<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】誰も見たことのないことが | main | 【聖書】ネヘミヤ記13章 >>
【聖書】ネヘミヤ記12章

ネヘミヤ記12章・・・・・・響き渡る喜びの声
「エルサレムの喜びの声は遠くまで響いた」12:43

くぅ〜ママのちょっと一言
城壁が完成してそれを神さまにお献げする日がやってきました。大勢の大人が城壁の上で讃美しながら行進したのです。そこにはネヘミヤもエズラもいました。その喜びの声は遠くまで響きました。城壁の再建は決して容易なことではありませんでした。色々な内外の障害を乗り越えて完成した城壁。狐が上るだけで倒れてしまうと嘲笑された城壁でしたが、見事に完成したのです。民の心がくじけることなく、主の為に働いたことと、主がそれを用いて下さった結果だと思います。
私たちも難題を前にして、「私にはその力はないです。それは無理です」と言いたくなることがありますしかし。「主よ、あなたの御助けによってそれは可能です」と胸を張って、いつも言いたいと思います。そしてその結果、遠くまでとどろくような感謝を喜びの声を上げる者でありたいです

聖書要約
帰還した祭司とレビ人の名簿
ゼルバベルとイエシュアと共に上ってきた祭司22名とレビ人6名の名が名簿に記されています。レビ人のマタヌヤは礼拝で感謝の歌を歌う責任者、そしてそれに応答して歌う者もいました。また祭司であり、家長であった者20名が記されています。これらの系図はペルシャ王ダリヨスの時代に作成されたものです。レビ人の長は感謝と讃美の礼典を守りました。門衛は門の倉庫の責任を持ちました。彼らは私(ネヘミヤ)が知事、エズラが祭司及び宗教教師をしていた時に活躍してくれた人たちです。
城壁の奉献
城壁が完成してその奉献式が行われました。国中からレビ人や聖歌隊が集まりました。祭司が身を清め、そして民や奉仕者を清めました。それからユダの指導者達を城壁に上らせて二つの大合唱隊を作りました。そして二組は感謝の歌を捧げながら歩きました。楽器はダビデ王の楽器が使われました。一組の先頭はエズラです。二組は神殿の前の城壁で出会い、そしてそこから神殿に向かって歩きました。この喜ばしい日を記念して多くのいけにえが献げられました。この喜びの歌は遠くまでとどろきました
その日献げ物の責任者が決められました。献げられた物は祭司とレビ人に割り当てられました。ダビデやアサフの時代に始まった聖歌隊や門衛の働き。それを再現することができたことを人々は感謝し、日ごとの食糧をもってくることにしたのです。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【diary】 |
コメント
コメントする