<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【diary】神戸北高等学校 | main | 【diary】体調 >>
【聖書】主の働き人・エレミヤ書37章

エレミヤ書37章・・・・・・主の働き人を養われる主
「…パン屋街から毎日パンを一つ届けさせた。」37:21

くぅ〜ママのちょっと一言
エレミヤは一貫してユダの生き伸びる道はバビロンに投降することだと言ってきました。だからエルサレムから出ようとした時、ただ一人投降としていると思われたのでしょう。死を覚悟しなければならないような投獄生活を救ったのはなんとゼデキヤ王でした。巻物を燃やし、エレミヤに逮捕状までだしたゼデキヤ王でしたが、パン屋街からパンをエレミヤに届けさせたのです。不思議といえば不思議なことです。しかし主は不思議なことをされるものです。逃亡中のエレミアに食べ物を運んだのはカラスでした。主はカラスでも王でも遣わして、主の働き人を養われるのです。

聖書要約
グッドエレミヤの逮捕
バビロンの王ネビカドレツァルがヨシアの子であるゼデキヤをユダの王としたのですが、ゼデキヤも家来も民もエレミヤが告げる主の言葉を聞こうとしませんでした。にもかかわらず、ゼデキヤ王は祭司を使わしてエレミヤに国のために祈ってほしいと言いました。
その頃エジプト軍がエルサレムを救助しようとユダの南の国境に現れたので、バビロン軍はエジプト軍と一戦を交えるためにエルサレムから一端撤去していました。その時エレミヤに主の言葉が臨みました。「ユダを救助に来たエジプト軍はバビロンに負けて、あなた方を助けることはできません。エジプト軍を負かしたバビロン軍は再びエルサレムを包囲し、この町を占領して火を放つでしょう。」と。
ちょうどバビロン軍がエジプトと戦うためにエルサレムの包囲を解いた時に、エレミヤは自分の買った土地を見ようと城壁の門を出ようとした時に、バビロンに投降しよとしたとして捕えられてしまいます。鞭うたれ、地下牢に長い間閉じ込められてしまいました。
さてゼデキヤ王はエレミヤの所に使いをやって、ひそかに宮殿に呼び寄せました。そして何か主からお告げがあったかと尋ねました。エレミヤは「はい、ありました。ユダはバビロンに負けます」と答えました。そして牢にいれらてていることの不当性を訴え、元の牢に返さないよう頼みましたが、王はエレミヤを宮殿の庭で監禁し、毎朝パンを1個ずつ与えることにしました。それはエルサレムにパンがなくなるまで続きました。

| comments(0) | - | 08:50 | category: 【聖書】 |
コメント
コメントする