<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】尼崎西教会 | main | 【聖書】エズラ記6章 >>
【聖書】エズラ記5章

エズラ記5章・・・・・・共にいて助ける
「神の預言者たちも彼らと共にいて、助けてくれた。」5:2

くぅ〜ママのちょっと一言
預言者が主の言葉を携えてきました。工事を中断してしまったユダを励ますためです。それによって工事が再開しました。
クリスチャンはこの預言者のように主の言葉を携えて人々を励ますという使命が与えられているのだと思います。愛が忘れ去られたような社会の中に神からいただいた愛を届けることや、希望が見出せないような閉塞感ただよう若者に対して、「あなたは命を輝かせるためにこの世に送られてきたんだ」と伝えることや、主から裁かれるような生き方から主に喜ばれる生き方を示すことによって、社会を変えることが出来るのではないかと思うのです。

聖書要約
神殿の工事の開始
預言者ハガイとゼカリヤはエルサレムにいるユダの人々に向かって、主の神殿の工事を再開するように励ましました。するとユーフラテス川西岸の知事らが駆けつけてきて「誰が工事再開を許可したのか、工事をしている者の名簿を出すように」ととがめました。しかし神の目がユダに注がれていたので、工事は中断することなく続けられながら、ダレイオス王の返事を待つことになりました。
ダレイオス王への書簡
ユーフラテス川西岸の人々はダレイオス王に報告書を送りました。そこには神殿建築が順調に進められているとの報告と共に、この神殿建築はペルシャのキュロス王の命によって行われているとユダの民は言っているがそれが本当かどうか記録保管所を調べてほしいということが書かれていました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする