マナ's Blog

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】スローペース | main | 【聖書】滅びた・イザヤ書15章 >>

【聖書】守られる神・イザヤ書14章

イザヤ書14章・・・・・・わが民を守られる主
「その軛は、わが民から取り去られ、その重荷は、肩からはずされる。」14:25

くぅ〜ママのちょっと一言
イスラエルの民がバビロン捕囚から解き放たれ、バビロン王の最後の様子が幻で与えらます。アッシリアに対してはユダの地で滅ぼされること。そしてペリシテに対してはより力あるアッシリアが攻めてくることを預言しています。しかし実際はアハズ王の後継者ヒゼキヤに対する警告をペリシテへの警告という形がとられているとのことです。時代が遡って書かれています。ペリシテはアッシリアにアッシリアはバビロンに滅ぼされますバビロンはペルシャに滅ぼされるのです。「奢れるものは久しからず」が世の常と言えます。力を持った者が謙遜であり続けることは本当に難しいことだと思います。自分の力を頼りに生きている者が陥る罠ではないかと思います。自分の人生を主にお任せしたときに、思わぬ地位を得た時も、思わぬ迷路に入り込んだ時も、思わぬダメージを受けた時もいつも変わらない平安が心にあるのだと思います。

聖書要約
グッドイスラエルの回復
神はイスラエルを憐れまれ、神の民として再び自国に連れ戻されます。外国からイスラエルに移住してきた者は彼らに仕えるようになります。
グッドバビロンの滅亡
主がバビロンでの捕囚生活から解き放ってくださる時、あなた方はバビロンの王にあざけりの歌を歌います。「弱い者いじめをするバビロンの抑圧は主によって終わりの時が来た。彼らは怒りにまかせて諸国民を支配したが、今ようやく世界に平和が戻った。レバノン杉までもが喜ぶ。地獄の門ではバビロンの王が来たことを喜ぶ。王の高ぶりも地獄に落ちた。
なぜ明けの明星と呼ばれたバビロンが地に投げ落とされたのか。それは「私は天に昇り、神の上に立とう」と言ったからだ。地獄に落ちたお前を見た者は「本当にこの人が世界中の王を震撼させた王なのか」と言う。
国々の王は立派な墓に埋葬されるものだが、お前は墓の外に投げ捨てられる。お前は自分の国を滅ぼし、民を虐殺したのだから、死体は踏みつけられ、永遠にその名を呼ばれることはない。万軍の主はバビロンの末裔までもたち滅ぼされる。都は山あらしの住処、滅びのほうきで掃き清められる。
グッドアッシリアのくびき
万軍の主はイスラエルに攻め込んだアッシリアを必ず滅ぼすと言われます。二度と彼らの奴隷となることはありません。万軍の主がお決めになったことは誰も止めることはできません。
グッドペリシテに対する警告
アハズ王が死んだ年の神から頂いた言葉です。「ペリシテ人よ。お前が打った王が死んだからと言って喜ぶのは早い。その子は私が養う。だが、お前たちは飢饉によって滅びる。外国の使者たちには「神はエルサレムを選ばれた。そこに身を寄せる苦しむ民を守ることにした」と報告しなさい。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする