マナ's Blog

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【diary】リフォーム | main | 【diary】いのちのドア >>

【聖書】毎朝ごとに・エゼキエル書46章

エゼキエル書46章・・・・・・献げ物を朝毎に
「あなたは、朝毎に無傷の一歳の仔羊一匹を、日ごとの焼き尽くす献げ物として、主にささげなければならない。」46:13

くぅ〜ママのちょっと一言
安息日、新月祭や日ごとの礼拝の仕方や、献げ物の規定、また土地を譲渡してはならないと言う規定、そして祭司とレビ人の調理場について書かれています。
君主は民を代表して朝ごとに献げものをします。
現代のクリスチャンも朝ごとに祈りを献げます。私の朝の祈りは、新しい朝を与えられたことの感謝と今日一日が主に守られ導かれますようにということ。また自分だけではなく、心に思う人々についても執り成しの祈りを献げます。最後に今日も私の命を主の栄光のために用いてくださいということを、私たちのために十字架にお架かりになったイエス様の御名前を通して主に祈るのです。

聖書要約
神はこうお語りになりました。内庭の東向きの門は労働をする6日間は閉めておき、安息と新月歳のときだけに開けるように。君主は外側の門から入り内側の門柱の外側まで進み出て、祭司が焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげている間、立ってなれればなりません。そして門の手前で礼拝した後出て行きます。門は夕方まで開けておいて、民が門の入り口のところで主に向かって礼拝できるようにしておきます。君主が民を代表して、安息日、新月祭に献げる物、進んで献げる物、毎朝ごとに献げるものについては、それぞれ雄牛、雄羊や小麦、油の種類や量などの規定があります。
また土地は相続という形以外の譲渡は禁止します。もし君主が土地の一部を家臣にゆずってもヨベルの年(解放の年)には王に返さなければなりません。また君主とは言え、民の土地を奪ってはいけません。
またエゼキエルは北に面した祭司の部屋に連れて行かれました。その内庭には祭司が献げ物を煮たり、穀物を焼いたりする場所が、また外庭にはレビ人が神殿に仕える者たちのため献げられた物を煮る場所がありました。

【聖書】 | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする