ヒゼキヤの病気
ヒゼキヤ王が重い病気を患いました。預言者イザヤは王の元にきて主の言葉を伝えました。それはこの病気は治らないので遺言を書くようにというものでした。王は顔を壁に向けて主に嘆願しました。「私がいつも主にお従いしてきたことを思い出してください」と。するとイザヤが中庭を出ないうちに主の言葉がイザヤに臨みました。「先祖ダビデの神は王の祈りを聞き、涙を見た。3日後に床から起き上がり、寿命を15年延ばす。アッシリヤから王とこの町を救いだす。それは私自身の栄光の為、わたしのしもべダビデのためである」と。イザヤがいちじくを患部につけるとヒゼキヤ王の病気は回復したのです。イザヤはその証拠として日時計を10度後戻りさせたのです。
バビロンからの見舞い客
バビロンの王がヒゼキヤの病気を聞きつけ使者に手紙と贈り物を見舞いとして託しました。ヒゼキヤはその使者を歓迎して、宝物庫や武器庫のすべてを彼らに見せたのです。預言者イザヤが王を訪れ主の言葉を伝えました。「王宮にある先祖が蓄えてきた全ての物がバビロンに運び去れるときがくる。王子の中には宦官にされるものもある」と。ヒゼキヤは「主がお望みならそれもいいでしょう」と答えました。自分が生きている間は安泰であると考えてほっとしたのでした。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする