<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】病気のお祈り | main | 【聖書】歴代誌下11章 >>
【聖書】歴代誌下10章

歴代誌下10章・・・・・・北王国と南王国に分裂
「こうなったのは神の計らいによる」10:15

くぅ〜ママのちょっと一言
ダビデ、ソロモンにより統一された王国は、レハブアムの判断の間違いで二つに分裂してしまいます。それ以来北王国イスラエルと南王国ユダに分かれてしまうのです。その事は列王記上の11章12章に並行記事として書かれています。列王記ではソロモンが外国から娶った妻の影響を受けて偶像礼拝に陥ったことに触れられています。「律法に従って歩むならあなたを祝そう」と言われた主の約束をソロモンは守ることが出来なかったのです。
旧約時代の神と人類との契約は「主の掟を守れば祝福、守らなければ裁き」です。しかしイエスキリストの十字架の愛は条件つきではないのです。新約に生きる私たちは私の罪を贖う為にイエスキリストは十字架に架かられたと、ただ信じることにより主の祝福に入れられるのです。

聖書要約
王国の分裂
レハブアムの即位式のためにイスラエルの指導者達はシケムに集まりました。ソロモンを避けてエジプトに逃げていたヤロブアムも戻ってきました。そして民と共にレハブアムに「あなたの父上は過酷なくびきを我々に課しました。そのくびきを軽くしてください。そうすれば私たちはあなたに仕えます。」と言いました。レハブアムは「3日経ってから来るが良い」と民を立ち去らせました。
レハブアムが相談した長老達は「民が言うとおり優しい態度を示してやりなさい」と言いましたが、レハブアムと共に育った若者達に相談すると、「父上が課したくびきよりもっと重いくびきを課した方がいい」と進言しました。レハブアムは若者達の意見を聞き、そのように民に伝えたのです。実は神がそのようになさったのです。それを聞いたイスラエルの人々は「ダビデの家に我々の継ぐ分はない。レハブアムはユダだけの王になればいい」と言って自分の天幕に帰っていきまいた。ユダはレハブアムに忠誠を尽くしました。
その後レハブアムはイスラエルから労働者を駆り集めようとハドラムを遣わしたのですが、石を投げつけて殺してしまいました。この知らせを聞いたレハブアムは戦車に乗ってエルサレムに帰って行きました。イスラエル王はダビデの子孫に治められることを堅く拒み続けました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする