マナ's Blog

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】ギター | main | 【聖書】役に立たないぶどうの木・エゼキエル書15章 >>

【聖書】かの人物・エゼキエル書14章

エゼキエル書14章・・・・・・かの人物がいたとしても

くぅ〜ママのちょっと一言
捕囚としてバビロンで生活を始めたイスラエルの人々にはバビロンの神々を信じる者もいたでしょう。そのような神と同列に主を扱ったようなものです。また彼らは始祖の信仰の故に自分たちは滅ぼされないという思いがあったようですが、それは完全に否定されます。
キリスト教は個人の宗教です。クリスチャンホームで育ったとからといって、クリスチャンであるとはかぎりません。自分自身が神を主と告白し、神の言葉に親しみ、それに従って生きて行きていこうとした時、神はその人の人生に働きかけ、力を与え、最善の道を備えてくださいます。個人的にこのような経験をすることが必要なのです。

聖書要約
「たとえ、その中に、かの三人の人物、ノア、ダニエル、ヨブがいたとしても、彼らはその正しさよって自分自身の命を救いうるだけだ、と主なる神は言われる」14:14
イスラエルの長老が私(エゼキエル)の所に来て主のお告げをうかがってほしいとやってきました。その時主の言葉が私に臨みました「人の子よ、彼らは心の中で偶像礼拝をしながら、平気で私の言葉を求めにきた。そのような不届き者は私が罰する。私から離れて偶像礼拝をしていながら、私の言葉を求めて預言者の元に来る者たちも私は罰する。イスラエルの民の中から絶ち滅ぼす。それは二度とイスラエルの民が私から離れないようになるためです。このようにして彼らは私の民となり、私は彼らの神となる」と。さらに主の言葉が臨んだ。「エルサレムの民が私に対して不信を重ねるなら、私はききんや危険な野獣や剣、伝染病で国を滅ぼす。そこにノアとモーセとダニエルがいたとしても、彼らのゆえに滅ぼされないと思ってはいけない。救われるのは彼ら3人だけだ。もしエルサレムで生き残るものがいて、バビロンに連れて来られて、彼らがどんなに罪深いかを見たら、エルサレムが滅ぼされるのも当然なのが分かるであろう。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする