<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】新ショウガの甘酢漬け | main | 【聖書】歴代誌上22章 >>
【聖書】歴代誌上21章

歴代誌上21章・・・・・ダビデの人口調査の目的
「主の御手にかかって倒れよう。主の慈悲は大きい。」21:13

くぅ〜ママのちょっと一言
サムエル記下24章との並行記事です。
人口調査は神の主権の侵害に繋がることでした。モーセも人口調査をしたことが民数記には度々出てきます。しかしそれは主が命じられたものでした。同じ人口調査でも目的が異なるのです。
主は心を見られる方でありますので、同じことをしたとしてもその心がどのようなものであるか、また自分の立ち位置がどこにあるのかで、主の目に良いことにもなるし、主の目に悪となることもあるのです。私たちもダビデのように主に委ねながらも自分の力を計算したくなることがあります。ただ自分の力を計算することそのものが悪いというわけではないのです。自分に与えられた力を主に感謝し、これを主に用いてくださるように祈るならば、自分の力を計算すること自体は悪いことではないと思うのです。

聖書要約
ダビデの人口調査
サタンがイスラエルの人口を数えるようにダビデを誘いました。命令を受けた最高司令官のヨアブは「戦うことが出来る者が何人であろうとも、主が百倍にでもしてくださいます」と、人口調査をすることは主に対して罪を犯すことになると王に進言したのですが、ダビデは聞き入れません。ヨアブはイスラエルとユダの中で剣を取ることができる男子の数を調べました。しかしその後ダビデはこの事を罪と気付き、主にざんげの祈りをささげました。主は先見者ガドを通してダビデに3つのことから選ぶようにとの指示が告げられます。一つ目は3年間の飢饉、2つ目は3ヶ月間敵の剣に攻められること、3つ目は主の剣として3日間の疫病でした。ダビデは主のご慈悲は大きいと主の剣にかかることを選びます。そこで主は疫病をイスラエルにもたらせるために御使いを遣わされたのです。この災いによって7万人が倒れました。主はエブス人オルナンの麦打ち場にいる御使いにその手を下ろすように言いました。ダビデはエルサレムに向かって来る御使いを見て、主に祈ります。「罪を犯したのは私ですから、民に災難を遭わせないで下さい。み手が私と私の父の家に下るように」と。ガドと通して主から麦打ち場に祭壇を築くように言われたダビデはオルナンから麦打ち場を買い取り、祭壇に焼き尽くす献げ物と、和解の献げ物をささげ祈りました。主は御使いに剣をさやに戻すように言われました。ダビデはギブオンの聖なる高台に主の幕屋も祭壇もありましたが、ダビデは主の御使いの剣を恐れて、そこへは行くことができなかったのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする