マナ's Blog

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】玉出教会講演 | main | 【diary】玉出教会 >>

【diary】快い愛・雅歌4章

雅歌4章・・・・・・あなたの愛は快い
「わたしの妹、花嫁よ、あなたの愛は美しく、ぶどう酒よりもあなたの愛は快い。」雅歌4:10

くぅ〜ママのちょっと一言
1節から5節は花嫁の美しさをいろいろな自然に例えて称賛しています。6節の「乳香の丘」は女性の体の隠喩、「行く」を触れると考えられるとのこと。
8節の高く険しい山々は勇気をもって花婿の所に来る様子を、12節は花嫁の処女性を表しています。
花婿と花嫁を神と私たち、キリストと教会と考えるなら、神さまは私たちに対してこのように称賛の目を向けてくださるということです。なんと嬉しいことでしょう。もっと純粋に、もっと愛の人になりたいと思えてきます。

聖書要約
若者の歌
1〜6節:恋人よ、あなたは何と美しいのでしょう。その目、その髪、歯、唇、こめかみ、首、乳房そのすべてが美しい。私は夜が明けるまでにあなたを抱きしめたい
あなたは何もかも美しく、傷一つもありません。
8節:さあ、レバノンから勇気を出して下りておいで。
9〜11節:私の花嫁よ。君は私を虜にしてしまった。君の語りかけで私の心はときめきます。ああなんて美しいんでしょう。ぶどう酒よりあなたの愛は心地よい。どんな香油より芳しい。唇ははちみつのよう。
12〜15節:私の花嫁は閉ざされた園。私だけの泉。素晴らしい実がなり、様々な草花の香りのするところ。園の泉は命の源。
おとめの歌
16節:北風よ、南風よ、吹いておくれ。私の愛する人の元に香りを届けておくれ。愛する人が私の庭に来て最高の実を食べてくださるように

【diary】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする