<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】簡易トイレ | main | 【聖書】ヨブ記24章 >>
【聖書】ヨブ記23章

ヨブ記23章・・・・・・常に主を見出す
「どうしたら、その方を見いだせるか」23:3

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨブはもはや友に訴える事は止めて独り言を言います。穏やかな語り口調です。「神に会いたい。会えば神は分かってくださるはず。しかしどこに神がおられるのだろう。いや私が神を探せなくても神は私をご存知で、私の潔白を知っておられる。しかしそう思うとなおさら、私は怖い。どうしたらいいのか全く分からなくなってしまう。」と言うのです。
「神さまは離れられることなくいつも私と共にいてくださる」このように言えるのは信仰の目で神を見ているからです。時々神を遠くにしか感じなくなったり、時には分からなくなってしまうことがあります。それは信仰の目の前にはガラスがあって、その透明度によるような気がします。ガラスの透明度が増せば、いつもと変わらない神の優しい姿が見ることがきる。いつも私と神さまの間をクリアにしておきたいと思います。

聖書要約
ヨブは再び答えます。
今日も私は苦しみ嘆く。私の身に起こっている事は辛すぎる。どこに行けば神に会えるのだろう。会うことが出来たら、私は神に談判したい。神のお言葉もお聞きしたい。それでも神は私を退けられるだろうか。否、きっと神は私を顧みてくださる。そして私は神に正しいものとされるだろう。しかしどこを探しても神を見出す事はできない。私が神を見ることが出来なくても、神は私の身に起こっていることをご存知のはず。よく見てくだされば、私が潔白であることは分かるはず。神の言葉に従い、神の望まれるように行ってきた。だからこそ私は怖くてたまらない。すっかり弱気になってしまった。周囲が闇で覆われているようだ。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする