<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】性教育を | main | 【聖書】歴代誌下15章 >>
【聖書】歴代誌下14章

歴代誌下14章・・・・・・主を求めたから
「主を求めたからこそ、主は周囲の者たちから我々を守って、安らぎを与えてくださったのだ。」14:6

くぅ〜ママのちょっと一言
アサが主の前に忠実に歩んだ王であったことと、そのアサに主が報いてくださったことが書かれています。アサは内では宗教改革を行い、外に対しては砦の町を次々と築き、数はそれ程多くありませんでしたが、兵士を整えました。そしていざ戦いとなった時には、怖気ず、また傲慢にもならず、謙って主に助けを祈り求めました。
私たちも自らのできることは手を抜かずきちんと努力し、その上で主に委ねることによって平安を得るという生き方がしたいと思います。委ねるとは、何もしないでただ主に祈ることのように思いますが、そうではないのです。

聖書要約
ユダの王アサ
アビヤの子アサが王になりました。アサは心から主に従った王です。彼は異国の祭壇や聖なる高台を取り除き偶像を壊しました。そして民に律法を守るように命じました。主はこの国に安らぎを与えられたので、民は平穏に暮らすことができました。アサは我々が主を求めたので、主は周囲の者から我々を守ってくださり、この地を保有することができたと言って、ユダに砦の町を築きました。またえり抜きのユダの兵士とベニヤミンの兵士が武装して民を守りました。クシュ人のゼラが戦いを挑んできたことがあります。ユダの軍隊の方が数の上ではるかに劣勢だったのですが、アサ王が主に「主を頼みとしている我々を守ってください」と祈ると、主はアサの目の前でクシュ人を撃たれ、クシュは絶滅しました。多くの戦利品と羊やらくだを奪って、意気揚々と凱旋したのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする