<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】フレッシュトマトの冷製パスタ | main | 【聖書】ネヘミヤ記8章 >>
【聖書】ネヘミヤ記7章

ネヘミヤ記7章・・・・・・暖かい心が通う信仰
「このハナンヤは誠実でだれよりも神を畏れる人物だった。」7:2

くぅ〜ママのちょっと一言
ようやく城壁が完成しました。ネへミヤはペルシャの王と約束したことを一応果たしたことになります。しかしネヘミヤにはまだすることがあったのです。それは見える形でエルサレムの城壁と神殿が再建しただけであって、そこに信仰を形作る必要があったのです。エルサレムに住む人も少ない状態のなかで、この神殿を中心にイスラエルの人々が主を中心とした生活、神を中心とした人生を送ることが出来るように民の信仰を整える必要があったのです。
形骸化した信仰は時が経てばもろくも崩れます。信仰に血が流れ、肉付きがあれば、崩れる事はありません。「形ばかりのお祈り、習慣的に礼拝に行く」そのようなことにならないようにいつも暖かい心の通う主への信仰を保ち続けたいと思います。

聖書要約
城壁の官製と警備
城壁が完成し扉が取り付けられました。そこに門衛と詠唱者とレビ人を任務につかせました。そしてエルサレムを治める責任者として、要塞の長をハナニをに、行政の長をハナヌヤに委ねました。ハナヌヤは誠実で誰よりも神を畏れる者でした。そして守衛は太陽が登りきるまでかんぬきを開けないことなど規則正しく警護に当たるように指示しました。
その頃のエルサレムは大きい町なのにまだ人口は少なく、家もまばらでした。
神の命令で人口調査をしようとしたとき、以前に帰還した者達の系図を見つけたのです。そこには当時11名の指導者を中心に帰還したことが書かれていました。そして31の部族など、祭司は4部族、レビ人は74名、聖歌隊148名、門衛138名、神殿の奉仕者、ソロモンの家臣などの名簿でした。中にはユダヤ人である事を証明できない人たちがいました。デラヤ族やトビヤ族、ネコダ族の人たちです。また祭司の中にも系図を紛失したものがあり、祭司である事が分かるまで、祭司の職に就けないばかりか、分配にも預かれませんでした。また多くの家畜も一緒に連れてきたことが記されていました。家長の中には工事の寄付をした者もいました。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする