マナ's Blog

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】イースター | main | 【diary】さくら >>

【聖書】12の罪・ヨブ記31章

ヨブ記31章・・・・・・わたしの歩みを数えておられる神
「神はわたしの道を見張り、わたしの歩みをすべて数えておられるではないか」31:4

くぅ〜ママのちょっと一言
ヨブは過去のよき時代を語り、不幸な今を語った後、再び身の潔白を強く主張します。
12の罪についてヨブは身の潔白を主に迫ったのです。
新約聖書のマタイ19章に金持ちの青年がイエスに「先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか」と尋ねたことが書かれています。掟(神の教え)を守りなさいといわれた青年は「そんなことはみな守っています」と答えます。するとイエスは「持ち物を売り払い貧しい人に施しなさい」と言われたのです。青年は悲しみながら立ち去ります。沢山の財産を持っていたからとマタイは書きとめています。
神に対して「私は掟を守っています」と胸をはっていいきれる生き方は素晴らしいと思いますが、神の求めておられる事がそれ以上の義だとすれば、決して胸を張る事はできません。むしろ「私にはそれだけの愛はないのです」と主の前にひれ伏す方が、主が求めておられることに近いのではないかと思います。

聖書要約
続けてヨブは語ります。
「私は情欲の目で女性を見たりしない。淫らなことを行ったら神が裁かれるではないか。また私はうそをついたり人を欺いたりした事はない。神に潔白を知ってもらいたい。また欲張ったこともない。もしそんなことをしたら子孫を根絶やしにされても構わない。姦淫したこともない。それは恥ずべきことだ。また奴隷の権利を無視したこともない。神は私を作り、奴隷も同じようにお造りになったのだから。貧しい人や孤児、未亡人をたすけなかったことは決してない。もしあるなら腕が肩から抜け落ちても構わない。また富に頼ったこともない。富によって自分が優れているなんてことはないのだから。偶像を拝んだこともない。天の神を否定することになるのだから。敵が苦しむのを喜ぶこともない。旅人を野宿させるようなことはしたことがない。アダムのように自分の罪を隠そうとしたこともない。畑を乱用したことも小作人の収穫を奪い取ったこともない。」このようにヨブは語りつくしたのでした。

【お知らせ】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする