<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】週末を迎えて | main | 【聖書】詩編23編 >>
【聖書】詩編22編

詩編22章・・・・・・絶望から希望へ
「地の果てまですべての人が主を認め、御もとに立ち帰り、国々の民が御前にひれ伏しますように」2:28

くぅ〜ママのちょっと一言
22編はイエスの十字架上の出来事が歌われています。(イエスキリストが十字架に架かられたときにここに書かれたことが実際に起こります)嘆き、信頼、絶望、主にある希望など次々と詩人の心を襲う様子が手に取るようにわかります。
私たちも苦難にあったときに同じような思いで主に祈ることがあります。祈りの中で色々な思いを吐露しますが、しかし祈りの最後は必ず希望です。だから涙を拭いて一歩踏み出すことができます。イエスが歩まれた道は苦難の道ですが、最後は勝利でした。そのみ跡に従って歩みたいと思います。

聖書要約
わが神わが神、どうして私をお見捨てになるのですか。昼となく夜となく呼び求めても答えて下さらない。しかし主は清いお方です。先祖も主のみ座を取り囲み讃美しました。主は主に信頼していた彼らを助け出してくださいました。主に助けを求める者を主は放っておかれません。しかし私は虫けらのように人に嘲笑われています。「お前は主にお気に入られているとうぬぼれていたじゃあないか。主に助け出してもらえたら、信じてやろうじゃあないか」と。
私は乳飲み子の時から、いや母の胎内にいる時からあなたにすがってきました。私から離れないで下さい。私を助ける者はいないのです。
雄牛や猛牛や獅子が私に襲いかかります。私は骨もはずれ、心は蝋のように溶け、口は渇いて、舌が上あごに張り付きます。しかしあなたは私を塵を死の中に打ち捨てられました。犬が私を取り囲むように、私は人々にさらし者にされ眺められ、人々は私の着物を分けようとくじを引きます。主よ、私の側にいてください。こんな悪人たちから私をお救いください。
主は必ず私をお救いくださるに違いない。私は兄弟達の前であなたを語り讃美します。主を畏れる者は皆主に栄光を帰せよ。主は貧しい者の叫びを聞いてくださいます。私たちは感謝をささげ、たらふく食べて満足します。主を求める者が永遠のいのちが与えられますように
そしてすべての人が主を信じ、主にひれ伏しますように。主が全世界を治められ、すべての人々、死に下った人々も主の御前に身をかがめます。私の魂は命を得、子孫もあなたに仕え、恵を得るでしょう。

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 【diary】 |
コメント
コメントする