マナ's Blog

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 【diary】油山シャローム教会 | main | 【diary】プリンター >>

【聖書】滅ぼしつくす・エレミヤ書14章

エレミヤ書14章・・・・・・滅ぼし尽くす
「わたしは剣と、飢饉と、疫病によって、彼らを滅ぼし尽くす」14:12

くぅ〜ママのちょっと一言
主は真の悔い改めがない民をもはや赦すことはないと言われます。そしてその民のために祈ってはならないとエレミヤに言われるのです。偽りの預言者は民の耳に聞こえの良い言葉を語りますが、それは主から出たものではありませんでした。
クリスチャンは主のみ心を求めながら生きる者ですが、本当にみ心なのか、はたまた偽りなのか見極めるのが難しいことがあります。時が経てばその答えが分かる時もありますが、途上の時はなかなか分かりません。ただ出来ることは、主に対して真実を尽くし、自分の出来る精一杯のことをして、祈りつつ心静かに結果を待つことだと思います。

聖書要約
グッド干ばつの災い
イスラエルに雨が降らなかった時、主はエレミヤに次のように説明されました。「ユダの人々は嘆き悲しみます。貴族が召使を貯水池に行かせても水はありません。農夫はおびえ、鹿は子どもを育てることをせず、野ロバものどの渇きで肩で息をします。」と。
それを聞いたエレミヤは主に祈ります。「我々は大きな罪を犯しました。しかしあなたは我々の希望、苦難の時の救い主です。私たちを見捨てないでください。」
しかし主は民についてこう言われます。「彼らは私から離れることばかりを考えています。もはや私の民として受け入れることはできません。私は彼らの罪を罰します。主はさらに私に言われました。彼らを祝福してほしいと祈ってはいけません。二度と祈ってはいけません。彼らは捧げものをしても無駄です。私は彼らを剣と飢饉と疫病で滅ぼし尽くすつもりです。」
私(エレミヤ)は主に言いました。「しかし預言者たちは戦争も飢饉もなく平穏に暮らせると言っています」主はお答えになりました。「預言者は私の名を使って偽の預言をしています。そのような預言者もそれを信じた者も戦争と飢饉と剣で滅び、巷に捨てられます。」と。
あなた(エレミヤ)は彼らに語りなさいと主は言われます。「私の目から夜も昼も涙があふれます。この民は剣で刺され、飢えで死にます。預言者も祭司も見知らぬ国にさまよいます」と。
主よ、あなたはユダをお見捨てになるのですか。これほどの罰を受けても平和を下さらないのですか。私たちが間違っていました。どうぞあなたの御名のためにも私たちを憎まないでください。私たちを祝福すると言う約束を忘れないでください。どこの神が我々に雨を降らせることができるというのでしょう。我々の神以外そのような神はおられません。私はあなたの助けを待っているのです。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする