<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】なにを学ぶのか | main | 【聖書】歴代誌下5章 >>
【聖書】歴代誌下4章

歴代誌下4章・・・・・・最上の祭具
「ソロモンは神殿に置くためのあらゆる祭具を作った」4:19

くぅ〜ママのちょっと一言
祭壇はモーセのときのものより遙かに大きいものだそうです。洗盤については列王記と飾りや大きさの表現に違いがあります。また用途もいけにえの道具を洗い清めるというモーセの規定に対して、祭司が身を清めると違ったことが書かれています。どちらにしてもこれらの物はエルサレム陥落の時に破壊され、バビロンに持ち去られてしまうことになるのです。ここに書かれている神殿は見ることが出来ないのです。さどかし素晴らしい神殿だったことでしょう。しかし新約聖書には神殿について次のように表現している箇所があります。「あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたはもはや自分自身のものではないのです。…だから、自分の体で神の栄光を現しなさい」と。
ソロモンの神殿より、もっと素晴らしい神殿として自分自身が輝くことができたらどんなに素晴らしいでしょう。心に宿ってくださる聖霊の力によってそれが可能なのです。

聖書要約
ソロモンは青銅製の祭壇を造りました。長さ幅が10m、高さが5mあります。また鋳物で「海」を作りました。海は12頭の鋳造の牛の上に据えられていました。その他、清めのための10の洗盤、10の金の燭台、10の聖卓、100の金の水盤、を作りました。そして熟練者のフラムに以下のものを作らせました。2本の柱の上にある柱頭、柱頭につけられた2組の鎖、鎖から垂れ下がる400個のざくろ洗盤の台と洗盤の本体大洗盤とそれを載せる12の鉢、十能、肉刺し。それらに用いられた青銅はあまりにも大量で量る事はできませんでした。
神殿の中のものは金が使われました。供えのパンを載せる机、燭台、ともしび皿、火箸、芯切りはさみなど純金で造られたのです。神殿のも金で作られました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする