マナ's Blog

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】4か月のベビー | main | 【聖書】反アッシリア同盟・イザヤ書18章 >>

【聖書】都の面影を失う・イザヤ書17章

イザヤ書17章・・・・・・都の面影を失う
「見、ダマスコは都の面影を失い、瓦礫の山となる。」17:1

くぅ〜ママのちょっと一言
ダマスコとエフライム(北イスラエル)は反アッシリアの同盟国であり、同じように主に裁かれます。ただ、ダマスコは壊滅しますが、神の民であるエフライムは残されるものがいます。なぜアッシリアによって攻められたのかその理由は「主を忘れたから」と書かれています。この預言はダマスコが繁栄をきわめていた時に告げられたのだそうです。きっと当時の人たちは信じることが出来なかったことでしょう。クリスチャンはこの世にあって、現実がどうであれ、主にみ心に沿って、してはいけないこと、しなければいけないこと、どうあるべきかを告げるという役割があるのだと思います。

聖書要約
グッドダマスコとエフライムの運命
ダマスコについての神のお言葉です。「ダマスコは影も形もなくなる。都はがれきの山となりアロエルの町も人が住まず、イスラエルの栄光が去ったようにダマスコもすべて消えうせる。」と万軍の主が言われます。イスラエルもレファイムの谷にある刈り入れを終えた畑のように見捨てられます。収穫の後、わずかに残っているオリーブの実のように極わずかな人が残されるだけです。その時になって始めてイスラエル残された人々は偶像の神を拝むことを止め、創造者である神を信じるようになります。
その日には彼らの町々はかつてイスラエル人が破壊した町々のように荒れ果てるのです。救い主である神を忘れた報いです。
もし植えてすぐに成長するような収穫物でさえもあなたの手で刈り取ることはできません。あなたが刈り入れるのは山のように大きな悲しみと痛みだけです。
グッド諸国民のどよめき
諸国の民が怒涛のように押し寄せてきても心配いりません。神が沈黙させてくださいます。イスラエルの民は夕方に恐怖に包まれても、夜明けには神が敵を打ってくださいます。神の民を打つ者に神がされることです。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする