<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】笑い | main | 【ママの声】感染症が激しい中、里帰り出産を受けて入れて下さり… >>
【diary】詩編20章

詩編20章・・・・・・我らは主を誇る
「戦車を誇る者もあり、馬を誇る者もあるが、我らは、我らの神、主の御名を唱える。」20:8

くぅ〜ママのちょっと一言
1〜5節は民がダビデの為に主に執り成しの祈りを捧げて歌った歌。
6節はダビデが民に神の助けの確信を持って応えています。
そして最後には頼るべきは主であることを歌っています。
人々は戦車などの人的力に頼りますが、クリスチャンは主に頼ります。信仰は目に見えませんし、客観的な確証がなく、なんとも頼りなげに思えるかもしれませんが、主に優る助け手や避けどころは他のどこにもないのです。

聖書要約
苦難の日に主があなたと共におられるように。すべての危険からあなたを守り、聖所から助けの手を伸べてくださいますように。
主があなたの捧げ物を心に留め、あなたの願いを叶え、計画を実現させてくださいますように。あなたの勝利が伝えられると、喜びの声が湧き上がり神を称える旗が高々と掲げられますように。あなたの祈りが全て実現しますように
主がお救いになることを私は知りました。主は力強い右の手で救いの力を示されます。他の国々は戦車や馬を誇りますが、我々は主を誇ります。彼らは力を失って倒れますが、われらは力に満ちて立ち上がります。主よ、王に勝利を与え、われらの祈りに答えてください。

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【diary】 |
コメント
コメントする